クオークのジャケット製作者のコメント

ホークウインドのアルバム・カバーの中で、唯一HIPGNOSIS(ヒプノシス)が手がけたQUARK STRANGENESS AND CHARM(クオーク・ストレンジネス・アンド・チャーム)。デザインはヒプノシスがしていますが、その実作業は外注されています。当時は当然ながら完全な手作業。カラープリントした写真を切り抜いてコラージュしたり、その上からエアブラシなどで加工するなどのレタッチを駆使していました。

Hawkwind/Quark Strangeness And Charm
1950年代のSFをイメージしたというアートワーク
私所有のこのジャケは、S.ハウス以外の4名の直筆サインが書かれたもの

その作業を行なっていたリチャード・マニング氏のサイトで、クオークのカバーについてのコメントがありました。文字盤を切り貼りしたとか、光線や稲妻のようなラインは全てエアブラシで作業したなど。なおこのロケ地は、ピンク・フロイドの「アニマルズ」で有名なバタシー発電所の内部です。

Hawkwind/Quark Strangeness And Charm
デザインにヒプノシス、グラフィックにジェオフ・ハルピンという記載がありますが、マニングのクレジットはありません。

HAWKESTREL 第2弾プロジェクトはトッド・ラングレン/L.シャンカーとのコラボ

HAWKESTREL / Circles
HAWKESTREL / Circles (2019) Digital Download

アラン・デイヴィの新プロジェクトHAWKESTREL(ホーケストレル)は本年1stアルバムをリリース、ホークウインドの過去のメンバーが大勢参加した一大プロジェクトですが、その新曲がディストリビューションを行なっているPURPLE PYRAMIDからデジタルリリースされました。これが驚きのゲスト、トッド・ラングレンがギター、L.シャンカーがバイオリンで参加、さらに曲はUSの若手ラッパー、ポスト・マローンの本年の新曲「サークルズ」のカバーという選曲も意外。こちらの公式ページで無料視聴できます。原曲のニュアンスそのままのメロディアスで美しいもので、シャンカーのバイオリン・ソロ、ラングレンのギター・ソロがフィーチャーされインストルメンタルとしています。バックにメロトロンと電子音が多少鳴っていますが、AORに通じるような仕上がり。このゲスト2名の御大もPURPLE PYRAMIDでアルバムリリースしているので、コラボはスムーズにできたようですね。シャンカーはインド人のバイオリニスト。あのラヴィ・シャンカールとは別人です。P.ゲイブリエルなど数多くの大物アーティストに起用されてきたベテラン。来年リリースされるというホーケストレルの2ndアルバムも楽しみになってきました。