DVD「極悪レミー Overkill Edition」必見

極悪レミー Overkill Edition

映画「極悪レミー」のDVDの日本盤が発売されました。
初回限定の2枚組、Overkill Edition のボーナスディスクには Hawkwind というコーナーが収録されています。
さっそく確認してみました。
ニックさんが、サックス吹いている、、歌ってる、、え?こんなシーン本編になかった!
ニック、デイヴ、ステーシア、レミー本人らのインタビューの内、本編の編集でカットされた部分を追加収録。
レミー脱退時のより詳細な話、当時のバンド内の力関係、ホークスが当時のシーンでどのような存在だったのか、どう影響力があったのか、など本編未収録の大変興味深い話が出てきます。特に当事者の発言だけにとてもリアルです。
またアリス・クーパーやジャーヴィス・コッカーらのホークスについてのコメントもより多く収録。本編は(当然のことながら)レミーに関しての事柄が中心ですが、ここではホークスについての話題が多くなっています。結果この Hawkwind コーナーは20分に延長されています!(本編でのホークス部分は6分ほどでした)
これはもうホークスファンは絶対的必見です。来日のちょうど1ヶ月前の本日の発売、なんとタイムリーなんでしょうか。
ニックさん、インタビュー中シルバーマシンのサックスアドリブとか例によって楽しいおじさんです。それにしても、人がいいというか、損な役回りなのは昔からなんですね。レミーの解雇については、今では笑い話になっているのが幸いですね。