T.ブレイク復帰ギグ、D.ブロックのインタビューなど

新作 THE MACHINE STOPS は TEAMROCK のThe Progressive Music Awards 2016 のアルバム・オブ・ザ・イヤーにノミネートされたものの、受賞はできませんでした。レセプション会場にブロック船長は出席していました。

日本では ATOMHENGE の再発群、UA期の諸作品は続々とリリースされてきましたが、なぜか近年で最も話題になった新作の国内盤はリリースされないという事態がホークスらしいですけど。ちなみにウルトラヴァイブから帯付けただけアルバムはわずかですがリリースされましたが、あれは正規発売とは言い難いですし。

アルバム発売に伴う4月のUKスプリングツアーは、D.ブロック、R.チャドウィック、Mr.ディブス、N.ホーン、H.ウィートンの5名で実施、昨年までの鍵盤担当のT.ブレイクはソロ活動に専念するためにアルバム収録前に抜けており、さらにD.フレッドが体調不良のため抜け、ステージでは、ホーンが鍵盤に専念していました。新加入のベーシスト、ウィートンのプレイはフレージング、ドライブ感などファンの間で評判良いです。

5月にはギリシャで2ステージ。6月にはスエーデンのフェス、7月にはドイツとイギリスのフェスに参加。この7月のステージではブレイクがテルミンとショルダーキーボードで復活していました。今後も継続参加するのか不明です。でもブレイクさんがいないとなんか物足りないので、復帰大歓迎ですね。

その7月の英国ランブリン・マン・フェアの様子
チャドウィックさんがリードボーカルの Silver Machine
Hassan I Sabbah

ホークウインドのリーダー、デイヴ・ブロックのインタビュー記事が先月、TEAMROCKに掲載されました。今回のインタビューはデイヴのプライベートな面についての内容で興味深いものです。
子供の頃、学校の美術の先生よりニューオリンズジャズの魅力を教わったとか、若い頃の南仏でのストリートミュージシャン時代はロマンチックなものではなく、寝泊まりはビーチで寝袋と、大変だったとのこと。
住まい兼スタジオとなっているデボンの農場では家畜を飼育しているが、時には処分することもあり、そういう辛い面も含めて様々な経験があるとのこと。
また政治的であるかについては、とても難しい問題であり自分ひとりの力で変えられるものではないと語っています。
またバンドのリーダーという立場では、厳格だし効率的であるように、奥さんのクリス・テイトとバンドを様々な面でマネージメントしているとのこと。
もっとも誇れることは、長生きした両親のこと。デイヴの父は100歳、母は94歳まで生き、その晩年の面倒を長年見てこれたことを喜ばしいと考えていると。
じぶんは成功者だと思っていないし、でなければこんなありふれた農場に住んでいないよとのこと。
将来墓碑銘には偉大な音楽家として刻まれたいとのこと。みんなに口ずさまれるようなジャズのスタンダードのような曲を作ったミュージシャンになりたいとのことです。