PROG 最新号はホークウインド 50周年特集

PROG No103
PROG NO.103 (Oct.2019)

英プログレ専門誌PROG。今号は結成50周年を迎え新作ALL ABOARD THE SKYLARKのリリース、50周年記念ツアーを控えたホークウインドの特集を掲載。特集記事は3部構成で、デイヴ・ブロックのインタビュー、カルバートの再評価記事、ステイシアへの最新ロングインタビューとなっています。この表紙にステイシアのコメントがありますが、ホークスファンはどこに行っても会えるし、人生を通して旧知のファミリーと呼べる存在だと語っています。興味深い記事と多くの写真も掲載されており見応えがあります。各ページにはホークス代表作のミニレビューも掲載されています。

ブロックのインタビューでは今作のタイトルであるSkylarkは古典スペースオペラの作家、E.E.スミス作「スカイラーク・シリーズ」の宇宙船スカイラーク号や1940年代から50年代にイギリスの各地の港に出入りしていたボート旅行者たちがスカイラークと呼ばれていたことなどからインスパイアされたとのこと。スカイラーク号はバンド「ホークウインド」の象徴であることが語られています。バンドを振り返り、ジェネシスやピンク・フロイドと違って最初からメインストリームのバンドとは一線を画すアンダーグラウンドのバンドであること。バンドでの大金稼ぎは創作意欲を削ると言い切り、ほどほどの稼ぎにすべきという持論です。ホークスを続けることはビジネスではなく、自身が本当に楽しむためにやっているとのこと。

PROG No.103

カルバート記事は来年リリースされるホークスのバイオ本Hawkwind: Days Of The Undergroundの作者、ジョー・バンクスの執筆。関係者のコメントが多く、その個性的な人物像を再評価するに十分な内容となっています。

PROG No.103

そしてステイシアへの直接インタビュー、今までほとんど語られていなかったステイシア本人が語る内容はとても興味深いです。ホークスからの離脱については語ることはできないと避けています。推察するに、彼女の本意ではなかったようです。今でも、ホークスファミリーの一員という意識はあるように感じるコメントでした。現在現代アートの作家ですが、広島、長崎の悲劇からピースワークと称する創作を自身のメインワークとしており、日本にも3回訪れています。最近はあるバンドと共同でアルバムを作っているとか、またプライベートについてもかなり語っています。

PROG No.103

以上は記事のほんの一部で、多くの興味深い内容が盛りだくさんです。また今号ではPROG AWARDS 2019の授賞式の様子もレポートされています。WARRIOR ON THE EDGE OF TIMEがCLASSIC ALBUM AWARDSを受賞したので、授賞式でのブロックの様子も掲載されています。付録CDはホークス特集にちなんでSONIC ATTACKSと名付けられていますが、内容はホークスとは関係のないバンドたちのサンプル集です。