例のあれ 使ってみましたww

mesbag.jpg新作 BLOOD OF THE EARTH のディストリビューションを行っているイギリスの PLASTICHEAD の通販サイト。そこで、アルバム群以外には、各アーティストのマーチャンダイズも結構販売しています。ホークウインドのアイテムもかなりデザイン豊富なTシャツ群を中心に、先日ツイットしました肩がけメッセンジャーバッグやマグカップなどがあって楽しいです。
で、さっそくこのメッセンジャーバッグなるものを購入しましたので、紹介。価格は20ポンド、円高ということもあって2千円台です。
やや薄めのバッグですがサイズがそれなりにあるので、ちょっとしたお出かけとかショッピングには十分余裕のある容量。内側には携帯電話を入れるポケットや、ペン類を差しておけるものやチャック付きポケット類も充実。表面のドレミの縦模様は白ではなく銀でプリントされているのが良いです。表面をこすらないようにしないとはげそうですが。
デザイン的にはドレミのカバーの盾を単に既製品に刷っただけですが、もうちょっと工夫して欲しい気もしますが、値段的にはこんなもんでしょうね。

ストレンジ・デイズ ホークス来日特集

strangedays201104.jpg今回の来日の後援でもあるストレンジ・デイズの4月号がリリースされました。表2の来日広告はチラシと同じデザイン。来日に合わせた特集記事が掲載されています。目玉はリーダー、デイヴ・ブロックのインタビュー。様々な質問をしていますが、ファンの知りたいところをついた内容で非常に興味深い内容です。インタビューの中で、デイヴからレミーに関してのサプライズな話も。その他では予習記事、新作の改めての詳細な紹介。
また先月号のシンフォプログレ2010記事の裏企画として、非シンフォニック・プログレ2010が掲載されていますが、その筆頭にブラッド・オブ・ジ・アースが選ばれています。

HAWKLORDS DVD、SPACE RITUALのギグ

先週、ニック率いる HAWKLORDS のDVDがリリースされました。2009年11月にバーニー・バブルスの追悼ギグとして、HAWKLORDS 名義によるユニットで実施した模様が収録されています。
元 HAWKLORDS のメンバーは2名のみ。スティーヴ・スインデルス(Key/Vo)、ハーヴィ・ベインブリッジ(Key/Vo ※当時はb)、それにエイドリアン・ショウ(B)、ダニー・トンプソン(Dr)、アラン・デイヴィ(B/Vo)90年代ホークスのロン・トゥリー(Vo)、ジェリー・リチャーズ(G)、そしてニック・ターナー(Sax/Flute/Vo)。
YouTubeなどでトレイラーが流れていますが、プロショットできれいに撮れています。カバーのイラストは80年代にホークスのアルバムカバーのイラストなどを担当していたボブ・ウォルカーに依頼したそうです。
販売は直接バンドのマネージメントから購入する必要があります。
Paypalの決裁です。
支払先アドレス hawklords@hotmail.co.uk
価格 £19.99
送料 £2
またニックのメイン活動のユニット SPACE RITUAL は今週25日ロンドンでギグを行います。以降、4月、5月にもギグがブッキングされているようです。現在メンバーはニック、ミック・スラットリー(G)、トーマス・クランブル(B/G/Key)、テリー・オリス(Dr)、サム・オリス(Dr/テリーの息子)、クリス・パードン(Syn)。

レミーとの関係

lemmythemovie001.jpg“I did like being in Hawkwind, and I believe I’d still be playing with them today if I hadn’t been kicked out”
極悪レミーの公開や、MOTORHEAD新作リリースなどで話題のレミー。クビでなければホークスにまだいただろうと、ホークスに関して非常に好意的な発言が映画やインタビューなどで目立っています。ネット上では Chicago Tribune の記事で、ホークスについて「うまくかみ合えずクビになったが、ドラマーとギタリストが良かった。グレートなバンドだった」と語っています。
MOTORHEAD の成功や在住のロスでも確固たる地位を築いているにも関わらずの発言ということもあり、ホークスファンにはとても嬉しい発言です。
ホークス脱退後、クビになった件は80年代に和解し、84年のハマースミスから毎年1回程度はギグにゲスト参加。90年代は特になく、2000年のリユニオン、以降2000年代は2回ほどの共演がありました。ニックを中心とした過去メンバーの活動にも関与していないので、第3者的なスタンスのようでしたが、このところの発言はややホークス本体寄りの印象があります。
上は映画「極悪レミー」のパンフレットですが、一部地域は現在も上映中です。ホークスに絡んだ部分もありますので、ファンは観ておきたい映画です。製作した2人の監督は借金までしてこのすばらしい作品を作りました。ぜひ映画館で観て欲しいと思います。
なお3月にはDVDもリリースされます。初回限定の2枚組のボーナスディスクには HAWKWIND というコーナーがあるようです。

H.L.ラントン新作はクラシックギター集

hllclassicguitar.jpg病気、骨折などの治療から復活したヒュー・ロイド・ラントンですが、先日10年ぶりのフルアルバム HARD CRAFT をリリース。そして早くも新作がリリース。CLASSIC GUITAR TALES と題されたアルバムは、バッハ、シューベルト、ブラームスなどのクラシック曲を中心にアコギ1本で録られた小曲集。
サンプルは英amazonで試聴可能です。アルバムのリリースは、かつてホークス関連作をリリースしていた米クレオパトラ。