ニック・ターナー新作リリース ルドルフ、ハウス参加

Nik Turner Life In Space
NIK TURNER / LIFE IN SPACE (CLEOPATRA CLO0605) 2017

前作SPACE FUSION ODDYSSEY(2015)から2年、新作LIFE IN SPACEがリリースされました。ここ数年のソロ作同様、米CLEOPATRAからの発売で1CD版と500枚限定2LPという2種のフォーマット。
1曲目のEnd Of The Worldがクレパトのサイトでシングル曲としているので、のちにアナログEP盤がリリースされるかもしれません。

元UK-SUBSのニッキー・ギャラットとDIE KRUPPSのユルゲン・エングラーの起用は今作でも続いており、ニックの米国活動のパートナーHEDERSLEBENのメンバーとのユニットが軸となり、エングラーがプロデュースと一部の曲提供、演奏参加。そこにゲストでポール・ルドルフが1曲ギターで参加、サイモン・ハウスが数曲参加。
前作はOHMを中心とするユニットでしたのでテクニカルでハードエッジな印象でしたが、今回はHEDERSLEBENのサイケプログレ風味なスタイルになっています。

オープニングナンバーEnd Of The Worldはルドルフが唯一参加した曲ですが、ワウのかかったギターをバッキングで弾いてるだけで特に強い印象はありません。メランコリックなバラード曲でニックのリードボーカルも優しげな歌い方。HEDERSLEBENでも多用されているメロトロンのストリングス音にフルートが絡みます。
2曲目Why Are You?はハードなギターリフをメインにした演奏ですが、そこにメロトロンが乗り、サックスソロが展開。ニックのボーカルは歳のせいか、かなり抑えた印象。
続くBach To Earthはギャラット作。アコギにフルート、そしてハウスのバイオリンの主題演奏とアコースティックなナンバー。アコギの上でプレイされるバイオリンとフルートの絡みがとても美しい。ホークスでは見られない演奏ですが、この組み合わせはある意味、ありそうでなかったと思わせます。
4曲目Secrets Of The Galaxyはホークス風ハードロック、中間部ハウスのバイオリン、ニックのサックスと続きます。後半は電子音だけになっていく変な曲。エングラー作。
Universal Mindはミドルテンポで朗読風ボーカルとフルートを生かした曲。
インスト曲Approaching The Unknownは森の中にいるごとく鳥の鳴き声のSE、持続音が流れる中ギターリフとタイコのリズムが続きます。
As You Wereもノイズや各種SEが流れる中、スローテンポで始まったリズムがギターのコード演奏とともにテンポアップ。ニックはサックスのアドリブ。
ラストはお馴染みMaster Of The Universe。イントロのギターリフにハウスのバイオリンが乗ってくるあたり嬉しい。最初のコーラスが終わた後の中間部はニックのサックスソロ。Aメロが復活するときはハウスのバイオリンも入ってきて終了。もうちょっと長くやってもいいかなと思いました。
おそらく今回もクレパト側でアーティストのマネージメントをしたものと思われます。
現在もUKやEUで来日時のユニットによるギグを行なっています。アルバムプロモーションツアーは10月15日から11月一杯かけて全米で行われる予定。その際はHEDERSLEBENのメンバーがバックになることでしょう。

先日ホークスの公式サイトのアナウンスで、ニックが活動の際Hawkwindの名称を使えないようにという訴えが、最終的に勝訴したと伝えていました。まだ決着していなかったのかと思いましたが、ニック本人の意思とは関係なく、ギグの主催者は使用したがるので仕方ないかもしれません。でもニックのステージやこうした作品を聴くと、そんなことはどうでもいいようにも思えます。