Tim Blake Noggi ‘Tar リリース

TIM BLAKE / Noggi’Tar
(ESOTERIC RECORDINGS – ECLEC 2613)

昨年予告されていたティム・ブレイクのリマスターシリーズの最新リリース。2012年にオフィシャルサイトでDL販売していた作品。CD化は初です。
ゲストの参加はなく、すべて一人で制作したアルバム。この時期はすでにホークウインドのレギュラーメンバーとなって、ショルダーシンセとテルミンを中心に演奏するスタイルになっていました。アルバムの楽曲も、ショルダーシンセによるバーチャルギター風リードを中心にした演奏で、一人バンドの風情。各曲とも全体に同じような音色で構成されているので、バラエティ感は薄いです。ボーカルとアコギは全く使用されていません。
曲想はメローなシンセミュージック。ドラムマシン風の軽めのリズムにシンセベース、シークエンスシンセとパッド系サウンドによるバッキングという構成。
ライナーはおなじみイアン・エイブラハムズによるブレイクへのインタビューをベースにしたもの。
2004年の交通事故で死にかけた際の話、作曲の時のインスピレーションの源など。アルバムのハイライトであるOn Contemplating The Soutern Crossはホークスの2011年のオージーツアーの移動中デザートで見た南十字星からインスパイヤされたとのこと。同年リリースされたホークウインドの「オンワード」にもSoutern Crossというタイトルで収録してされていますが、テイク違いです。

ROUNDHOUSEのLP盤、コンピEBS YEARSリリース

昨年リリースされたライブアルバムAT THE ROUNDHOUSEのLP盤は3月30日に1000枚限定リリースとの情報がCHERRY RED公式に掲載されました。
ボリュームは3枚組になるとのことで32ポンドと結構高くなりますね。LPなので、CDセットに付属していたポスターも大きくなるそうです。またCDリリース時の各誌のレビュー、ブロックのインタビュー記事も転載するそうです。(2018/04/04追記 これらの記事転載は含まれませんでした)

HAWKWIND / AT THE ROUNDHOUSE (
CHERRY RED – BREDT721)

アーカイブBOXシリーズ
今までにカリズマ期、RCA-ACTIVE期、GWR期と続いていたので、予想していた通りEBS期が2月28日にリリースとのこと。THE EMERGENCY BROADCAST YEARS 1994 – 1997として、

  • BUSINESS TRIP
  • ALIEN 4
  • LOVE IN SPACE Disc1
  • LOVE IN SPACE Disc2
  • DISTANT HORIZON

の5枚組です。
従来のシリーズ同様、ATOMHENGEのリマスターシリーズに含まれてきたボーナストラックなどは一切含まれないので、安く全体感を網羅したいというビギナーズ向け。今までも思っていたのですが、これ誰が買うんだろう、あまりコアでないファンの方かもしれません。DUさんなどに入荷するといつの間にか売り切れていますね。

HAWKWIND / THE EMERGENCY BROADCAST SYSTEM YERAS (ATOMHENGE – ATOMCD51044)