スプリングツアーの様子

今年の春ツアーは29日の千秋楽を迎えています。過密ツアーは終了し、6月にフランス、7月に本国のフェス参加の予定。今回のツアーはニューアルバムのリリースに伴ったもので、5/11から29までの18日間で16回のギグがあり、26日のロンドン、ラウンドハウスがハイライト。ツアーの様子はオーディエンスショットがたくさんYoutubeに上がっています。

今回のセトリを見ると新作からの選曲を中心に、70年代の曲も多いです。

今回の特別企画アンプラグド アコースティック・セット
Quark, Strangeness and Charm
Age of the Micro Man
The Watcher
Get Yourself Together
Ascent
We Took the Wrong Step Years Ago

メイン・セット
Earth Calling
Born to Go
You’d Better Believe It
Have You Seen Them
Vegan Lunch
Steppenwolf
Darkland
Magnu
The Golden Void
Synchronised Blue
Into The Woods
The Machine
Welcome to the Future

17日のケントでのステージはプロショットが上がっています。今回から参加しているマグナスのフルネームが判明Magnus Martinとのこと。
ステージシモテから順に、そのマーティン(key/g)、ディブス(Vo/SE)、チャドウィック(Dr/Vo)、ウィートン(b)、ブロック(g/vo)という今回のレギュラーメンバー。

以降はオーディエンスショット。
ラウンドハウスはサポートアクトにフィル・キャンベルのバンドが参加、こちらはホークスのアンコールにフィルが飛び入りしたブレインボックス・ポリューション&シルバー・マシーン。

こちらは2日のブリストル。メインセットの前半、You’d Better Believe It、新作からHave Youe Seen Them?。サックスにマイケル・ソスナ(Michael Sosna)というプレーヤーが参加。久しぶりのサックス入りホークス、やっぱりいいなぁ。