HAWKWIND- THE MACHINE STOPS 各曲レビュー

machinestops001

今回のリリースはCD1枚とLP2枚組でリリースされています。LPの内容はCDと同じとのこと。まずはCDを入手しました。今出回っているのは、デジパック仕様です。

今回は英作家E.M.フォースターが1909年に発表した短編SF「機械が止まる」をベースにしたコンセプトアルバム。フォースターはSF作家ではなく、純文学の作家ですが、この小説は「Machine」に支配された人類を描いた作品であり、書かれた年代を踏まえても一般的なSF小説としても良くできた作品だと思います。

邦訳は1964年のSFマガジン、1996年のフォースター著作集5「天国行きの乗合馬車」(みすず書房)で紹介されているだけで絶版となっており、古本も高価です。自分は後者を図書館で借りて読みました。

直前作「Spacehawks」(2013年)は、再録曲、リミックス、新曲などのコンピレーション作品でしたので、ホークスのスタジオアルバムとしては、2012年の「オンワード」以来の作品となります。アルバムからのシングルカット「A Solitary Man」が7インチビニールで5月27日リリース予定。アルバム発売に先駆けてプロモーション動画も公開。デイヴがボーカルのアップテンポなメロディアスなナンバー。

アルバムカバーはここ数年(2010年の「BLOOD OF THE EARTH」から)ホークスやデイヴ・ブロックのアルバムカバー、プロモーションビデオの制作を手掛けている周辺バンドKRELのリーダー、マーティン・マクギネス。KRELは2000年前後に2枚のアルバムをリリースしていますが、それ以降はリリースがありません。当時、同じくホークスフォロワーだったSAPCEHEADのMrディブス(現ホークス)が参加したりと交流がありました。

そのマーティン・Mによるカバー、ブックレット共、フォースターの小説のイメージに沿ったデザインになっています。「機械が止まる」は作者のフォースターが、H.G.ウエルズのユートピア的作品に反発して書いたと言ってるように、Machineに支配され人間性を失った人類を描いたディストピアを描いた作品。

オープニング All Hail The Machine は、一人一人にコンパートメントをあてがわれた人類が、常に耳にしているというMachineの鳴動をイメージさせるSEからスタート。ブロックとディブスの作曲。突如重低音と電子音シークエンス、ディブスの語りはMachineを崇拝する人類の声。カルバートの語りのようです。複数の声で「マシーン万歳!」が連呼され、2曲目 The Machine が勢いよく始まります。ホークスのアルバムオープニング定石通りのカッコイイ系突っ走り曲。ボーカルはディブス、Aメロと並行してデイヴのギターソロが続く、中間部やや単調なギターリフ、そしてギターソロ、突っ走りが高揚感を盛り上げ、その後Aメロが戻りエンディング。Machineに全て管理され地下で生活している人類、その異常さに気づいた主人公クーノーの疑問が歌われます。ブロック、ディブス、チャドウィック作。これ、久しぶりに名曲かも。次の Katie は1分弱のシンセの流れるようなキレイな曲、ブロック作。つながる形で次曲 King Of The World、ドラムと共にハードなギターリフ、すかさずブロックのボーカル。ベースはホーンにチェンジ。2分50秒ほどで終了し、バラード調の In My Room に続く。シンセの重厚なコード進行に乗せてブロックのリードボーカル、突如曲が途切れて、さめざめとしたシンセのパッド音、雷雨のSE、主人公クーノーが垣間見た地上の印象が描かれているようです。ここまでオープニングからほぼ切れ目なしに続いています。少しの静寂の後、スローで重々しいコード進行に導かれた Thursday、前曲同様、ブロック、ホーン、チャドウィックの演奏。中間で演奏の流れが途切れ情景描写に、シンセコード、SEなど目まぐるしく変わる。今作では、このように曲の変化が多彩でコンセプトアルバム然とした作りが特徴、深みを感じます。

続いて威勢の良いメロディアスなチューン Synchronised Blue。「アライヴァル・イン・ユートピア」や「ライト・トゥ・ディサイド」系の楽曲、中間も定番のハードリフでストイックに攻めつつ、シンセが唸ります。デイヴのリード・ボーカル含めてどこもどこかで聞いたことのあるフレーズですが、これがホークスの真骨頂ですね。間奏からブリッジ挟んで、Aメロが戻るあたり、かっこ良すぎですね。最後はフェードアウト。

続く Hexagone は、デッド・フレッドの一人曲。スローテンポのラブリーな小曲。キーボード類とボーカルもフレッドがプレイ。クーノーの母が乗った飛行船の旅のイメージを歌ったもので、ブックレットの同曲の歌詞掲載ページも海の上を飛ぶ飛行船のイラスト。クレジットを見るとフレッド参加曲はこの曲のみとなっていますが、次の曲でバイオリンの音色が聞こえるので、それも彼が演奏してるのではないでしょうか。

浮遊感のある電子音に導かれてブロックの歌声から始まる Living On Earth は、流麗な楽曲で、ブロック、ディブス、チャドウィックの演奏。シンセ中心の演奏に電子音が流れ、文字通りスペースロックが展開されていきます。中間部のバイオリンの演奏もリズミカル、アルバムのハイライト。心地よい演奏がフェードアウトすると、銅羅の音とともにシンセシークエンス、サンプリングされたha-he-という声。ホーン一人曲 The Harmonic Hall、来日公演でHe Ha!と紹介された曲ですね。ステージではホーンがMacを操作していました。Hassan i Sahba を彷彿させる中近東なフレーズ。今回、曲の配置も自然で全体の流れがスムーズ。

1分程度の小ピース、Yum-Yum はコンパートメントの中、アームチェアに包まれて過ごす人類の味気ない食事のイメージでしょうか。続いてクーノーの孤独な心情を歌ったポップでブルージーな A Solitary Man。アルバムに先駆けてネットで公開された曲で、来月には7インチビニールでシングルカットされる予定。ブロック、ディブス、チャドウィックの演奏。フェードアウト後は電子音、不穏なフレーズ、一変、明るいテーマとなって軽快なピアノとブロックのコーラスが遠くに流れるリラックスムードの曲 Tube に。新メンバー、ハズ・ウィートンのベース、チャドウィックのドラム、その他はブロックが演奏。物語のクライマックス、Machineが停止しチューブには困惑した人々が逃げ道を探して殺到し、その後の人間性の回帰を確信するポジティブなイメージ。

最終曲も同じ3人での演奏。大団円に向けてアップなハードナンバー。歌詞パートの後にブロックによる語り。Machineによる管理の終焉、最後に皮肉を込めた「マシーン万歳」が唱えられ終了。最後のサンプリングピアノのよる演奏は、ブロックのソロ「BROCKWORLD」収録の The Last Tango。

アルバム全体の統一感があり、完成度の高さを感じます。いつもよりデイヴのコントロールが強い感じがしますが、それが成功したと思います。先月リリースされたブロックのソロと比較して、やはりホークス名義ということで、完成度は遥かに高いところが嬉しいです。

machinestops002

このアルバムを引っさげて現在UKツアー中のホークス。アルバムの評価はこれから出てきますが、以下のレビューでは「絶対絶命」以来の出来なんて書かれてます。

Hawkwind – The Machine Stops – CD Review

THE MACHINE STOPS リリース!

CHERRY RED RECORDS のアナウンスでは本日発売となっていましたが、2、3日前から本国では流通しており、日本にもすでに入ってきています。ご覧のようにCDはデジパック仕様。image

ブックレットには歌詞が掲載されています。また今回は曲ごとに参加メンバーがクレジットされいます。そして、少し驚いたのはTHE BAND としてバンドメンバーが記載されていますが、以下の表記です。image

今作では、ティム・ブレイクさんが不参加、ツアーメンバーだったフレッド・リーヴス(key,vo)が正式メンバーに、さらに最近のツアーに出演しているハズ・ウィートン(b)もクレジットされています。

ディブス(vo,b)、ホーン(b)のダブルベース体制に、さらにまたベーシストって、どういうことなんでしょうか。

各曲ごとの参加メンバーが記載されていて、その内容から見ると、このメンバーが全員参加している曲はなく、一曲あたりの参加メンバー数はコンパクトになっており、デイヴのソロプロジェクト的な体制のようにもみえます。

数ヶ月前にデイヴのソロがリリースされましたが、今作のベースになった曲もあると記載されており、デイヴのソロワークが拡大されてホークス作品になったという印象。まぁでもこのパターンがホークスの通常の形ではありますね。

リーヴスは自作曲でソロプレイしているだけで、その他のキーボードは全てデイヴの演奏。そういう意味では、スタジオ作ではキーボード奏者が不要だったのかもしれませんが、ブレイクさんが不在なのは残念です。リーヴスのプレイが一曲だけで、ホークスナンバーて彼のオルガンが全面に出なかったのは良かったと思いますが。hwtms

前置きが長くなってしまいましたが、久しぶりのフルスタジオ収録の今作、ほぼ期待通りの出来で、レジェンド健在といった趣きです。フォースターの同題ノベルのコンセプトに忠実に作られたことで、筋の通った完成度になっています。

ジャケットは、最近よく起用される関連バンド、クレルのマーティンMが担当。原作ノベルの主人公クーノーをイメージしたものと思われます。

各曲レビューは改めて行います。

新作収録曲でしたね

最新スタジオアルバムの情報がCHERRY REDのサイトに掲載されています。4月15日発売予定。

曲目も発表され、先月、昨年のステージをとらえた映像が新作収録曲ではないかとお伝えしましたが、アルバムの1stトラックのタイトルですね。All Hail The Machine。
CD、アナログレコード、ともに14曲収録で内容は同じ。レコードは33rpmのLPと45rpmの12インチEPという仕様。CDの方は、後からデジパック仕様がリリースされるかもしれません。
海外サイトではプレビューが始まっています。

また最近のオフィシャル画像では、昨年秋からギグに参加しているベースプレイヤーが映っています。

左からホーン(b)、チャドウィック(Dr)、新ベースプレイヤー、ディブス(vo/g/b)、ブロック(g)、リーヴス(key)。ブレイクは映っていませんが在籍中。

1280x720

スプリング・ツアー終了/サイモン・ハウス 新作ソロはセルフカバー SPIRAL GALAXY REVISTED

☆スプリング・ツアー終了

MISSION CONTROL にライヴ画像がアップされましたが、3月下旬から4月上旬にかけて UK ツアーが実施されました。注目のラインナップは、デイヴ、ロン、ジェリー、チャドウィックに加え、レギュラーメンバーとなったナイブトン(Key)、さらにデイヴィ、ハウス、ヒュジェット(Sax)、リズも参加したようです。デイヴィは同時に自己のバンド、ベドウィンでもステージ参加、さらにラントン・バンドも登場したそうです。画像を見る限りではロンはベースを弾いていないようなので、デイヴィがレギュラーメンバーのような感じですね。

☆サイモン・ハウス 新作ソロはセルフカバー SPIRAL GALAXY REVISTED

以前からリリース情報が先行していたサイモン・ハウスのソロがリリースされています。THE ELF & THE HAWK を突如リリースしてビックリさせたイタリアの BLACK WIDOW からのリリース。しかもLPまで同時にリリース。タイトルは、あの Spiral Galaxy が冠されています。REVISITED とあるように、過去の彼のペンになる曲をセルフカバーしており、ほとんどがホークス用に書かれた曲から選曲されています。今までに4枚のソロをリリースしているハウスですが、打ち込みによるリズムとシンセにバイロイン・ソロを被せるといった手法で、キーボディストというよりは、バイオリニストの面を強調していました。私個人的にはむしろ彼のキーボード・ワークに惹かれる部分が強く、やや物足りなさを感じていましたが、今作はキーボードのプレイも積極的で、彼のソロでは最もいい感じの出来ではないかと思います。また今までの楽曲では単調さが感じられたのですが、今回は各曲とも抑揚が出ている点が良いです。Spiral Glaxy 28948、The Forge Of Vulcan、Hall Of The Montain Grill、Chronoglide Skyway、Damnation Alley (このアルバムではタイトルが変わっていますが) などの曲が新たにプレイされています。


BLACK WIDOW – CD: BWRCD 047-S / LP: BWR 047
上がCD、下がLPで中身は同じです。しかし未だにアナログ盤まで出すとは、BLACK WIDOW気合入っていますよね〜。

Xマス・パーティーの詳細

前回お知らせしましたように、MISSION CONTROLにパーティの模様が画像でアップされていますが、ギグの曲目、及び出演者が分かりましたので報告します。

Intro
Levitation
Hippy
Spacebrock
Space Is Deep
Flying Doctor
Warrior On The Edge Of Time
Angels Of Death
High Rise
Damage Of Life
Lighthouse
Texas Calling/Sonic Attack
Free Fall
Motorway City
Hurry On Sundown
Spirit Of The Age
Assassins Of Allah

Flying Doctor が久々ですね〜。メンバーはブロック、デイヴィ、リチャーズ、ナイブトンが中心。
ハウスとベインブリッジ、ブレイクがかなりの割合でステージ立ちました。J.リチャーズとロンは出たり入ったり。
ゲスト参加がラントン、ムアコック、リズ、J.ヒュジェット。
デイヴィが出ずっぱりなので、ロンはボーカルのみ。ラントンは Hurry On のみ、ムアコックはテキサスから電話で朗読参加、リズはラストの Assassins のみ、謎のサックスはジェズ・ヒュジェットという人で4曲ほど吹いていたそうです。
この布陣をみるとまるでデイヴィが正規メンバーのような扱いになっていますね。正式復帰なのか未だはっきりしません。ただベドウィンを継続しているので、今回のみかな。またジェネレーターを担当しているキース・ナイブトンは Hawkestra にも参加していたそうですが、今後正規メンバーになるのか注目されます。この人のプレイは見に行ったファンには好評だったそうです。ブレイクも気になりますね。いずれにしてもお祭り的なギグなので、ここでは正規メンバーは判定できないですね。3月から行われるツアーで正式メンバーがはっきりすると思います。

☆ノッティンガム’90
VOICEPRINT から NOTTINGHAM 1990 のリリースが遅れていますが、最近 LEGENDS COLLECTION というアルバムがリリースされそうだという情報が出ています。内容の正確な情報は伝わっていませんが、 NOTTINGHAM 90 と同じビデオ LIVE LEGENDS 収録のものと同じという噂になっています。またまたダブりものになってしまうのでしょうか。情報入り次第報告します。

HAWKESTRA 会場での新譜

多分世界一早い新譜情報です。HAWKESTRA 会場で、リリースが待たれていた HAWKVP シリーズが一挙売っていました。WEIRD シリーズに加えこの FAMILY TREE 以外にもう1枚ありました。確認しようとして、休憩時間に見に行ったのですが、もう店を閉められていて確認できませんでした。その他、HAWKWIND FESTIVALS というビデオも発売されていました。PALなので入手しませんでしたが、いずれNTSCも出ると思います。これは、普通の流通にのるか、MSSION CONTROL での会員のみの販売になるか不明です。
このCDは HAWKVP13 というナンバーです。ブロックのソロ作品、J.リチャーズやチャドウイックのサイド・プロジェクト等の周辺活動を集めたものです。リチャーズはホークスと平行していくつかのユニットを持っているようで、ここでは2つのユニットによるスタジオ録音が聴けます。インスト曲で打ち込みのようなリズムが繰り出されています。チャドウイックの方は今風のクラブ・ミュージックのような洗練されたサウンドに仕上がっており、彼の趣向が伺われます。こういうのを聴くとチャドウイックって結構上手いタイコ屋さんだったと実感。後はロンのソロ・ユニットも収められています。ブロックのソロは一連のソロ作品のような打ち込みベースのサウンド。このCDを含む今回の一挙リリースは果たしていつ頃流通に乗るのでしょうか。まだ UK 国内にも出回っておりません。
いずれにしてもEXILES さん、またまたレヴューが大変なことになりますよ!特に WEIRD は同時にリリースされると大変ですね。このサイトもディスコグラフィで WEIRD (当時リリースされたカセット・テープ版) を掲載予定ですので、一緒に他のアルバムとの収録曲重複チェックですね!

FAMILY TREE
一瞬、ノバリスかと(笑)、あれと同じクリムトの絵が使用されています。ピクチャー・ディスクです。また例のトークンはちゃんと付いていて、安心しました。その他の WEIRD シリーズもあのトホホ・ジャケでした。

WEIRD TAPES
今回リリースされるのは、80年代に通販でリリースされたカセット・テープによるホークスの過去のライブ&スタジオ・テイク及びブロックのソロ・ワークスを集めた WEIRD TAPES のCD版。カセットでは全8巻ありましたが、現在の情報ではそのうち1から7までということらしいです。8は60年代のブロックの Buskers 時代の音源や70年代初期のホークスのライブ・テイク集で、DAWN OF HAWKWIND (BP309CD) に収録されているテイクと一部ダブっているので、今回は見送られたのではないかと推測しています。
これが全てリリースされれば残りは NOTTINGHAM 90 で一応当初の予告分は完結します。