HAWKFEST 2010

 今年はワイト島で3日間開催された、夏の恒例フェスティバル HAWKFEST。3日間とも好天に恵まれ、また過去最大規模のイベントとなった模様です。会場内には多くの出店、ストリートパフォーマー、30数組に渡る参加バンドの演奏とともに賑やかに繰り広げられました。主だった参加バンドは、病気から復活、新作もリリースのヒューの LLOYD LANGTON GROUP、ケリー・ジョンソン逝去後もまだまだ現役の GIRL SCHOOL、ナイルの TRIBE OF CRO、ホークスの1stアルバムのプロデューサー、ディック・テイラーとTHE HILLMANS とのジョイントバンド、そしてキャプテン・リズの HOT STEPPERSなど。その他USやヨーロッパからのバンドやホークスフォロワーなどです。
 ホークスのセットリストが届いていないのですが、イギリスやヨーロッパの友人達に感想を聞きました。メインアクトのホークスのステージは中日の土曜夜で、約2時間にわたって演奏されたそうです。メンバーは新作の5人です。ある友人からの話だと、このところのステージ上でのブレイク先生の張り切り具合が激しく、彼のシンセがこうるさすぎ、キーボードだけでなくボーカルをとる回数も多く辟易したとのことです。以下の動画にもチラっと写っていますが、アコギ抱えてのソロナンバーも披露してます。マグヌーでのシンセソロも延々と、、まぁ、私個人的にはサイモン・ハウスさんと並んで歴代キー奏者ではベスト3に入るので、むしろ嬉しいくらいなんですけど、確かにその分ブロックさんの露出が下がってしまうのは困りますが。また、HAWKFEST のときのみに結成される TOSH (TECHNICIANS OF SPACESHIP HAWKWIND) の演奏は、日曜にあったそうです。TOSHはフェスに参加しているその他のバンドメンバーが入って、なんでもありの編成でホークスナンバーをプレイします。ヒューイの参加した Hurry On Sundown を下記に掲載しました。
 ちなみに会場でのスペシャルCDの販売などは今回なかったそうです、ホッ。
 YouTubeに上がり始めている動画紹介します。
 フェスのダイジェスト

 ホークス演奏、マグヌー

 TOSH演奏、Hurry On Sundown 久々HLL

 同じくTOSH、You Shouldn’t Do That