HAWKWIND 2018年9月リリース ROAD TO UTOPIA 追加情報

9月28日に英国でリリースされるホークウインドの新作ROAD TO UTOPIAの内容についての続報です。

マイク・バットの起用については、ブロックがロンドンの米国大使館でビザを申請している時に、偶然同じ目的でそこに居合わせたバットに、11月に実施予定のパラディウムでのショーの指揮を依頼したとのこと。(話がそれますが、ブロックはこの米国ビザ申請は大変待たさせるので辟易としていて、それも米国に行かなくなった理由のようです。ビザ取得ということであれば、来年あたり米国ツアーに行くのか、注目されます)

すでに収録曲が発表されていますが、有名なオールドナンバーを中心に選曲されています。これらのホークススタンダードをアコースティックに再構成させるという試みのようです。
マイク・バットは本作について、以下のようにコメントしています。
「デイヴ(・ブロック)は、愉快で自由な発想の持ち主で、自分にとても寛容に対応してくれている。小規模なアンサンブルと数人の追加ミュージッシャンを手配してくれた。」
演奏者の構成は、ストリングスクインテッド(弦楽五重奏)、サックスクインテッド、ホーンセクションというもの。11月のオーケストラ共演ツアーはフルオーケストラかと思われるので、そちらとは奏者構成が違うのかもしれません。蓋を開けて見るまではわかりませんが。
ホークウインドは現在のメンツで参加しています。デイヴ・ブロック(ボーカル/エレキ&アコギ/ハーモニカ/キーボード)、リチャード・チャドウィック(ドラムス、パーカッション、ボーカル)、Mrディブス(ボーカル)、ハズ・ウィートン(ベース)、マグナス・マーティン(アコギ)とのこと。

クラプトン参加のThe Watcherはバットがピアノ、ブロックがハーモニカ、クラプトンがギターという夢のコラボ。

ブロック曰く「これらのおなじみの曲を新たに構築するという体験はとても面白かった。みんなにも気に入ってもらいたい。」

来月にはアルバム収録の2曲Quark Strangeness & Charm、The Watcherが動画で公開される予定です。