BLOOD OF THE EARTH 2CD版 レビュー

Blood of The Earth 2CD paper box この週末は、金曜にお馴染みドイツのヘルツバーグ・フェスティバルへの出演、続いて土曜はロンドン南西郊外のギルフォードのギルフェストに出演したホークス。8月も南フランスのアヴェロンでのロック・ナイツ・フェスティバル、そしてワイト島のホークフェストと恒例夏のフェスティバル巡業中です。2CD版が先週届きましたのでレビューです。
 2CD版の装丁は特に事前情報がなかったので、通常のプラケースかと思っていたのですが、ボックスタイプでした。表紙、裏とも1CD版と同じ。ボックス内には、見開き紙ジャケが入っており、その左右にCDが納められています。その他ブックレットが同梱、1CD版とは異なります。また PLASTIC HEAD のその他の180gLPシリーズやTシャツなどの宣伝チラシが入っています。紙のWジャケットの内側はLPと同じイラストですが、LPに刷られていた歌詞は掲載されていません。歌詞はブックレットに掲載されています。
 またCDですが、レーベル面はまるでレコードのようなイメージとしており、センターのレーベルにはHW(Hawkwind)の文字が入っています。このCD、読み取り面も黒です(よく見ると濃い紫色)、そのためか、うちでは少し前のDVDプレーヤーで再生できませんでした。再生機を選ぶようです。
bloodof2cd07.jpg DISC 1は1CD版、2LP版、それぞれに入っていたボーナストラックは収録されていません。ただしブックレットにはミスプリントでボーナスとして1CD版に収録されている Starshine がクレジットされています。またミスプリント~。せめて公式アルバムではやめて欲しいのですが、、、
 DISC1については、1CD版にてレビューしましたので、今回は目玉のDISC2を紹介。ナイル加入後のライブテイクの正式リリースは今回が初めて。若手ギタリスト、出自もオルタナハード系ということもあり、ホークスにハードさとアグレッシブさをもたらしているのは、スタジオ新作を聴いての通りで、ライブについても同様の評判でした。
 THE LEVELERS のバイオリニスト、ジョン・セヴィンクが参加してることから、昨年(2009年)のウインターツアーのものと思われます。
 1曲目 Space、デイヴによる語り曲。バックは電子音のみ。Space Is Deep の歌詞を一部使用しています。ステージではオープニングではなく、比較的前半に演奏され、次のAngels Of Death へのつながりはそのままです。
 その Angels Of Death ですが、、きました~!破壊力パワーアップ。史上最強のアレンジです。イントロのリフからスピーディ、メインボーカルはデイヴでディブスも一緒に歌っています。ブレイクの電子音、セヴィンクのバイオリンが音を埋めています。中間部のソロパートはブレイクのシンセソロ、ホーンのギターソロと続きます。ディブスのベースもかなりドライブしており、レミー~デイヴィの流れを踏襲していることが分かります。そのままリフのリピートが延々と続き、渾然一体となって突き進みます。70年代前半のホークスのスピリットが息づいていることを実感。7分台でコーラスパートが戻ってきて8分30秒で終了。
 新作での最初のハイライト曲になっている Wraith。ステージでは中盤に演奏されていました。スタジオテイクに比べると、いきいきとしています。中間のフリーパートの幻覚感も良いです。ホーンがギターソロ弾いていますが、音量抑えめ。
 ブレイク先生のソロアルバム Tide Of Century のタイトルナンバー。こちらもチャドウィック&ディブスのリズム隊演奏に加えて、セヴィンクのバイオリンが大変効果的なサブメロをプレイしており、ライブらしいアクティブなトラックになっています。 ブレイク先生はピアノプレイ中心というところもなかなかファンにはうれしいところです。最後はシンセソロで締めます。
 続いてディブスによる Standing At The Edge Of Time の朗読をきっかけに、Magnu のスタート。こちらもかっ飛ばしプレイ。しかし選曲、今回ツボ得てますよね。ボーカルはブロックとディブスが交互に歌います。間奏部、まずはブレイクのシンセソロ、つづいて電子音ソロ。バックの演奏に徐々に別のコード進行がかぶってきますが、これは Paradox のコード進行。コーラス後にデイヴのギターソロ。また Magunu のコードに戻って終了。8分強。
 息をつく間もなく、Levitation です。ステージでは後半のためか、デイヴのボーカルがややよれてます。演奏は手に汗握るあのリフが延々と続きます。ライブテイクはここまで。
 切れ目なしで、シド・バレットのカバー Long Gone。以前 MOJO に収録されたテイクです。スタジオテイクですが、前曲につながっているので、ライブがそのまま続いているかのような印象があります。
 最近のステージからの抜粋になっているのですが、この内容なのでライブアルバムとして完全な形で聴きたいですね。今年のウインターツアーは BLOOD OF THE EARTH を引き続きプッシュしたギグになるので、映像収録されDVDでリリースということもあり得そうですね。
bloodof2cd05.jpg 最後は Interview 2010。ブロックやメンバーに対するインタビューが収録されているものと予想していたのですが、実際は異なりました。観客の歓声が入ったりして、一瞬ステージインタビュー?と一瞬思わせるのですが、ブレイクさんが時折キーボードを演奏してみたり、リズムが鳴ったり、ギター弾いたり、サンプルのSEが鳴ったりと、スタジオで遊びながらメンバーがざっくばらんに話したり会話してみたりと、お遊びトラック。デモトラックのような音も流れます。結構ブレイク先生話してますが、インタビューというよりは好き勝手に話している状況です。約10分。
 このボーナスディスクがあるので、迷わず2CDはゲットすべきです。1CDのボースや2LPのボーナスはそれほどのものではないので、どれかというならこの2CD版がおすすめです。

BLOOD OF THE EARTH アメリカでのリリース

 新作のディストリビューター、PLASTIC HEAD の北米オフィスがローンチしました。それに伴いUSAでの販売を行うとのこと。販売ラインナップはシン・リジーを始め各種予定していますが、ホークスの BLOOD も予定されており、8月10日発売とのことです。これは、USA仕様のものなのか、オリジナルプレスを単に輸入して販売するだけなのか、不明です。おそらく後者だと思いますが。なおそのニュースリリースに、新作参加ゲストとして、バイオリニストのジョン・セヴィンクの名前がありましたので、やはりクレジットもれのようです。
 また、LP2枚組版はすでにメーカーではソールドアウトしたらしく、各サプライヤーの在庫のみらしいです。追加プレスについてはクリアビニールではなく、通常の黒ビニールになるとの噂です。
 新作についてのメンバーのコメントをいくつか。
 N.ホーン「スペースロックの伝統にのっとり、さらなるテクノロジーと人間味の共鳴、そして強力な呼応を図りながらアルバムを制作した」
 Mr.ディブス「アルバム制作はとても楽しかった、技術的な面での知識は大変習得できたと思う」など、若手勢はフレッシュなコメント。
 T.ブレイク「ホークウィンドのアルバムは、場所、時、人々、個々のメンバーの個性、それらすべてを含み表現する。正に Blood of The Earth そのものだよ」

来月はワイト島。40年前は、、

 8月にワイト島で開かれるホークフェストですが、1970年のワイト島でのニックが撮影された貴重な画像が上がっているサイトがあります。TV番組のプロデューサーや監督、カメラマンであった、チャールズ・エバーレスト氏のサイトです。
 70年のワイト島といえば、60万人の動員やら、ジミヘンや THE WHO のステージやEL&Pのお披露目だったりと歴史的なイベントですが、ホークスやP.フェアリーズは、勝手に場外プレイを行ったことが有名です。メインのジミヘンやフーのステージ写真以外に場外の様子を撮影し残してくれたため、その様子を伺い知ることができます。ニックの画像がわずか2枚ですが掲載されています。
 くつろいでいるニックです。
 http://cameronlife.ifp3.com/#/gallery/camer-on-life-festival-exhibition/clcdim-04-hawkwind/
 こちらは、場外の演奏風景ですが、奥にニック。その横はダグ・スミスでしょうか。ただし残念ながらバンドはホークスではありません。真ん中のドラムは、TWINKですので、ピンク・フェアリーズ+αという感じです。
 http://cameronlife.ifp3.com/#/gallery/camer-on-life-festival-exhibition/clcdim-05-hawkwind/

新作2CD版出荷開始

 本日イギリスでは延期になっていた BLOOD OF THE EARTH の2CD版の出荷が始まっています。1CD版、2LP版に収録されたボーナストラック、Starshine、Sunship の2曲は収録されず、ボーナスCDには昨年のライブテイク、MOJOマガジンに収録されたS.バレットのカバー曲、メンバーのインタビューが収録されています。来週には日本に入ってくるかと思います。
Track List – Disc 1:
01. Seahawks (6:14)
02. Blood Of The Earth (2:59)
03. Wraith (6:07)
04. Green Machine (4:04)
05. Inner Visions (4:29)
06. Sweet Obsession (4:45)
07. Comfy Chair (4:54)
08. Prometheus (5:48)
09. You’d Better Believe It (7:11)
10. Sentinel (6:03)
Track List – Disc 2 [Live]
01. Galactic Angels
02. Wraith
03. Tide Of The Century
04. Magnu
05. Levitation
06. Long Gone * 2CD Only Bonus Track *
07. Interview * 2CD Only *

LP2枚組版レビュー

bloodof2lp01.jpg 1CD版リリースから1週間ほど遅れてリリースされた、2LP版です。ジャケはCDと同じで、裏側も同じ。ラミネートにはレーベルの BACK ON BLACK と180 GRAM LIMITED EDITION COLOURED VINYL のステッカー。実際に盤はクリアビニールでした。盤面はチリノイズの少ない質の良いプレスです。このシリーズでは、UA時代のアルバムが同じ仕様でリリースされていますが、それらと同じように、33回転でカッティングに余裕を持たせて、片面に対して無理に長時間収録せず、原則2枚組としています。そのため SPACE RITUAL は2枚組×2セットという構成になっています。EASTWORLD RECORDINGS の版権で、製造、販売は PLASTIC HEAD。
 注目のボーナス曲は最後に収録。タイトルは Sunship。2分30秒程度の小曲。ボーカルはMr.ディブス、イコライジング処理されて少し遠い声になっています。ベースフレーズの繰り返しが中心となるスタイルでドラムレス、静かな小品ですがボーカルメロディーが感傷的で美しい曲。
 なお1CD版でボーナスとされていた、Starshine はここにも収録されているため、1CDのみのボーナス曲ではないことになります。
 内ジャケは1CD版のブックレットには掲載されていないイラストです。ここに歌詞が記載されています。盤をおさめたスリーブには印刷はありません。
bloodof2lp03.jpg
BLOOD OF THE EARTH
180 GRAM LIMITED EDITION COLOURED VINYL
BACK ON BLACK/ROCK CLASSICS/PLASTIC HEAD RCV030LP
SIDE A
Seahawks-Blood Of The Earth-Wraith
SIDE B
Green Machine-Inner Visions-Sweet Obsession
SIDE C
Comfy Chair-Prometheus-You’d Better Believe It
SIDE D
Sentinel-Starshine-Sunship(Bonus Track)
 

WHDエンタテインメント ATOMHENGEリリース第2弾速報

 WHDエンタの紙ジャケHQCD、ATOMHENGEレーベルの第2弾リリースは8月25日の予定。今回のラインナップは以下です。
CHURCH OF HAWKWIND IECP10232 ¥3,150 ※ブックレット再現
SONIC ATTACK IECP20202 ¥3,990 ※2CD
XENON CODEX IECP10233 ¥2,835
ALIEN4 IECP10234 ¥2,835
 本家の ATOMHENGE はペースが遅くなって、9月に SPACE BANDITS リリースの情報しかありませんが、日本はこの夏、東芝EMIの今月発売のUA紙ジャケシリーズと合わせて大量リリースです。
 なおDUさんの BLOOD OF THE EARTH 2CD 国内仕様(輸入盤に帯+解説付)は、原盤自体のリリースが遅れていることもあって、7月28日に延期されています。2LP版はリリースされていますが、この2CD版はいまだにリリースされていません。
 1CD版を聴いた印象で少し気になったことがあります。プロデュースやミックスがバンドによって行われていますが、全体的にメリハリ感が弱いような気がします。低域から高域まで鳴っているのですが、個々の楽器や声の「立ち」が弱い感じがします。2CD版で改善されないかとちょっと期待しています。

BLOOD OF THE EARTH 1CD版 レビュー

BLOOD OF THE EARTH
EASTWORLD RECORDINGS/PLASTIC HEAD
EW0042CD
Produced by HAWKWIND
Dave Brock: Vocals, Guitar, Keyboards, Synth, Warbletone
Tim Blake: Vocals, Keyboard, EMS, Theramin
Niall Hone: Guitar, Bass, Samples
Mr Dibs: Vocals, Bass
Richard Chadwick: Drums, Percussion, Vocals
Matthew Wright: Vocals on ‘Blood Of The Earth’
Jason Stuart: Keyboards on ‘Starshine’
Seahawks
I’ve become master of the universe というボイスからスタート。電子音のSEの中、ミドルテンポのベース・シークエンスとドラムのリズムが繰り返され不協和なストリングスがかぶり、ギターが呼応しながら、不気味ながらも力強い進行。そしてデイヴによる語り調のボーカルが入ります。ギターはアドリブを交えながら、デイヴのコーラスと共にテンションを上げていきます。一瞬のブレイクをはさんで、リズムレスとなり混成コーラスのパッド音がやや整合感のある和声進行。その後再び不協和声となり不安感をひきずる。ブロック作。
Blood Of The Earth
前曲から切れ目なしに続きリズムレスのまま、レイドバックのかかった、マシュー・ライトのボイスが登場。メロディーはなく不協和音の持続音、ノイズ、電子音など効果音中心の演奏。ブロック、マシューの共作。
Wraith
前曲のマシューの語りを寸断するかたちで、ハイテンポなリズムにスローリフのギター、いよいよホークス節登場。電子音が飛びまくる中、投げつけるようにシャウトするデイヴのリードボーカル。ドラムがハード。ヴァース間にギターソロを挟み、スリリングに突っ走ります。2ndヴァース後ブレイク先生の長めのシンセソロ、定型パターンな進行ですが、さすが堂に入ってます。その後リズムレスとなり電子音とシンセによる静かなシーンから一度ブレイク後、ベースリフにひっぱられて、長めの間奏パート。ベースが主体、電子音とギターがSE的プレイ。リズムが復活し突き進む、ホークス真骨頂。ボーカル・ヴァースが戻ってきて、2拍打ちで締め。6分に渡る演奏で、現在のホークスを代表する曲ではないでしょうか。ボーカルのミックスがややオフ気味な印象があります。wraith = 生き霊。ブロックを除くメンバー合作で2008年頃からステージでは定番曲となっています。作曲者のクレジットにある Darbyshire は確かMr.ディブスのセカンドネームだったかと思います。この Wraith と同じように、作曲にブロックが参加せずメンバー合作を任せた曲は他に2曲あり、今回それらの曲がアルバムの中ではフレッシュ感があり聴き所になっていると思います。
Green Machine
N.ホーンの手になる曲。前曲の喧騒とうって変わってゆったりしたシンフォニック系サウンド。和声進行、ベースのリズムが HALL OF THE MOUNTAIN GRILL の Wind Of Change を彷彿とさせます。ストリングスの和声進行にホーンのギターがかぶり、ブレイクのシンセと交互にメローなフレーズを紡ぐ。4分程度ですが、感動的。
Inner Visions
ブレイク先生作。ホークスでのスタジオテイク単独作は初です。Lighthouse をよりハードにした印象の曲。LIVE 1979 に収録の Lighthouse は、ほとんどソロプレイでしたが、それ以降のステージではリズム隊が入ってパワープレイに変化しましたが、その印象に近い楽曲。リズムセクションに加えギターが入りパワフルなバンド演奏。しわがれたリードボーカルはもちろんブレイク先生。
Sweet Obsession
初出はブロックの1stソロ EARTHED TO THE GROUND、その後5thソロ MEMOS AND DEMOS にも収録され、今回で3rdバージョン目。ただし2ndバージョン目は1stバージョンとは全く違う曲調で、今回のは1stバージョンベースです。バースト音からいきなりスタート。もともと脳天気な明るい曲で、ここでもその印象のままさらにブラスサウンドまで追加され、ちょっとアルバムの中でも浮き気味な印象。
Comfy Chair
引き続きブロック作。シンセシークエンスにアコギのアルペジオが絡み、スローテンポなボーカルが物憂げに歌います。(おそらく)メインボーカルはチャドウィックと思われます。ブロックの高音域のボーカルも抑えめですが入っています。バイオリンが若干鳴っていますが、演奏者のクレジットがありません。昨年ホークスのステージに参加した、ジョン・セヴィンク(THE LEVELLERS)かもしれません。ボーカルパート後は軽いリズムセクションが入り、シンセのリードが流れつつ、そのままのムードで進行しフェードアウト。前曲と同じようにブロックのソロ作的な印象が強く、この2曲がやや浮いている結果となっているように感じます。
Prometheus
シタールの音色、メロディーともにエキゾチックな印象があり、サイケ風味はアルバム中最もある曲。Mr.ディブスがリードボーカル。ボーカルのメロディーラインをギターがなぞり、バックの演奏はスケール感を感じさせるアレンジ。ブロックを除くメンバー合作。
You’d Better Believe It
HALL OF THE MOUNTAIN GRILL 初出のクラシック・ナンバー。ほぼ忠実にセルフカバー。チャドウィックが原曲のキングの走り気味なスティックさばきをうまく真似ています。中間、全体にチルアウトしたプレイになり、エレピをバックにホーンのリラックスしたギターソロ。リズムが復活し、ボーカルヴァースが繰り返されます。セルフカバーとして余裕のあるプレイ。
Sentinel
最終曲はブロック除くメンバー合作のバラード。Wraith 同様、ステージでのレパートリー曲。Mr.ディブスがリードボーカル。終盤のブロックらしいギターソロ、これがあってこそのホークス。
ボーナストラック
Starshine
1CDバージョンにのみ収録のテイク。ブロック作で、演奏はブロックと故ジェイソン・ステュアート。バッキング・キーボードとエレキのみの演奏。ジェイソンによるスローなコードシークェンスをバックにデイヴがいつものギターソロを淡々とプレイ。メローな曲調であり、亡きジェイソンへのレクイエムでもあるようです。ジェイソンのキーボードは音色選びやジャージーなプレイがホークスに新しい感覚をもたらしましたが、ここでもその繊細な音色やプレーを聴くことができます。
 楽曲の方向性は TAKE ME TO YOUR LEADER と大きくは変わっていないと思います。それから5年の歳月で、A.デイヴィの離脱、Mr.ディブス参加、T.ブレイクの再復帰、J.ステュアートの逝去、N.ホーンのレギュラーメンバー化など人員の大きな変化はありましたが、新メンバーの技量や新たにもたらされた感覚などでリフレッシュされつつ、またレギュラーメンバーの定着によりバンドとしてのまとまりが作品に対して働いています。
ブックレットにはディストリビューターの PLASTIC HEAD で販売中のTシャツ、そして復刻アナログ盤のカタログが掲載されています。復刻アナログ盤は1stアルバムから5th HALL OF THE MOUNTAIN GRILL までリリースされています。