THE SPIRIT OF HAWKWIND 付属の Sonic Attack プロモ盤

ニック共著の THE SPIRIT OF HAWKWIND のおまけのEPは73年5月の SPACE RITUAL 発売時のプロモ盤を再現しています。収める布袋も再現しています。オリジナル盤と比較してみました。
この画像では左が今回の本の付録となったレプリカ、右が当時のオリジナルです。一目で分かるのはレプリカはホワイトビニールということ。

sonicattackpromoep01.jpg

布製袋の質感は似ています。若干生地が薄手ということと、縫製の仕方が異なっていますが、大きさも同じで雰囲気は十分再現されているかと。赤い刷り文字の形もほとんど同じ。レプリカの方が文字サイズが少し大きく赤い色については、より濃い赤です。オリジナルは42年の歳月で色褪せしているはずなので単純に比較できませんが。
大きな違いはオリジナルは裏にも赤文字が刷られていますが、レプリカは片側だけです。それぞれを裏返した画像がこちら。

sonicattackpromoep02.jpg

盤は片面だけのカッティングというのも同じ。収録テイクは SPACE RITUAL に収められている同題曲をシングルカットしたもの。始めと終わりはフェードイン、フェードアウト。オリジナルと聴き比べると、入りのところと終わりのところ、僅かに位置が違うので、今回のレプリカ用に新たに抜き出したものと思われます。曲の時間は2分54秒くらいでほぼ同じです。
レーベルは周囲の文字も同じように再現していますが、オリジナルは MANUFACTURED IN ENGLAND となっていますが、レプリカは正直に IN USAとなっています。さらにレプリカは DEMI MONDE RECORDS の版権との記載があります。DEMI MONDE はデイヴ・アンダーソンの非公式音源をリリースしているレーベルなので、そんなわけないと思いますが、この辺りは勝手仕様という感じかと思われます。
オリジナル盤のレーベル。ビニールコーティングされています。

sonicattackpromoep03.jpg

今回のレプリカのレーベル。

sonicattackpromoep04.jpg

THE SPIRIT OF HAWKWIND 1969-1976

ニック・ターナー、デイヴ・トンプソン共著になるホークウインドの76年までのヒストリーを綴った豪華本が発売されました。
シュリンクされた状態で販売されています。
spiritoghw01.jpg
出版はUSのレーベル、CLEOPATRA。ニックの90年代からの諸作品をリリースしているレーベルです。著者にニックの名前がある通り、ニックの目線からバンドの歴史が紐解かれています。
届いたばかりなのでざっとしか見ていませんが、豊富な写真(半分近くは見たことがない貴重な写真)や多くのミュージシャンによる寄稿などもあり、完読するまでとても楽しみです。
開くとまずはおまけです。
spiritoghw02.jpg
左の貼り付けられたケースにはIN SEARCH OF SPACE(宇宙の探求)リリース時のプレス向け資料ブックレットのレプリカ、USツアー時のRUSHが前座だった公演のチケットデザインのポストカード。
7インチEP盤は73年SPACE RITUAL(宇宙の祭典)リリース時のラジオ局向けプロモのレプリカ。ずた袋を再現。ホワイトビニールでした。本物と比較しましたが結構良い出来(次回比較画像掲載します)。
タロットカードレプリカは次のページに挟み込みで入ってますが、画像が荒かったです。
spiritoghw05.jpg
少し読んだ感じでは、今まで報じられていない、あるいは未公開だった情報が満載です。ニックの目線という意味では公平性は欠けるかもしれませんが、インサイドストーリーとしてファンにはとても興味深いものかと思います。
これは中表紙、左のステイシアの写真も初めて見るものです。

過去も何冊かヒストリー本が出ていますが
写真の多さや初出写真の多さではこの本が一番かと思います。
内容については読後にまた紹介します。