ニックによる豪華ホークウインド本

ホークスと決別して久しいニック・ターナー氏ですが、10月30日にホークスのバイオグラフィー本を刊行するとのこと。
さて、音楽活動ではデイヴ・ブロック側ホークウインドが勝訴したことで、ホークウインドの名称使用差し止めされている、ニックさんですが、この本のリリースは問題にならないのでしょうか。ファンとしては内容にとても関心があるので、発売に期待しますが。
で、この商品、値段が妙に高い。amazon uk では83ポンドもの値段がつけられていますほかのサイトでは54.99ポンドと表記されており、どちらが正しいのか、分かりません。仮に54ポンドだとしても、昨今の円安もあり、1万円します。
説明を見ると、300pに及ぶ本には未発表の当時の写真が盛りだくさんに加えて、付属するオマケがとても豪華みたいなので、これが値段を上げているみたいです。
オマケの内容はというと、
・75年のアメリカツアーのニックの日記
・宇宙の探求リリース時期に、あのバーニー・バブルスが制作したという、Galactic Tarot というタロットカードデッキのレプリカ
・アナログ盤でスーパーレアな宇宙の祭典リリース時の7インチプロモ盤及びズタ袋ジャケのレプリカ
・宇宙の探求のブックレットのレプリカ
・74年USツアー時カンザス・シティのギグ(前座がデビューしたてのラッシュ)ポスターを流用した絵葉書
というような内容。
なかなか興味深いものですが、こんなオマケ抜きにしてもっと入手しやすい価格で出してほしい気もしますが。
さて無事に発売されるのか、気になります。値段ももう少し下げてほしいところです。