Tim Blake Noggi ‘Tar リリース

TIM BLAKE / Noggi’Tar
(ESOTERIC RECORDINGS – ECLEC 2613)

昨年予告されていたティム・ブレイクのリマスターシリーズの最新リリース。2012年にオフィシャルサイトでDL販売していた作品。CD化は初です。
ゲストの参加はなく、すべて一人で制作したアルバム。この時期はすでにホークウインドのレギュラーメンバーとなって、ショルダーシンセとテルミンを中心に演奏するスタイルになっていました。アルバムの楽曲も、ショルダーシンセによるバーチャルギター風リードを中心にした演奏で、一人バンドの風情。各曲とも全体に同じような音色で構成されているので、バラエティ感は薄いです。ボーカルとアコギは全く使用されていません。
曲想はメローなシンセミュージック。ドラムマシン風の軽めのリズムにシンセベース、シークエンスシンセとパッド系サウンドによるバッキングという構成。
ライナーはおなじみイアン・エイブラハムズによるブレイクへのインタビューをベースにしたもの。
2004年の交通事故で死にかけた際の話、作曲の時のインスピレーションの源など。アルバムのハイライトであるOn Contemplating The Soutern Crossはホークスの2011年のオージーツアーの移動中デザートで見た南十字星からインスパイヤされたとのこと。同年リリースされたホークウインドの「オンワード」にもSoutern Crossというタイトルで収録してされていますが、テイク違いです。