ティム・ブレイクの作品群再発

昨年、ホークスのアルバムを再発している CHERRY RED RECORDS の ESOTERIC RECORDINGS レーベルより、ホークスのキーボード奏者、ティム・ブレイクのソロアルバムのリリースが告知されました。
ロンドン生まれのブレイクは69年にホークスがグループXというバンド名でデビューしたステージのサウンドクルーで、のちに GONG に加入、絶頂期のレディオ・グノーム・インヴィジブル3部作でスペイシーなシンセをプレイ。GONG 脱退後は、ソロアーティストとして、フランスのEGGレーベルより2枚のアルバムをリリース。いずれも、ヨーロピアンな感性、叙情性とスペイシーなシンセワークが特徴の佳作。シンセサイザー音楽がブームだった日本でも発売、EGGレーベルのプロモーションの一貫で、78年に日本で関係者向けのギグも実施しています。
翌79年に新生ホークスに参加、当時のバンドの躍進に一役買うも、プライベートのゴタゴタで80年に脱退、その後ソロ活動を続けていましたが、2007年にホークスに復帰、それから2015年まで所属しホークスの日本ツアーにも参加。昨年からソロ活動に力を入れたいとホークスにはフル参加していません。前作 THE MACHINE STOPS には不参加ながら、ステージによっては参加しており、正式な脱退ではないようです。
デイヴ・ブロックとの信頼関係は強く、79年のホークス参加時のプレイがファンには好評で、再復帰時には大変歓迎されたりとホークスメンバーでは重鎮の一人。

そのブレイクの作品の再発情報 ESOTERIC RECORDINGS の公式サイトに詳しく掲載されました。
まずは EGG レーベル時代の2枚、CRYSTAL MACHINE (77)と NEW JERUSALEM (78)です。その後、MAGIC (91)と TIDE OF CENTURY (01)の再発も予定しているとのこと。
EGGからの1stアルバム CRYSTAL MACHINE は当時のブレイクとレーザー光線技師パトリス・ワレンナーとのユニット名でもあり、アルバムジャケットに象徴される当時のステージを収録したものです。ほぼインストルメンタル中心。
2ndアルバムの NEW JERUSALEM はスタジオ録音、自らリードボーカルをとった最初の作品で、アコギもプレイ。スペイシーな作風にメロディアスで叙情性も加味された作品。Lighthouse や アルバムタイトルナンバーはホークスのステージでも演奏されました。

今回のリマスターでは、それぞれ3曲ずつ貴重なテイクがボーナス追加されています。70年代のシングル曲、デモテイクなどが初CD化。
CRYSTAL MACHINE:
76年 SARATOGA SPACE MESSENGERS 名義で発表されたシングル曲 Surf
78年スペインでリリースされたシングルA/B面 Synthese Intemporel I と Synthese Intemporel II

NEW JERUSALEM:
78年シングル Genelator Laser Beam のB面曲 The Woodland Voice
79年ブレイクとジャン・フィリップ・リキエル(NEW JERUSALEM にも参加した鍵盤奏者)の連名によるカセット WATERFALLS FROM SPACE 用デモテイク From Outta Space と Jupiter To Jerusalem

発売は3月31日の予定です。