マイケル・ムアコック激白

先日(12月5日)にクロアチアのロック情報サイトPERUN.HRにマイケル・ムアコックの最新インタビューが掲載されました。そこで、今までは詳しく語っていなかったデイヴ・ブロックとニック・ターナーの確執について、ムアコック自身の意見を具体的に語っています。はっきり言ってますが、ホークス・ファミリーの中で、ブロックはトラブルメーカーであり独裁者だと非難しています。バンドメンバーを攻撃し、分割と支配をモットーとしている。理由はお金、引退後の社会保障など自身のことしか考えていないと評しています。ムアコックはこのところ、SPIRITS BURNINGでのコラボレーションやニック・ターナーやアラン・デイヴィのプロジェクトに頻繁に参加しています。そうした中でホークスファンがムアコックとブロックが友人であると思っていることに不安を感じたので、ホークスについて自分の考えをオープンにしたとのこと。

この記事を見つけたのはMr.ディブスがリツイートしていたからで、彼の脱退もそういう問題だったのだろうと思います。

LIVE CHRONICLEの初回版のリリースの際、ムアコックの朗読部分が含まれなかったのは、リリース元が誰なのかブロックは嘘をついたので、ムアコックが取り下げさせたことが理由のようです。あのアルバムはダグ・スミスの設立したレーベルでしたので、おそらくスミスに対して反感を持っているのかもしれないです。その後アルバムのレーベルが変わったので、元々は気に入っていたので、戻したそうです。あのツアーではラントンの演奏が好きだったとのこと。

ユナイテッド・アーティスツに残したソロアルバムTHE NEW WORLDS FAIRについてはサイモン・ハウスが記譜をして貢献したそうです。またレミー、テリー・オリス(サイモン・キングの間違い?)、クマ・ハラダ、スノーウィ・ホワイトらが関与していたが、ブロックが参加したことは覚えていないとのこと。アルバムのクレジットはダグ・スミスが間違えたのではないかと言ってます。

カルバートの2ndソロLUCKY LEAF AND LOGSHIPSに参加した時、イーノがプロデューサーだった訳ですが、そのイーノとの協働について、インテリジェンスとコミュニケーションに長けていて、しっくりきたと評しています。カルバートは録音時には規律正しかったとのこと。

そのほかにも当時のシーンのこと、レミーのことなど、色々と語っています。