SPIRITS BURNINGの新作はマイケル・ムアコック/ブルー・オイスター・カルト/ホークスメンのコラボ

カリフォルニアでプログレ、スペースロックを長年展開しているキーボード・プレイヤー、ドン・ファルコネのSPIRITS BURNINGの最新プロジェクトはマイケル・ムアコックとの連名。そこに過去にも招聘したことのあるBLUE ÖYSTER CULTのアルバート・ブーチャードが作曲、ボーカル、各種楽器の演奏でコアスタッフとして参加した企画もの。

SPIRITS BURNINGは、デヴィッド・アレンを招いてのアルバムから、ブリジット・ウィシャートとのコラボ、CLEARLIGHTのシリル・ヴェルドーなどサイケ&スペースロック関連のアーティストとの共作を意欲的に展開してきました。

ウィシャートとのコラボをはじめ、過去参加したホークスメンは、ざっと見渡すと、アラン・デイヴィ、ハーヴィー・ベインブリッジ、スティーヴ・スインデルズ、サイモン・ハウス、ダニー・トンプソン、ポール・ヘイルズ、リチャード・チャドウィック、スティーヴ・べマンドなど。

今回はムアコックの全面的な協力(作詞、バックコーラス)のもと、アルバート・ブーチャードに加え、ドナルド・バックダーマ・ローザー(ボーカルでの参加ですが)、リッチー・カステラーノなどのBÖC勢の参加、そこにホークス関連はミック・スラットリー、エイドリアン・ショウ、ベインブリッジ、ウィシャートらが参加。

ホークスとBÖCに直接的な関係はありませんが、ムアコックが関わったロックバンドという共通点、英米では双方好きだというファンが多いという共通点もあります。

今回、ファルコネがムアコックとのプロジェクトを行うにあたり、当然のようにムアコックの関わった英米2バンドの関連ミュージシャンにコンタクトし双方の顔合わせとなったわけです。アルバムタイトルのALIEN HEATはムアコックの小説のタイトル、各曲もムアコックの小説と関わりのあるコンセプトで構成されています。ブーチャードが大半の作曲にかかわっているため、BÖCテイストが濃い印象ですが、元々のSPIRITS BURNINGらしい軽めのサイケ調な曲調と相まって、BÖCほどのハードロック感は薄いです。また、ムアコックのソロアルバムにみられるブルージーなカントリー調もあり、今ムアコックがソロ作リリースしたらこうなるんじゃないかという感じもあり、そこそこ楽しめました。

BÖCは、USのベテランバンドらしくテクとセンスも素晴らしいグループ。その名の通りカルトな魅力に溢れているバンドで、どのアルバムも時期ごとに特徴があり楽しめますが、私は後期というか80年代後半からの作品も好きですし、構成美という点で、88年のIMAGINOSが特に好きです。

日本盤はオカルティックなタイトルが多く、それ方面と思われがちですが、基本は陽気で幅広い音楽性に富んだUSハードロックであり、その中のバリエーションとしてコンセプチュアル志向な曲とか、リフのかっこいい曲など、巧みなアレンジによってバラエティ豊かに展開。それらでセンス良いギターを弾くバックダーマ、高域を活かしたブルームのボーカル、ツボを得たキーボードワークの故アラン・レニアーなど役者も揃っています。キリがないのでBÖCについてはまたの機会に。

ムアコックの久々のロックシーンへの接近ですが、USでの住まいのあるオースチンのローカルサイトに最新インタビューが掲載されています。

https://www.austinchronicle.com/daily/music/2019-03-28/qa-michael-moorcock-plays-hawkwind/

なんと自身のバンドDEEP FIXは未だあるようで、おそらくUSに移住してからも、現地のミュージシャンと何らかの活動があったようです。ただ神経障害があり、ハーモニカをプレイするくらいしかできないとのこと。

そしてホークウインド についても語っています。ターナーとブロックの確執については、双方の言い分も分かるとのこと。しかし、スタンスとしてターナーに賛同しており、ターナーとの共演はする方向とのこと。同じようにUSに移住しているアラン・デイヴィとも継続的にコンタクトしており、今回NORTH AMERICAN SPACE RITUAL 2019への出演が決定。ターナー、デイヴィとMOONHAWKSというプロジェクト名で3月29日30日に出演しました。