MOJO5月号にデイヴのインタビューと新曲

英音楽誌MOJOの5月号はピンク・フロイドの「アニマルズ」発売40周年ということでその特集が掲載され、おまけCDはピンクへのオマージュとして15のアーティストが楽曲を提供しています。

MOJO 2017/5月号と付録CD

先月頭に発売されていましたが、コレクターズ・カバーというレンチキュラー表紙版は通販でしか入手できないので、それを注文したため入手が遅れました。見る角度を変えると豚の人形の位置が変化するだけですが。
その付録CD、PIGS MIGHT FLYにホークスが参加、Lost In Scienceという曲が収録されています。同題曲はTHE MACHINE STOPSのエンディング曲。今回提供にあたり録り直されており、新テイクです。
アレンジが大幅に異なり、よりハードになっています。デイヴのリードボーカルに代わりこちらはディブスが歌っています。原曲は中間部でリズムが反復パターンになって抑制進行しますが、このテイクでは全編押しの進行、さらに終盤、ニューアルバムのエンディングと全く同じプリミティブなパーカッションやSEが入ります。原曲との違いにみられる溌剌とした演奏が、ニューアルバムにおける前アルバムからの変化を象徴しています。なかなかカッコ良いテイクですので、ファンにはおすすめです。

また今号には今年1月にデイヴへインタビューした記事が6ページに渡り掲載されています。デボンのデイヴの自宅兼スタジオで行われたもので、幼少の頃から、ストリート・ミュージシャン時代、Famous Cure時代、ホークス結成時、その後の節目節目についてファンが気になることを質問し答えています。
デビューアルバムのレコーディングではプリティ・シングスのディック・テイラーには色々と教わったとのこと。76年のアルバムASTOUNDING SOUNDSについては、ファンキー色が強く好きでない、当時ニックとパウエルがデイヴをクビにしようとしたが、キング、ハウス、カルバートが当時のマネージャー、トニー・ハワードに相談し、逆にニック達をクビにしたなどのエピソード。77年クオークのツアーは映画「メトロポリス」をイメージしたもので、ダンサーなどが増えてあまりに大所帯でコストがかかるので一旦やめようとしたことが、ホウクローズにつながったとのこと。さらに77年にロックフィールドスタジオでハウス、カルバートと収録した未発表作品群があり、それの発売契約をCHERRY REDと行ったとのこと。まだそんな秘蔵テイクがあったのかと、本国のファンの間では話題になっています。
その他DISTANT HORIZONSは失敗作と語っています、アイデアが出ないままマネージメントサイドからアルバムを制作しろというプレッシャーから、デモだったものがリリースされたとのこと。
現ベース担当のハズ・ウィートンについては若かりし頃のレミーを思い出させるとのこと。などなど、興味深いコメントがたくさんあります。

あまり見たことがない74年当時のフルメンバーショットが掲載されていました

Hawkwind バイオ本 SONIC ASSASSINS Kindle版リリース

イアン・エイブラハム氏による、ホークウインドのバイオグラフィ本、SONIC ASSASSINS の増強改訂版がついにリリースされました。まずはKindle版からのリリースで、日本のAmazonでも入手可能となっています。
初回版は2005年のリリースでしたが、その後一度改訂版を出し、そこで終了かと思っていたのですが、なんと十年越しで、修正、加筆、画像追加がなされているとのこと。
今後、通常のハードバックの書籍も発売予定とのこと。
各メンバーへの綿密なインタビューにより、それぞれの立場からのホークスを浮き彫りにした内容で、ホークスを知る上で大変重要な資料です。
デジタル版だととてもリーズナブル。
ハードバック本は3000円くらいになるかもしれませんね。
(追記 2017/1/30)その後、書籍版はペーパーバックでリリースされました。

Hawkwindの解説本 Sonic Assassins 改訂版リリース

sonicassassinsian今から10年以上も前、2004年にリリースされましたホークウインドのヒストリー本 Sonic Assassins の改訂版が11月に発売されることになった模様。
イギリスのジャーナリスト、イアン・エイブラハム氏によって編纂され、詳細なバンドの歴史をインサイド、アウトサイドからの証言などによって解き明かしたもので、絶版状態でとても高価になっていました。以前ここで紹介しました。
このほど、改訂版が発行されるとの情報を執筆者から聞きました。
書籍以外ではKindle版も出るそうで、Amazon UKで、プリオーダーが始まっています。2004年以降の新しい情報も掲載されるようです。

デイヴ・ブロックのインタビューより

引き続き、METAL FORCES MAGAZINE のサイトに掲載されたデイヴのインタビューより紹介。昨年の日本ツアー中止の裏話も含まれています。4月上旬のインタビューです。
ホークウインドの歴史はとても興味深い、デイヴ自身の自叙伝をリリースしたら良いのでは?という質問に関して。
「いや、その手の話は時々オファーを受けるし、結構いい金額も提示されるが、それをする気はないよ。我々が関わってきた様々な事柄について話すことは、誰かのプライバシー侵害にもなるだろうし、そういうことはしたくない。ホークウインドの歴史を知ろうとしたら、すべての要点を最初に押さえなきゃならないよ。色とりどりのたくさんの話、長年にわたって起きた様々な素晴らしいストーリーがある。浮き沈みもたくさんある。その時々でバンドは上出来で前進的だったのか?それゆえ、今回の作品にONWARD(前進)というタイトルをつけたんだ。
我々は今年も多くのフェスに参加する。実際昨年もたくさんやった、オーストラリア、シンガポール。(HawkwindDaze注:シンガポールはギグをやっていないのですが、デイヴ含めて数人行っていました)そんなことを何年もやってるので、あちこちツアーするのは慣れてるよ。ヨーロッパでも何度かギグをした。スペインの素晴らしいフェスでも演奏したな。今年も良いギグの予定が入ってきている。
昨年日本で震災が起きたため、予定していた日本ツアーをキャンセルせざる得なかった。事実、マネージャーのクリス・テイトが現地の担当者と電話で話していたのだが、電話回線が切れてしまった。妙な話だが、私は日本のMTVを観ていたんだ。そこで突然、「大地震が起きました」とアナウンスされ、そのまま一部始終を観たよ。カメラが日本中の様々な場所の映像を映し出した。当然、日本ツアーはキャンセルして欲しいと伝えられた。地震や津波などのすべての状況から。そのかわりに今年日本に行くかもしれない。地震が起きたばかりだが、それでも断層線上に暮らす人々は、また起きる可能性を受け入れなければならないんだろうね。」
デイヴが日本のMTVを観ていたというのは、意外でしたね。地震のときは相当混乱したみたいなことは、当時ホークスのスタッフからいろいろと聞きましたが、無理もない状況だったと思います。デイヴもまた歳をとっていますので、早いところ決めて欲しいですよね。
この春のツアーは本国ファンの間では大変に評判が良かったようです。ゲストプレイヤーにキーボード奏者のデッド・フレッドが参加していた模様です。彼は80年代半ばに3年程度在籍していたことがあります。実に30年ぶり。
オンワード、国内盤の画像です。DUさんより絶賛発売中です。ちなみに某ウォリアーの違法盤の国内仕様盤のリリースは中止になった模様。
onwardjp001.jpg
解説は前作同様、深民淳さん。

スプリングツアー速報

新作「オンワード」を引っさげての本国ツアーは5月25日から連夜連続で続行中。この6月4日のギグで一段落。9日にはイギリス南西部のグロースターシャーのチェルトナムでウィチフッド・フェスティバルに出演の予定。以降は8月に2つのフェスに招聘されています。秋以降は予定発表されていませんので、なんとか再来日の実現をチッタさんに頑張っていただきたいですね。
このツアーについては、各所でレポートが出ておりますが、セットリストはこんな感じ。
Awakening-SPACE RITUAL
You’d Better Believe It -HALL OF THE MOUNTAIN GRILL
The Hills Have Ears -ONWARD
Seasons -ONWARD
Rites of Netherworld -ELECTRIC TEPEE
Prophecy -ONWARD
Southern Cross -ONWARD
Hassan-i-Sahba -QS&C
Love in Space -LOVE IN SPACE
Sonic Attack -SPACE RITUAL
Hi-Tech Cities -THE AGENTS OF CHAOS (D.Brock)
Prometheus -BLOOD OF THE EARTH
Assault & Battery -WARRIOR ON THE EDGE OF TIME
Golden Void -WARRIOR ON THE EDGE OF TIME
Where Are They Now -WEIRD TAPES 5
Damnation Alley -QS&C
Psychedelic Warlords -HALL OF THE MOUNTAIN GRILL
Silver Machine
ニューアルバムのプロモーションとはいえ、大量の過去曲がある中で、オンワード収録曲が多いですね。過去の名曲に甘んじないところが良いのではないでしょうか。正にオンワードって感じで嬉しい。しかし、ハシシだけはどんなときでもやりますね〜。こちらにギグレビューと絶体絶命の1曲目の動画が掲載されています。
サウンドチェック中のスナップ。
550474_4066072209300_1301365845_n.jpg
ツアースタッフのTシャツ。まだアナウンスされていない9月の日程も刷られています。ポーランド、UK内ですね。
2012TOURTSHIRT.jpg

PROG 4月号にホークス記事

イギリスのプログレ専門誌 PROG 誌 ( http://www.progrockmag.com/ ) の最新号4月号に、ホークスの取材記事及び付録CDに、新作ONWARDのオープニング曲 Seasons が収録されています。

progmag-120401.jpg

ちなみにこの PROG Magazine のサブタイトルは、ホークスのアルバム ASTOUNDING SOUNDS AMAZING MUSIC を流用しています。
記事のほうは、デボンのホークスのプライベートスタジオにての取材。取材時ブレイク先生は仏の自宅に行っており不在。その他の4人のメンバーへの取材。ご覧のようにスタジオ内の様子が分かる珍しいショット。鉄道模型のジオラマなんかもあります。
新作 ONWARD の各曲へのコメントも出ています。

progmag-120402.jpg

Seasons はアルバムオープニングにふさわしい、押せ押せなヘビー・スペース・ロックンロール。ギターリフが主体の演奏をバックにディブスが歌っています。作曲はチャドウィック、ディブス、ホーンの3人。前作の Wraith と同傾向の曲です。

GrindHouse VOL.65 ホークウィンド・インタビュー記事

grindhouse65.jpg来日公演に合わせて GrindHouse誌に、デイヴ・ブロックのインタビューが掲載され、本日リリースされました。校了した後に来日公演が延期になったため、紙面上で延期告知は間に合っていません。クラブチッタのホークスステージの広告も掲載されています。
前号で昨年12月のロンドンHMVフォーラムでのギグのレポートが掲載されましたが、その際D.ブロック、T.ブレイクにインタビューを行ったものです。そのときに撮影されたバンドのフルメンバーの写真も掲載。
昨年のワイト島のホークフェス、新作 BLOOD OF THE EARTH について、セットリスト、バンド創世記、やっぱりK.シュルツェ先生のホークス好きの話題、などなど、大変興味深い内容です。これを読みつつ来日再調整を待ちましょう。

GrindHouseにギグレポート

grindhouse64.jpg今回の来日に関しては、クラブチッタが主催で招聘を行っていますが、メディアとしてはベイFM POWER ROCK TODAY、雑誌ストレンジデイズが後援、マルチメディア展開している GrindHouse も協力。そのグラインドハウス・マガジンの最新号には昨年暮れの、ロンドンでのギグの模様がレポートされています。同誌は昨年、国内EMIからUA時代の紙ジャケがリリースされた際も記事が掲載されました。
なお来日直前の今月末発売の同誌では、デイヴ・ブロックとティム・ブレイクのインタビュー記事が掲載されます。

今年のHAWKWIND、新作の可能性も

バンドオフィシャルサイトには、12月のギグのブッキングも掲載されました。今年のホークス、いよいよ今週金曜から3日間のオーストラリアツアーをもって始動。そして来月はついに日本。その後5月にUK本国での2つのギグ、6月はスエーデン、フランス、それぞれでフェスに参加。以降UKでの8月、12月のギグが予告されています。昨年は久しぶりの新作リリースに合わせた国内の大規模ツアーが組まれたので、ふたを開けたら結局30近いギグを行いました。やっぱり元気ですよねー、ブロック船長。
先日、オーストラリアのサイトにそのデイヴ・ブロックさんのインタビューが掲載されました。ボリュームが結構あり読み応えがあります。
記事はこちら THE AUSTRALIAN
その中でいくつか興味深い部分がありました。
ライブ2枚組のリリース予定、また今年の終盤に新たなスタジオ収録アルバムのリリースも行いたいとのこと。
ジェイソン・ステュワートの逝去はバンドに相当のダメージだった。そのジェイソンの後釜として加入した新メンバーのナイル・ホーンは、ブロックの友人の息子でもある。BLOOD OF THE EARTH はナイル参加後初の作品となったが、現在制作中の次作はナイルがよりフィットしてきているのでより良い作品になるだろう。
オーストラリアには、同時期 MOTORHEAD もツアーで訪れるが、できれば彼らのステージに客演できないか、レミーと相談している。

というような、コメントがありました。オーストラリアでのレミーとの競演の可能性ですが、ちょっとタイミングがずれています。ホークスは今週末ですが、モーターヘッドは3月下旬から4月あたまのツアーですので、さすがにそこまでホークスがオーストラリアにいるわけないですし。いずれにしても、レミーとは連絡を取り合っているということですので、いずれ何かの形で競演はありそうです。
また、次作についても例年にない早いペースで制作されているという様子。年内は無理としても来年にはリリースされそうで、これも楽しみです。

ストレンジ・デイズ ホークス来日特集

strangedays201104.jpg今回の来日の後援でもあるストレンジ・デイズの4月号がリリースされました。表2の来日広告はチラシと同じデザイン。来日に合わせた特集記事が掲載されています。目玉はリーダー、デイヴ・ブロックのインタビュー。様々な質問をしていますが、ファンの知りたいところをついた内容で非常に興味深い内容です。インタビューの中で、デイヴからレミーに関してのサプライズな話も。その他では予習記事、新作の改めての詳細な紹介。
また先月号のシンフォプログレ2010記事の裏企画として、非シンフォニック・プログレ2010が掲載されていますが、その筆頭にブラッド・オブ・ジ・アースが選ばれています。