ティム・ブレイク 初期2枚国内盤リリース

70年代EGGよりリリースした初期2作品が、ESOTERIC RECORDINGSのマスター経由でワサビ・レコードより発売されました。ESOTERICはジュエルケースでしたが国内盤は紙ジャケでEGGのLP盤を模しています。NEW JERUSALEMはスリーブの口が向かって右ではなく上となっているのも再現。帯付き、解説付き。高品質フォーマットBLUE-SPEC CD。
内容はESOTERICの2枚と同じ(CHERRY RED RECORDSのライセンスと記載あり)。レビューはこちら
上の写真に映っている小さなジャケは、ワサビ・レコードが今回の発売に伴い2枚同時購入特典で用意した8cmシングルCD。アナログ時代の日本仕様シングルをイメージしたデザイン。当時日本ではシングル盤のリリースはされませんでしたが、もし発売されていたらこんな感じになったのでは、というもの。シングルの中身は、クリスタル・マシーン収録の6曲目「永遠の合成」。シングルバージョンではなくアルバムバージョンを収録しているので、シングルCDとはいえ15分です。

<2017年9月12日追記>
ところで、ブレイク先生ですが、ホークス参加はしばらくしていませんが、今後帯同することは難しいようです。ブレイク先生はフランスに住んでいますが、イギリスがEU離脱することになったので、お金の面で面倒になるとのこと。ですので、今後よほどのことがない限りホークスのパーマネントメンバーにはならないようですね。