HAWKLORDS バーニー・バブルス・メモリアルギグ LP仕様もリリース

hawklords_lp.jpg二ック率いる HAWKLORDS の2009年のギグを収録した、BARNEY BUBBLES MEMORIAL CONCERT が、従来のDVDフォーマットに加えて、LP2枚組でもリリースされる模様。
収録曲は先にリリースされているDVDと同じ。リリース元はおなじみイタリア BLACK WIDOW。宇宙の祭典にならって開くと大きくなるジャケ、インサート類、ポスターも付属、初回100枚はカラービニールとのこと。
BLACK WIDOW RECORDS の記事はこちら。

HAWKLORDS DVD レビュー

先日、直販で注文した現在のニック率いる HAWKLORDS の2009年のギグを収録したDVDが届きました。レーベル名がなく、自主制作です。とはいえ、クオリティは一般商品並です。ジャケットは紙のデジパック仕様です。イラストは以前ホークスのジャケを担当したことがあるボブ・ウォルカー(THE CHRONICLE OF THE BLACK SWORD のインナーやEMIからリリースされたコンピレーション STASIS のカバーイラストなど)。撮影はプロショットで画質音質ともにまったく問題のない標準レベルです。
この再編 HAWKLORDS ですが、2009年から活動を始めており、昨年も数回ギグを実施しており、一応パーマネントなバンドのようです。メンバーそれぞれソロやバンドをかけもちしていますので、その合間をぬって活動しています。同じくニックは過去メンバーとのユニット SPACE RITUAL も継続しています。この2つのユニットの違いは、簡単に言うとメンバーの違い。SPACE RITUAL は活動歴が長く、2000年のリユニオン HAWKESTRA 直後、ニックが集まった過去メンバーに呼びかけ、彼らと始めたトリビュートバンド XHAWKWIND が母体。そのためホークスの初期メンバーを中心にしたバンドで、現在はテリー・オリス (Dr)、ミック・スラットリー (G)、トーマス・クランブル (B) らが中心になっています。デイヴ・アンダーソンももちろん関わっており、SPACE RITUAL のスタジオ収録アルバムにも参加していましたが、現在体調が良くないので参加していません。
HAWKLORDS は、その名の通り HAWKLORDS 期以降中期メンバーが中心。バーニー・バブルス追悼コンサートと称してギグを行ったので一時的なバンドかと思っていましたが、前述しましたように昨年も数回ギグを行い、またベースで参加しているアラン・デイヴィはスタジオレコーディングも計画していると言ってました。ちなみに2つのバンド両方に参加しているのは、ニック以外にはジェリー・リチャーズ(G)。
hawklords_dvd.jpg前置きが長くなってしまいましたが、このDVD、参加メンバーは以下になります。
ハーヴィー・ベインブリッジ (Syn)
アラン・デイヴィ (B/Vo)
ジェリー・リチャーズ (G/Vo)
エイドリアン・ショウ (B/Vo)
スティーヴ・スインデルス (Key/Vo)
ダニー・トンプソン (Dr)
ロン・トゥリー (Vo)
ニック・ターナー (Sax/Flute/Vo)
それに数人の男女のダンサー、うち1名は Black Sword ツアーでエルリック役に扮していたトニー・クレラーも参加しています。バンド名は HAWKLORDS ですが、当時の HAWKLORDS に在籍していたのはキーボードの2名だけで、曲目についてはバンド SPACE RITUAL と変らず、初期ホークスナンバーが中心です。あえてこのバンド名にする必要はないですよね。無理に以前のバンド名を持ち出す必要は今更ないと思うのですが。
内容のほうですが、正直言って、、良いです。かれこれ16年も前になってしまいますが、ニックの来日公演の時の印象となんら変らない初期ホークスのフリーキーさ、サイケなトリップ感が息づく演奏です。デイヴィとトンプソンはホークス内外でも非常に長いタッグを組んでいるので、極めて安定したリズム隊、スインデルスのキーボードプレイのセンス、それにいつも通りのニック。
現在の本家のベクトルとは大きくずれていないのですが、船長という牽引役がいない分ややフリーキーさが立った印象があります。何よりも各メンバーがリラックスして楽しそうな感じです。それにしても、あれほど長く在籍したデイヴィも現在はニックさんとの演奏が楽しいようですね。
なお入手方法は以下、スインデルスさんのブログに記載されています。リージョン・フリーですがPALのみです。
http://www.myspace.com/steveswindells/blog/542114620

HAWKLORDS DVD、SPACE RITUALのギグ

先週、ニック率いる HAWKLORDS のDVDがリリースされました。2009年11月にバーニー・バブルスの追悼ギグとして、HAWKLORDS 名義によるユニットで実施した模様が収録されています。
元 HAWKLORDS のメンバーは2名のみ。スティーヴ・スインデルス(Key/Vo)、ハーヴィ・ベインブリッジ(Key/Vo ※当時はb)、それにエイドリアン・ショウ(B)、ダニー・トンプソン(Dr)、アラン・デイヴィ(B/Vo)90年代ホークスのロン・トゥリー(Vo)、ジェリー・リチャーズ(G)、そしてニック・ターナー(Sax/Flute/Vo)。
YouTubeなどでトレイラーが流れていますが、プロショットできれいに撮れています。カバーのイラストは80年代にホークスのアルバムカバーのイラストなどを担当していたボブ・ウォルカーに依頼したそうです。
販売は直接バンドのマネージメントから購入する必要があります。
Paypalの決裁です。
支払先アドレス hawklords@hotmail.co.uk
価格 £19.99
送料 £2
またニックのメイン活動のユニット SPACE RITUAL は今週25日ロンドンでギグを行います。以降、4月、5月にもギグがブッキングされているようです。現在メンバーはニック、ミック・スラットリー(G)、トーマス・クランブル(B/G/Key)、テリー・オリス(Dr)、サム・オリス(Dr/テリーの息子)、クリス・パードン(Syn)。

ニックのHAWKLORDS DVDリリース予定

2009年に Nik Turner と HAWKLORDS に参加していた2名(Steve Swindells/Harvey Bainbridge)が HAWKLORDS を再編、Barney Bubbles 追悼と銘打ってコンサートを行いました。その模様がDVDリリースされるとのことです。バーニーはホークス初期からのアルバムのカバーアート、ポスター、ステージデザインを担当した、イギリスのアーティスト。ホークスとの関係は78年の変名バンド HAWKLORDS のステージデザインまで続きました。ホークス以外では、イアン・デューリー、E.コステロ、DEVO、ダムドなどなどのアルバムカバーを手がけていましたが、83年に他界しました。
DVDに収録されたステージは以下の旧ホークスメンが参加しています。ニック、相変わらず旧メンバーとの親交は深いですね。
Steve Swindells (Key/Vo)
Harvey Bainbridge (Key/Vo)
Nik Turner (Sax/Vo)
Alan Davey (B/Vo)
Adrian Shaw (B)
Danny Thompson (Dr)
Jerry Richards (G)
Ron Tree (Vo)
カバーアートはやはりかつてホークスのカバーを担当していた Bob Walker が担当する模様。2月リリース予定とのことです。なおステージの様子は YouTube にもたくさん上がっています。
そういえば最近、Dave Anderson が出てこないですけど、体調を崩しているようです。
2011/1/28
YouTubeにトレイラーが掲載されました。なおスタジオにて新作のレコーディングも行いたいということです。

カンタベリー・フェスティバル/アラン・デイヴィ復帰/ニック・ターナー新作/ホークウインド DVD

カンタベリー・フェスティバル

18日のカンタベリー・フェスティバルは雨が降ったものの、成功に終わった模様です。出演者はブロック、デイヴィ、ラントン、チャドウィック、ナイブトン、ハウス。ロンとリチャーズは不参加だったそうです。ロンはすでに正規メンバーから外れているようですが、リチャーズは正規メンバーのはずです。ラントン復帰で、居場所がなくなってしまったのかな?演奏曲リストは以下とのこと。

5th Second of Forever
Levitation
Spiral Galaxy 28948
Solitary Mind Games
Angels of Death
Spirit of the Age
Magnu/Dust of Time
Motorway City
Hurry on Sundown
Assassins of Allah/Space is Their
Silver Machine
Encore 1: Assault & Battery/Golden Void
Encore 2: Ejection
ラントンの復帰で、久々のSolitary Mind、ハウスのゲスト参加でSpiral Galaxyがプレイされたようです。5th Secondは懐かしいですね。さらにこのフェスのMCである、アーサー・ブラウンがSilver Machine及びEjectionでボーカル参加をしたそうです!!ホークスとA.ブラウンの共演はおそらく史上初でしょう。

ついにデイヴィも復帰!

そうなんです。ラントンに続きアラン・デイヴィ(アリ・デイヴィに改名したらしい)も正式に復帰したそうです!昨年のXマスギグから、ずっとホークスのステージに上がっていましたが、ロンがレギュラーから外れたこともあり、ホークス復帰とのこと。この情報は11月に予定されているUKツアーに含まれているニューキャッスル・オペラ・ハウスのサイトに書かれていたものです。なお、ここでは例のデス・ジェネレーター企画では、レミーも参加!という嬉しいネタもアップされています。

ニック新作ラッシュ あの日本公演テイク登場!!

先日、ワイト島メンバーによる同窓会ギグを開催したニックさんですが、新作がリリースされました。リリースはTRANSPARENCYというロスのレーベル。未発表スタジオ・テイクとライヴ・テイク集2枚組CD。

TRANSGLOBAL FRIENDS AND RELATIONS
NIK TURNER – TRANSGLOBAL FRIENDS AND RELATIONS TRANSPARENCY 0103 (2001)

94年から97年の収録で、SPACE RUTUALツアーのテイクが中心。なんと日本公演のテイクが収録されています!Opa-LokaとMaster Of The Universeの2曲です。いや〜レコーディングされていたんですね〜!他のライヴ・テイク同様、ボード録りの良音質でそこそこクリアです。各楽器がそれなりに聴き取れます。オーディエンス側の歓声等は曲のブレイク時に若干聴き取れます。日本のファンとしては、日本公演まるまる収録したアルバムがリリースされると嬉しいのですが、2曲だけでも収録してくれたのは拍手喝采もの。Masterは、セレクトされたワケが納得できる白熱のプレイです。

その他では、先日開催された 2001 A SPACEROCK ODYSSEY と同じタイトルのアルバムがリリースを控えています。昨年のイスタリフェラとバーケンヘッドのギグを収めた2枚組CD。さらには、SPHYNX 新録の際のUSAメンバーが中心になったバンドANUBIAN LIGHTSの新作3rdアルバムNAZ BARもリリース予定で、こちらにはニックとハウスがゲスト参加しているそうです。

ホークスDVD第2弾は NIGHT OF THE HAWK

THE CHRONICLE OF THE BLAC SWORDに続きDVDがリリースされます。かつて日本版リリースもあった NIGHT OF THE HAWK です。前述のBLACK SWORDは地域コードがフリーでしたが、今回はPALの地域コード2とNTSCのコード1が両方リリースされるということでしたが、日本やUSA対応のRegion1はリリースが遅れるそうです。オーダーがそれなりにくれば作るとか。早くリリースしろ〜!ちなみにビデオテープ版にプロモ映像等のボーナストラックが追加されているそうです!

ニック・ターナー動向/J.リチャーズのPARADOGS

ニックさん、ホーケストラ編成続行!!
ニックさんですが、来月開催予定のギグと以前報告しましたGREASY TRUKERS PARTY 2001のポスター画像が届きましたので掲載します。
2001 spacerock odyssey gig poster
昨年実施されたニックさん主催のギグ、恒例となってしまったのか、なんと今年も開催!タイトルは2001年宇宙の旅にひっかけてます。あの70年8月のワイト島フェスのメンバーラインナップと同じ!ということを謳っていますね。これにデイヴ加われば完璧ですが、あくまでニックさん中心の企画なので、そうはなりませんね。ちょっと残念ですが..。ディックミックさん、昨年は予定されていながら不参加でしたが、今年は参加できるといいですね〜。しかし、これだけの旧メンバーを揃えられるのは、ニックさんの人柄でしょうね。これはこれで見たいなぁ。
greasy truckers party 2001 poster
続いて10月開催予定のグリージィー・トラッカーズ・パーティー2001。おおっと、あのデザインじゃないですか!参加バンドのメンツもさることながら、ニックチームは上記2001 A SPACE ROCK ODDYSSEYのメンバーに加えスィンデル、ショウ、スラットリーまでも!ほとんどホーケストラ状態を持続させています、デイヴ抜きで。う〜ん、デイヴとは本当にうまくいっているのか、ちょっと不安になってきましたねぇ。このメンツを揃えていてホークスを名乗れないのはデイヴがいないからなんですよね。旧メンバーの編成によるニックのバンド、新メンバー編成の本家と、相変わらず微妙な関係です。ただ、やはり旧メンバーを集めても過去の曲をプレイするだけで、お祭り的要素が強いような印象です。まさかこのメンツを固定して新曲をガンガン作るということはないでしょうし。ホークスでニックは作曲もかなり行っていましたが、基本はデイヴの曲ですから。やっぱり一番いいのは、この2人が行動を共にすることなんでしょうけど。

ちょっと遅れて PARADOGS レヴュー
paradogs CD cover
こちらは J.リチャーズのサイドユニットPARADOGSのアルバム。VPから昨年末リリースされていました(HAWKVP15CD)。よっぽどのファンでないとお薦めできるものではありません。このユニット、リチャーズとアルフ・ハーディという人、2人のユニットで、FAMILY TREEに3曲収録されていました。今回はフルアルバムで登場。音の傾向は FAMILY TREE 収録曲と同じ、打ち込みにリチャーズのギターが絡むもので、全体にスペースロック然としています。(比較的)若手ホークスメンバーのリチャーズなので、リズムだとかシンセの音色は現代風。

ニックさん北欧関係続々..

HAWXTAR
HAWXTAR
(SBM SWEDEN – SBMCDR001)

前回 DARK SUN を紹介しましたが、またまた北欧、今度はスエーデンの DARXTAR とニックさんが共演したステージを収録したもの。レコーディングは95年12月。CDRですので一般流通していないようです。ニックはリードボーカル、サックス、フルートを披露。DARXTARはバイオリン奏者も在籍しており、基本はスペースロックですが、かなりプログレ寄りの演奏をします。オルガンも多用し、このステージではメロトロンもプレイしています。選曲が渋く、定番のBrainstormもやってますが、Kadu FlyerやChildren Of The Sun(これは結構感動)もチョイス。さらにムアコック作という表記のあるThe Great Sun Jesterという朗読曲が演奏されますが、これはホークス、ニック・ソロにも登場したことがない曲。ゲストには 以前紹介しました同じスエーデンのTHE MOORのK .マグヌソン(Key)も参加。好演ですので正規発売して欲しい作品です。
DARK SUN / ICE RITUAL
前回紹介しました DARK SUN のLPジャケ画像を小川様より頂きましたので、掲載します。

Iceritual LP

ニック参加フィンランドのDARK SUN/チャドウィックのSTAR NATION

DARK SUN “ICE RITUAL” CD化

DARK SUN / ICE RITUAL
ICE RITUAL LPのジャケ

DARK SUN "ICE RITUAL" CD
DARK SUN “ICE RITUAL” CD (BURNT HIPPIE / BHR-004)

DARK SUNはフィンランドのスペース・ロック・バンド。北欧系の若いミュージシャンと交流の深いニックさん、これは98、99年にレコーディングされたニックさんが参加したステージの模様を収めたアルバム。昨年、アナログ盤で限定300枚のリリースでしたが、ついにCD化されました。以前、このサイトの情報提供者の小川さんからアナログのリリース情報を頂いておりました。内容はホークスカバーのオンパレード!。DARK SUNはリードボーカリストがいますが、ニックも時々リードをとっています。小川さんも指摘されていましたが、ニックがLAのメンツと行ったツアーの演奏よりも、ヨーロッパのグループらしく、全体に流麗な感触で、なかなかいい感じになっています。本家を上回るような凄みはありませんが、ニックさん全面参加がポイント高いといったところです。なおLPとはジャケ違いでボーナストラックとして99年のスタジオ・テイクが1曲追加収録されています、この曲もニック参加です。

STAR NATION
STAR NATION
昨年のUSAのスペースロックの祭典STRANGE DAZE 2000に出演が予定されながらも、バンド側のキャンセルで出演中止になったリチャーズとチャドウィックのサイド・プロジェクトSTAR NATION。実は昨年の春にスタジオ・レコーディングが行われており、近頃CDR化され一部の関係者とファンに配布されました。5曲収録のミニ・アルバムというもの。2人が中心になって制作されており、2曲にホークスのNZツアーでサポートをしたS.テイラーがベースで参加しています。音の傾向はプリミティヴさを強調したリズムとリチャーズのファズを効かせたギターリフが特徴的なアシッド・ロック。FAMILY TREEの彼らのサイド・プロジェクトのサウンドに酷似していますが、よりスペーシーな作風で好作品となっています。せっかくなので VOICEPRINTからリリースすれば良かったのでは、と思います。

THE MOOR ニック・ターナー参加

THE MOOR
THE MOOR
Flux (mp3.com 63806)

全く知らなかったバンドなんですが、このTHE MOORのリーダーであるKenneth Magnussonから直接メールをもらい、ぜひ聴いてくれとのことでした。というのは、ニックさんが全面参加しているとのこと。スウェーデンのプログレ・バンドで編成は Key&Vo、G、B、Dr の4人にニック(Sax&F) です。一聴した感じでは、テンション・コードを取り入れたシンフォニカルなキーボードに重厚なリズム、それに管楽器(ニック以外にもゲストでペットやトロンボーンも入っています)のアドリブが絡む世界で、結構こちらの世界です。全体にダークな印象が支配していますが、アコギの使用だとか、シンセも嫌味がなく非常に素直な出来。収録は96年のようですが、リリースは99年。このところのニック参加のアルバムでは一番気に入りました。

カルバートとターナーのソロワークス

ソロ・ワークス関係が相次いでリリースされました。共に秘蔵音源!

Robert Calvert “Revenge”

昨年 Voiceprint のチラシで HAWKVP シリーズと共にアナウンスされていたカルバートの “REVENGE” がついにリリースされました。プロデュースは、P.パブリです。パブリはハイ・タイドのメンバーでムアコックのディープ・フィックスやカルバート自身のソロ・アルバムにも参加したことがあります。その時から交友関係が続いており、ティアックの4チャンネルデッキでデモ的に録られたという秘蔵音源とのこと。4曲のミニ・アルバムでS.ハウスも参加しております。サウンドはリズムボックスをベースに弦、ギターが絡む後期カルバートの小品的な趣です。音質も良くないですが、没後10年以上たってリリースというのは感慨深いです。
LIVE AT DEEPLY VALE FREE FESTIVAL 1978
NIK TURNER BAND
LIVE AT DEEPLY VALE FREE FESTIVAL 1978

怒涛の秘蔵音源、次はニックの78年のライヴです。CHARISIMAから1stソロ XINTODAYをリリースした年です。グラストンバリーから北西部の方にあるDeeply Valeというところでのフリー・フェスの音源。メンバーはXINTODAYに参加していたギタリスト以外は知らない人達ばかりです。アルバムではS.ヒレッジをはじめとしたゴングのメンバー(T.ブレイク先生も)やモーリス・パートなどで豪華でしたが、フリー・フェスじゃギャラ出せませんね(^-^; 全体にスローテンポのアシッド・ジャムという感じです。XINTODAYの曲も演奏していますが、ほとんどインプロって感じです。サックス、フルートのフリーキーな演奏がたっぷり。スペイシー感は希薄です。音質はモノですが、サウンドボードです。