ホークウインド最新作”ALL ABOARD THE SKYLARK”10月発売!

Hawkwind / All Aboard The Skylark
2CD: Cherry Red Records – CDBRED782
Vinyl Edition: Cherry Red Records – BRED782

やはりレコーディングされていたようです!スタジオ最新作All Aboard The Skylarkというタイトルで10月25日にリリースされるとのこと。11月の50周年記念ツアーに向けてですね。今回もCDに加えて1000枚限定のLPをリリース。
トラックリストです。

All Aboard The Skylark

  1. Flesh Fondue
  2. Nets Of Space
  3. Last Man On Earth
  4. We Are Not Dead…Only Sleeping
  5. All Aboard The Skylark
  6. 65 Million Years Ago
  7. In The Beginning
  8. The Road To…
  9. The Fantasy of Faldum

アルバムタイトルは「スカイラークに乗船を!」という感じですね。Skylarkはヒバリですが、空に向かって羽ばたくという意味もあり、その名を冠した宇宙船ということでしょう。まさにホークスらしい前進を意味しています。カバー、各曲タイトルも相変わらずスペース・ロッカーらしい。参加は現在のレギュラーメンバーである4人、デイヴ・ブロック(G/Vo/Key)、リチャード・チャドウィック(Dr/Vo)、ナイル・ホーン(B)、マグナス・マーティン(Key/G)。
カバーアートはThe Machine Stops(2016)やInto The Woods(2017)を担当したマーティン・クレルと思います。またまた「永劫の宮殿」風朽ちた宇宙船です。
各曲タイトルを見ると、全曲新曲と思われます。オープナーは「チャーチ・オブ・ホークウインド」のStar Cannnibalの歌詞です。終曲はヘッセの寓話「ファルドゥム」をベースにしたとのこと。以前、古巣ロックフィールドでレコーディングしているらしいと報じましたが、現時点では明らかではありません。前作The Road To Utopia(2018)はブロックの農場スタジオではない録音のためか、良音質だったので、ロックフィールドだと嬉しいのですが。
LPは1枚で上記のトラックが収められており、CDは2枚組でCD1は上記の本編、CD2はAcoustic Dazeと名付けられたボーナスディスク。その名の通り、ここ数年ステージのオープニングで披露しているアコースティックセットを再現したもの。

Hawkwind / Acoustic Daze

Acoustic Daze

  1. Psy Power
  2. Hymne To The Sun
  3. The Watcher
  4. Generator Door
  5. Micro Man
  6. Intro The Night
  7. Down Through The Night
  8. Flying Doctor
  9. Get Yourself Together
  10. Ascent Of Man
  11. We Took The Wrong Step Years Ago

2016年から毎年1作キッチリと新作をリリースするホークス、ツアーも欠かさず行っており、枯れない創作意欲、実に頼もしいですね。50周年記念作、指折り数えて待ちましょう。なお11月のツアーの後、年末に50周年最後のファンサービスHawkfestの実施の準備もしているそうです。

<2019年8月11日追加>CDのボーナスディスクACOUSTIC DAZEもLPリリースされるとのこと。(Cherry Red Records – BRED783)

PROG誌 2019カバー・オブ・ジ・イヤー・ノミネート

英PROG誌の年間アワードで、2018年リリースしたRoad To Utopiaがジャケットデザインを競うアルバム・カバー・オブ・ジ・イヤー部門でノミネートされています。ここでは過去(2013年)にブロックが生涯業績賞を受賞しています。しかし何でまたこのジャケがノミネートされたんだか、中身のほのぼのとしたコンセプトをうまく表現しているからかもしれません。ぜひ投票を!

ATOMHENGEレーベル 再発記念コンピレーション・セット情報

 先月このサイトでお知らせしました、旧作の正規再発を行う CHERRY RED のATOMHENGE レーベルからの第1弾リリースは、コンピレーション盤になります。予定では今週のリリースです。その内容が分かりました。

仕様は3枚組CDセットで、予定通り2セット発売されます。  

それぞれのタイトルは以下です。

SPIRIT OF THE AGE: ANTHOLOGY 1976-1984
[FROM ATOMHENGE TO EARTH RITUAL] 

DREAM GOES ON: ANTHOLOGY 1985-1997
[FROM BLACK SWORD TO DISTANT HORIZONS] 

サブタイトルに記されているそれぞれのアルバム・リリースの間をコンピレーションしたということですね。以下、収録曲一覧になります。特に注目のトラックについては、色をつけてみました。

SPIRIT OF THE AGE: ANTHOLOGY 1976-1984
[FROM ATOMHENGE TO EARTH RITUAL] 

Disc 1:

01. Reefer Madness [fully extended previously unreleased version – ‘Astounding Sounds, Amazing Music’ – 1976]

02. Kadu Flyer [‘Astounding Sounds, Amazing Music’ – 1976]
03. Steppenwolf [‘Astounding Sounds, Amazing Music’ – 1976]
04. Kerb Crawler [‘Astounding Sounds, Amazing Music’ – 1976]
05. Back On The Street [A-side of 1977 single]
06. Dream Of Isis [B-side of 1977 single]
07. Quark, Strangeness & Charm [‘Quark, Strangeness & Charm’ – 1977]
08. Spirit Of The Age [‘Quark, Strangeness & Charm’ – 1977]
09. Damnation Alley [‘Quark, Strangeness & Charm’ – 1977]
10. Hassan I Sahba [‘Quark, Strangeness & Charm’ – 1977]
11. Over the Top [SONIC ASSASINS recorded live @ Queens Hall, Barnstaple 23-12-1977]
12. Golden Void [SONIC ASSASINS Recorded live @ Queens Hall, Barnstaple 23-12-1977]
13. PSI Power [‘Hawklords: 25 Years On’ – 1978]
Total Play Time – 77:13

Disc 2:

01. 25 Years [previously unreleased alternate mix from Roundhouse studios 14-03-1979]
02. Freefall [previously unreleased non-cross-faded mix made at Wessex studios 15-08-1978]
03. Only Ones [previously unreleased non-cross-faded mix made at Wessex studios 15-08-1978] 
(cross-faded mixes appear on the album ‘Hawklords: 25 Years On’ – 1978)

04. Uncle Sam’s On Mars [‘PXR 5’ – 1979]
05. Jack Of Shadows [‘PXR 5’ – 1979]
06. High Rise [‘PXR 5’ – 1979]
07. Robot [‘PXR 5’ – 1979]
08. Shot Down In The Night [A-side of single released in June 1980]
09. Brainstorm [‘Live 1979’ – 1980]
10. Motorway City [‘Levitation’ – 1980]
11. Levitation [‘Levitation’ – 1980]
12. Space Chase [‘Levitation’ – 1980]
13. Who’s Gonna Win The War [A-side of single – released November 1980]
14. Nuclear Toy [B-side of single – released November 1980]
15. Transdimensional Man [B-side of single – Released in October 1981]
Total Play Time – 78:49

Disc 3:

01. Angels of Death [previously unreleased alternate single version recorded & mixed at Rockfield studios in June 1981]

02. Rocky Paths [‘Sonic Attack’ – 1981]
03. Virgin Of The World [‘Sonic Attack’ – 1981]
04. Nuclear Drive [‘Church Of Hawkwind’ – 1982]
05. Some People Never Die [‘Church Of Hawkwind’ – 1982]
06. Psychedelic Warlords [B-side of single – released August 1982]
07. Silver Machine [A-side of single – released August 1982]
08. Choose Your Masques [‘Choose Your Masques’ – 1982]
09. Dream Worker [‘Choose Your Masques’ – 1982]
10. Waiting For Tomorrow [‘Choose Your Masques’ – 1982]
11. Arrival In Utopia [‘Choose Your Masques’ – 1982]
12. Utopia `84 [‘Zones’ – 1983]
13. Social Alliance [‘Zones’ – 1983]
14. Dragons & Fables [‘Earth Ritual Preview’ 12″ EP – Released March 1984]
15. Night Of The Hawks [‘Earth Ritual Preview’ 12″ EP – Released March 1984]
16. Stonehenge Decoded [‘This Is Hawkwind-Do Not Panic’ – 1984 – live @ Stonehenge 20/21-06-1984]
17. Orgone Accumulator [‘Undisclosed Files Addendum’ – 1995 – live@ Sheffield University – 1984]
Total Play Time – 79:48 

特にDisc1、2にある CHARISMA 時代の non-cross-faded バージョンが、かなりの確率で初登場の可能性があります。Disc3の01はシングル盤のテイクのような気がします。その他、やはりシングルB面曲、12インチシングルバージョンなども、未聴の方には新鮮かと。続いてもう一方のセットは以下です。

DREAM GOES ON: ANTHOLOGY 1985-1997
[FROM BLACK SWORD TO DISTANT HORIZONS] 

Disc 1:
01. Song Of The Swords [‘Chronicle Of The Black Sword’ – 1985]
02. Shade Gate [‘Chronicle Of The Black Sword’ – 1985]
03. Needle Gun [‘Chronicle Of The Black Sword’ – 1985]
04. Zarozinia [‘Chronicle Of The Black Sword’ – 1985]
05. Master Of The Universe [‘Live Chronicles’ – 1986 – live @ Hammersmith Odeon 3/4-12-1985]
06. Dreaming City [‘Live Chronicles’ – 1986 – live @ Hammersmith Odeon 3/4-12-1985]
07. Moonglum [‘Live Chronicles’ – 1986 – live @ Hammersmith Odeon 3/4-12-1985]
08. Elric The Enchanter [‘Live Chronicles’ – 1986 – live @ Hammersmith Odeon 3/4-12-1985]
09. Conjuration Of Magnu [‘Live Chronicles’ – 1986 – live @ Hammersmith Odeon 3/4-12-1985]
10. Magnu [‘Live Chronicles’ – 1986 – live @ Hammersmith Odeon 3/4-12-1985]
11. Dust Of Time [‘Live Chronicles’ – 1986 – live @ Hammersmith Odeon 3/4-12-1985]
12. Cajun Jinx [‘Out & Intake’ – 1987]
13. War I Survived [‘Xenon Codex’ – 1988]
14. Heads [‘Xenon Codex’ – 1988]
15. Lost Chronicles [‘Xenon Codex’ – 1988]
16. Wastelands Of Sleep [‘Xenon Codex’ – 1988]
17. Wings [‘Space Bandits’ – 1990]
18. Ship Of Dreams [‘Space Bandits’ – 1990]
19. T.V. Suicide [‘Space Bandits’ – 1990]
Total Play Time – 78:07

Disc 2:
01. Images [‘Space Bandits’ – 1990]
02. Back In The Box [‘Palace Springs’ – 1991]
03. Treadmill [‘Palace Springs’ – 1991]
04. Lives Of Great Men [‘Palace Springs’ – 1991]
05. Void Of Golden Light [‘Palace Springs’ – 1991]
06. Eons {Snake Dance} [‘California Brainstorm’ – 1992 – live @ Omni Club, Oakland, California 16-12-1990]
07. Ejection [‘California Brainstorm’ – 1992 – live @ Omni Club, Oakland, California 16-12-1990]
08. LSD [‘Electric Tepee’ – 1993]
09. Mask Of Morning [‘Electric Tepee’ – 1993]
10. Secret Agent [‘Electric Tepee’ – 1993]
11. Letting In The Past [‘It Is The Business Of The Future To Be Dangerous’ – 1993]
12. Camera That Could Lie [‘It Is The Business Of The Future To Be Dangerous’ – 1993]
Total Play Time – 77:51

Disc 3:
01. Space Is Their {Palestine} [‘It Is The Business Of The Future To Be Dangerous’ – 1993]
02. Dream Goes On [‘Business Trip – Live’ – 1994]
03. Right To Decide [‘Business Trip – Live’ – 1994]
04. Dream Has Ended [‘Business Trip – Live’ – 1994]
05. This Future [‘Business Trip – Live’ – 1994]
06. White Zone [‘White Zone’ – 1995]
07. Psychedelic Warlords [‘White Zone’ – 1995]
08. Sputnik Stan [‘Alien 4’ – 1995]
09. Death Trap [‘Alien 4’ – 1995]
10. Alien I Am {Roswell Edit} [‘Area S4’ EP – 1995]
11. Love In Space [‘Love In Space’ EP – 1997]
12. Lord Of Light [‘Love In Space’ EP – 1997]
13. Distant Horizon [‘Distant Horizons’ – 1997]
14. Phetamine Street [‘Distant Horizons’ – 1997]
15. Waimeia Canyon Drive [‘Distant Horizons’ – 1997]
16. Alchemy [‘Distant Horizons’ – 1997]
Total Play Time – 79:08

最初のセットに較べると、こちらは特に初登場テイクがなさそうで、地味な印象です。とはいえ、California Brainstorm など(おそらく)今回の再発予定にない Live Chronicles、Xenon Codex、Space Bandits、Palace Springs、Electric Tepee、It Is The Business、 Business Trip、White Zone からも選曲されています。

2009年1月30日追加>>上記 ELECTRIC TEPEE、LIVE CHRONICLES などすでにリリースされましたので、発売予定アルバムはかなりの種類に及びそうです。 

ブックレットには、ホークス本を書いたイアン・エイブラハムズが寄稿しているとのこと。
またアルバム群の再発スケジュールは 来年2009年早々から開始されるとのことです。 

このセット、その後の再発アルバム、管理人は購入することになりますが、ひさびさの月刊ホークウインドになることは必至です(汗


準メンバー ジェイソン・ステュアート急逝

Jason Stuart

 最新DVD KNIGHTS OF SPACEにも参加、ここ数年準メンバーで参加していたキーボードプレイヤーのジェイソン・ステュアートですが、先月(2008年9月)病により急逝しました。ホークスに、ジャージーなエッセンスを導入し、アダルトなムードをもたらしていた彼ですが、まだ40という齢でした。追悼の意を表します。

新作DVD/CD KNIGHTS OF SPACE

Hawkwind / Knights Of Space DVD
DVD: LANDMARK 74420 (NTSC) 
Hawkwind / Knights Of Space CD
  CD: LANDMARK 74489

 本年度オフィシャル・リリースの目玉。2008年7月にリリース。同時にCDもリリースされました。内容は昨年(2007年12月19日)のロンドン、ASTORIAでのXmasギグ。そのライヴドキュメンタリー。当日のセットリストと合わせてみると、アンコール含めて丸ごと収録されています。わずか半年ほど前のホークスの本国ステージがまるごと視聴できるなんて、本当、良い時代になりました。ちなみに日本のショップには早いところでは、7月下旬には入荷しましたが、英国では8月にはいってから入手できるようになりました。ホークスのオフィシャル・リリースは、ここ数年、そのような傾向にあります。うれしい限りですが、、なぜでしょうね?

 当サイトは近日にディスコグラフィのメンテナンスを行い、レビューをアップしますが、さわりを少しお伝えします。
バンドメンは、現在の正式メンバーの3人、デイヴ・ブロック(g/key/vo)、リチャード・チャドウィック(dr/vo)、Mr・ディブス(b/vo)。それに、前述の故ジェイソン・ステュアート(key)、ティム・ブレイク(key/vo)という布陣。

 ブレイクは交通事故から復帰後、ホークス参加が増えています。ジェイソンのキーボードプレーは歴代の奏者の中でもトップクラス。ピアノ音源の多用が目立ちますが、安定したバックプレイヤーに徹しており、そのおかげでブレイクさんは、リードプレイヤーとして、ショルダーキーボードで存分に弾きまくっています。デイヴとのツイン・テルミンがおもしろいです。また、アラン・デイヴィ脱退後、正式にベースプレイヤーの座についたディブスは強烈な個性はないものの、ジェイソン同様90年代からサポートをしてきた経験から、やはり安定したプレー。全体に落ち着いた演奏で、エキサイティングな面は皆無。少々物足りないむきもあるかと思います。結成38年目、さすがに円熟ということでしょう。

 曲目は70年代のオールドと90年代の ALIEN 4 からという組み合わせ。なにゆえに ALIEN 4 かというと、ディブスやジェイソンが初めて参加したのが、ALIEN 4 ツアーということで、比較的なじみ深いからではないかと思います。

 例によってバンドメン以外にもステージにはパフォーマーが登場しています。このチープさ、、いい加減にこちらは不要な気もしますが、ブロックさんもこればかりはやめられないみたいですね。
なおCDはこのDVDのサウンドトラックまんまですので、よほどのコレクターでないかぎり、DVDのみで十分です。 

怒濤の旧作再発情報(今度はバンド公認リリース)

CHERRY RED RECORDS logo
atomhenge logo

 以前から、コンピレーションをちょこちょこリリースしていた CHERRY RED RECORDS ですが、本年8月に、プレスリリースとして旧作の一挙発売の連絡が届きました。
彼らの新しいレーベル Atomhenge からのリリース予定で、バンド公認ということ。再発される予定のCDは以下の通り。すべてエクスパンデッド・リマスターを施すとのこと。

Astounding Sounds, Amazing Music
Quark, Strangeness and Charm
25 Years On

Live Seventy Nine
Levitation

Sonic Attack
Choose Your Masques

Chronicle of the Black Sword

Alien 4
Love in Space
Distant Horizon 

 これらのアルバムには、未リリースのボーナストラックやシングルリリース曲が追加されるとのことです。この再発キャンペーンに先立ち、本年11月3日には、コンピレーション3CDセットが2種リリースされるとのことです。

ということは、上記再発群は来年のリリースという感じですね。予定通りにいけば、ですが。

 このリリースに伴いデイヴ・ブロックのコメントも寄せられていました。
「これらのレコードが再度発売されるというのはうれしいかぎりだ。長年に渡り大勢のメンバーが貢献した歴史を聴くことができる機会だ」

 70年代後半のカルバート時代、これはCDでは80年代に VIRGIN からの初CDリリース以降、近年謎の再発がありましたが、それらはやっぱり非公認。ブレイク参加の BRONZE レーベル時代は CASTLE や GRIFFIN から、次の RCA 時代については DOJO や EBS からCD化、FLICKNIFE 時代は同時CD化、その後も GRIFFIN や DOJO から再発していましたが、すでにすべて廃盤。また EBS 時代のものは当時のリリース以降、再発はなく中古盤でしか入手する術はなかったので、これらのバックカタログの充実は、とても意味のあることだと思います。未発表トラックがもし本当であれば、それもまた楽しみです。未聴のファンの方、カルバートがフロントマンの CHARISMA 時代は当然ですが、RCA 時代や Black Sword あたりは、必聴です。

7年ぶりのスタジオ・アルバム ついに、ついにリリース! 21世紀型ホークウィンド その進化

TAKE ME TO YOUR LEADER
TAKE ME TO YOUR LEADER

HAWKWIND RECORDS HAWKVP35CDSE(初回2000枚のDVD付き LIMITED EDITION)
通常盤 HAWKVP35CD
レビューはこちら

私個人的には感無量の思いです。正真正銘のスタジオ新作、本当に待たされました。98年の IN YOUR AREA 以来、スタジオ収録レギュラーアルバムとして実に7年近い歳月を経てのリリースです。ちなみに IN YOUR AREA も半分はライブテイクでしたので、厳密にスタジオ収録のみということであれば、その前年リリースの DISTANT HORIZONS 以来ということになります。その間、レコーディング・テクノロジー、機材などは様変わりしています。21世紀のホークウィンドがどのような姿を現すのか、バンドの歴史上でも大変興味深いリリースとなります。

メンバーはここ数年不動のブロック、デイヴィ、チャドウィックのトリオがレギュラー。その他のスタッフはゲスト扱いとなっております。アーサー・ブラウン、リーナ・ラヴィッチ、マシュー・ライトがボーカル。ハウスがキーボードとバイオリン。最近のライブに参加していたジェズ・ハゲットがサックス、ペット、フルート。ジェイソン・スチュワート(ジェズ・ハゲット・バンドのキー奏者)がキーボード。ジェームス・クレマス(初めて聞く名前です)がオルガン。という布陣です。レコーディングについては2002年頃からスタートしていたので、ブレイク、クニブトン、ラントンなどの参加もあるのかと推測していましたが、クレジットでは上記メンバーとなっています。アルバム全体の収録時間は50分。

オープニングナンバーの Spirit Of The Age はすでにシングルリリースされていますが、アルバムでは6分強のフルバージョン。この先行シングルでアルバムの全体像を予測しましたが、予想を超える進化があるように思いました。特にもともとジャズ畑出身のハゲット、スチュワートがもたらしているジャージーなテイストは違和感までには至っていないと思いますが、ホークスにアダルトなムードを与えています。リズム面では、チャドウィックがドラムマシンを多用し、合わせて生叩きドラムを加えるという手法を行っているためテクノ、ハウス寄りの傾向も。とはいえ、従来のヘヴィチューンもありますし、ブロックの諸行無常感あふれる To Love A Machine、ブラウンをリード・ボーカルに据えた Sunray は Right To Decide を思わせる元気いっぱいのトラックと、従来からのファンも楽しめ、かつ音楽性の広がりが伺える作品であると思います。 正当な評価にはもう少し時間が必要かもしれませんが管理人的には納得の出来と考えています。

付属DVDにはプロモビデオとレミーのSilver Machine!

2000枚限定のLIMITED EDITIONに付属のDVDには、マシュー・ライトとバンドによる Spirit Of The Age のプロモビデオの収録。さらにはステージ映像も数曲収録。目玉は昨年フィンランドのルイス・ロックフェスでレミーがホークスのステージに参加し歌った Silver Machine。オーディエンス撮影の映像ながら比較的まともな映像なので、非常に嬉しいサービスです。
なおこの限定盤はAmazonUKから購入しました。国内入荷はどの程度入るのか不明ですが、シングルの初回プレス分はVOICEPRINTではすでにはけているらしいので、限定盤入手を考えている方は早めにされたほうが良いかと思います。

Spirit Of The Age ローンチパーティ

シングル・リリース直後の9月1日、かねてより告知していました Spirit Of The Age Launch Party が、ソーホのボーダーラインで実施されました。当日は関係者やWebサイトで行われたクイズに正解したファン約150名を招待、ホークウィンドは2曲(Brainbox Polution、Paradox)を演奏。アルバムのジャケを描いたピーター・プラウコニックや SPACEHEAD も招待され、SPACEHEADは演奏もしたそうです。

9月3日にはドニントンで開催されたオフ・ザ・トラックス・フェスティバルに参加。ゲストにジェイソン・スチュワート、ダンピィが参加しました。
次回の今年のツアーは12月のUK内ツア−となります。

MASTERS OF ROCK 拍子抜け?

EMIからのベスト盤 MASTERS OF ROCK が国内にも入荷してきました。このジャケ、タイトルも汎用のシリーズロゴ。新録音源が入ったベストということで、期待もありましたが安価なベスト盤シリーズ (Masters of Rock) の一環というリリースでした。

Masters Of Rock / Hawkwind
Masters of Rock はEMIの旧音源のコンピ盤シリーズの名称。ジャケ、ブックレットも作りが簡素で、安価な印象が濃厚。裏には昨年のXマスギグを主催したインターネット・ラジオ局 TOTAL ROCK のロゴマークが入っています。ライナーの執筆も担当していますが、あまり詳しいライナーではありません。

セレクトもまぁこんなもんかなぁ、という可もなく不可もなくといったEMI時代の選曲です。ただし全体に渋い選曲になっていますので、ビギナ向けではないです。注目の新録とされる2曲は、Love In Space と Lighthouse。前者は厳密にいうと新録ではなく、IN YOUR AREA 収録の同題曲と同じテイクでした。ブレイク先生の定番曲は、昨年の10月のRFH収録テイクで、初登場音源です。どうせならもっと最近のライブテイクを入れて欲しいところですが、現在の版権は VOICEPRINT でしょうから最近の曲は収録できなかったものと思われます。
なおEXILESさんがレビューを上げられています。

新作ライブ・アルバムは新規音源!!

以前から VOICEPRINT で告知のあったノッティンガムのライブアルバム2枚組ですが、いよいよリリース間近となりました。トラックリストは、MISSION COTROL で発表されました。ジャケも掲載されています。RockCityでの収録ですので、90年10月16日収録のものです。当初ビデオ LIVE LEGENDS のサウンド・トラックの抜き出しかと予想もされましたが、新規音源です!おそらくステージまるごと収録されているものと思われます。メンバーはブロック、アリ、チャドウィック、ハウス、ウィシャート。音質はどの程度なのか分かりませんが、新規音源ということで、期待大です。

www.hawkwind.com 獲得

EBS 時代から運営されていた www.hawkwind.com 、バンドから運営が離れてしまったために休止していましたが、先日MISSION CONTROLにリンクする形で復活しました。MISSION CONTROL も近いうちに大幅なリニューアルがなされるというアナウンスが出ているので、ひょっとしたらトップページは www.hawkwind.com になるかもしれません。

STAR NATION 新作リリース

STAR NATION / The Silver Age
STAR NATION / SILVER AGE
レーベル名、ナンバー未掲載 (2002)
公式サイトはwww.star-nation.co.uk(その後消滅しています)。

チャドウィックとリチャーズのサイド・プロジェクト STAR NATION の新作がリリースされています。前作はCDRで通販というスタイルでしたが、今回はプレスになっています。ただしレーベル名等の記載が無いので、おそらく自主制作でしょう。ホークスの活動がややのんびりペースなので、ブロックさん以外のメンバーの時間があるようですね。内容的には、ややハードでリズムを重視したスペースロック。チャドウィックはリードボーカルもとっているようです。ホークスのツアーに参加経験のあるスティーブ・テイラーがベースで参加しています。

RECORD COLLECTOR誌ホークス特集掲載

RECORD COLLECTOR / No.273 MAY 2002

UKのコレクター雑誌の老舗 RECORD COLLECTOR の今月号で、ホークスが大々的にフューチャーされています。特集は10ページほどでホークスのヒストリーや音源の紹介をしています。同誌は過去数回ホークス特集を行っており、ホークスは本国でもマニア向けのコレクト・アイテムとして人気があることが伺えます。表紙でここまで大きく扱われたことは初めてなので、やはり人気は未だ衰えずといった印象で、嬉しいかぎりです。この雑誌は国内にもやや遅れて大手レコード店、洋書扱いの本屋に入荷しますので、興味ある方は要チェックです。

IRCチャットにメンバー登場

MISSSION CONTROL でも紹介している、オフィシャル・チャットである、IRC にまたもやブロックさんが登場。今回はハウス、アリ、チャドウィックも一緒に参加していました。ただ今回も参加しているファンの質問が多く、すべてに答えきれないという混乱した状況になってしまいました。現在ログを和訳中ですので、近日ここでその模様をレポートします。なお MISSION CONTROL でも、その時の対話をまとめたものが近日公開されるようです。

MASTERS OF ROCK 新譜情報

オフィシャル・サイト MISSION CONTROL によりますと、新譜のリリースが告知されました。詳細は述べられていませんが、おそらくベスト盤だと思われます。タイトルは MASTERS OF ROCK。すでに海外のCDショップなどで2月頃リリースとの情報は入っていましたが、そのアンオフィシャルのコンピ盤にありがちな陳腐なタイトルから、またアンダーソンものかコンピ盤かなぁと、気に留めていなかったのです。ところが、これのリリース元は EMI とのこと。そのうえ97年ツアー収録の Love In Space、昨年の秋のツアー収録の Lighthouse が収められているとのこと!EMI は基本的に UA 時代の版権しか所有しておらず、99年のバンド30周年記念でリリースしたベスト盤 EPOCHECLIPSE だけが例外ということだったと思います。今回、なぜ最近のライブテイクを収録したCDをリリースするのか、理由は漫然としませんが、昨今の地元におけるホークス人気に便乗したものかもしれません。昨年は UA 時代のCDの再発も行っていますので、まだホークスの商売に関して興味を失っていないようです。状況によっては、新作の EMI リリースという可能性も浮上します。
この MASTERS OF ROCK、上記2曲以外の収録曲については、まだ不明です。タイミング的に新作の可能性はありませんので、他は UA 時代のコンピだと思われますが...当初予定では2月18日リリースでしたが、まだリリースされていません。詳細が判明次第お知らせします。

この他では、昨年のXマス・パーティー参加者特典のCD配布の予定もあります。これはブロックやブレイクなどのソロ・マテリアル等を収めたコンピで、未発表テイクなども収録されるようです。残念なことに、そのギグに行った人のみとのことで、一般的に入手することはできないようです。制作は VOICEPRINT なので、リリースして欲しいところです。
また MISSION CONTORL でパスポート登録したメンバーに向けての自主制作第2弾CDも予定されています。これは主に昨年のギグ・テイクを収めたものとのこと。夏のカンタベリー・フェスのA.ブラウン熱唱の Silver Machine も入ります。まだ未登録の方は、登録されたほうがいいですよ〜!

ということで、徐々に今年も慌しくなりつつあります。バンドは新作の準備に入っているようですし、初夏にはプライベート・ギグ、8月には UK ツアー、暮れには再び NZ、オーストラリア・ツアーも予定されています。今度こそ、日本に来て欲しいなぁ〜!どなたか呼んでください〜!

XHAWKWIND

ニックさんですが、今年も元気よくライブ活動中心に早くも活動しております。最近は以前からやっていました FANTASTIC ALL STARS の活動がメイン。このバンドはジャズバンドで、活動は長いのですが、今年初アルバムをリリース予定しています。リリース元は最近のニック作品をリリースしている NIKT レーベル。
そして今年もまたまた GREASY TRACKERS PARTY 2002 が5月に決定〜!あぁ、またやってしまうのね、ニックさん。で、バンド名が XHAWKWIND..どうもブロック側からのバンド名使用についての圧力に対して、このような名称をとったようです。今回は比較的小編成で、クランブル(b)、スラットリー(g)、オリス(dr)、それにゲストでロン(おいおい、いいのか)という構成。

STRANGE TRIPS 音源リリース

Harvey Bainbridge Live 2000Anubian LightsFarflung with Nike Turner
USのスペースロックの祭典STRANGE DAZEを主催しているSTRANGE TRIPSの自主制作CDR。99年及び2000年に実施されたSTRANGE DAZEにて演奏されたもの。

ベインブリッジのソロ(2000年)、ANUBIAN LIGHTSにニックがゲスト参加(99年)、FARFLUNGに、やはりニックがゲスト参加(99年)、以上3種がホークス関連です。ベインブリッジはほぼ完全なソロ・プレイで打ちこみシンセと手弾きシンセにヴォイスをかぶせる彼のソロ作品同様のアプローチ。一部ホークスナンバーもやっています。A.ライツはすでに2枚のアルバムがリリースされているUSAのプロジェクトでニックのUSツアーに同行したPRESSUREHEDのメンバーが中心になっています。今回もニックが参加、アルバムからの曲に加え新曲中心にプレイ。ゴングのG.スミスも1曲ウィスパー・ヴォイスで参加。ファーフラングもホークスの影響下にあるスペースロック・バンドでニックをフィーチャーしたホークスナンバーを積極的に演奏。全体にボード録りで高音質、CDRの焼きもかなりいい部類です。ジャケットはいつもの3D処理が成されておりまして、専用の3Dグラスで見ると、立体的に見えます。詳細はStrange Tripsに掲載されています。私はSTRANGE TRIPSのジム・ラスコー氏とは大変親しくしており、いつも友好的な方です。ちなみに彼は昨年のHAWKESTRAの時はステージの脇で演奏を見ていたそうです。その時彼に会うことができれば、バンドに会わせてもらえたのですが、残念です。ちなみにSTRANGE TRIPSではホークスのUSギグのライヴ・ビデオもリリースしています。撮影が素人っぽく、映像的にはイマイチですが、97年のステージですので比較的最近のホークスの姿が見れます。

STRANGE DAZEですが今年はイギリスのホークス・フォロワーMR. QUIMBY’S BEARDを招くそうです。ゲストにベインブリッジもゲスト参加。ホークスの影響下にあるスペース・ロックを得意としたグループ。初期の作品はもろホークスだったのですが、最近の作品はテクもかなり向上しオリジナリティが出てきており、海外のホークスファンに非常に注目されています。

Xマス・パーティーの詳細

前回お知らせしましたように、MISSION CONTROLにパーティの模様が画像でアップされていますが、ギグの曲目、及び出演者が分かりましたので報告します。

Intro
Levitation
Hippy
Spacebrock
Space Is Deep
Flying Doctor
Warrior On The Edge Of Time
Angels Of Death
High Rise
Damage Of Life
Lighthouse
Texas Calling/Sonic Attack
Free Fall
Motorway City
Hurry On Sundown
Spirit Of The Age
Assassins Of Allah

Flying Doctor が久々ですね〜。メンバーはブロック、デイヴィ、リチャーズ、クナイブトンが中心。
ハウスとベインブリッジ、ブレイクがかなりの割合でステージ立ちました。J.リチャーズとロンは出たり入ったり。
ゲスト参加がラントン、ムアコック、リズ、J.ヒュジェット。
デイヴィが出ずっぱりなので、ロンはボーカルのみ。ラントンはHurry On Sundownのみ、ムアコックはテキサスから電話で朗読参加、リズはラストのAssassinsのみ、謎のサックスはジェズ・ハジェットという人で4曲ほど吹いていたそうです。
この布陣をみるとまるでデイヴィが正規メンバーのような扱いになっていますね。正式復帰なのか未だはっきりしません。ただベドウィンを継続しているので、今回のみかな。またジェネレーターを担当しているキース・クナイブトンはHawkestraにも参加していたそうですが、今後正規メンバーになるのか注目されます。この人のプレイは見に行ったファンには好評だったそうです。ブレイクも気になりますね。いずれにしてもお祭り的なギグなので、ここでは正規メンバーは判定できないですね。3月から行われるツアーで正式メンバーがはっきりすると思います。

☆ノッティンガム’90
VOICEPRINTからNOTTINGHAM 1990のリリースが遅れていますが、最近LEGENDS COLLECTIONというアルバムがリリースされそうだという情報が出ています。内容の正確な情報は伝わっていませんが、NOTTINGHAM 90と同じビデオLIVE LEGENDS収録のものと同じという噂になっています。またまたダブりものになってしまうのでしょうか。情報入り次第報告します。

THE MOOR ニック・ターナー参加

THE MOOR
THE MOOR
Flux (mp3.com 63806)

全く知らなかったバンドなんですが、このTHE MOORのリーダーであるKenneth Magnussonから直接メールをもらい、ぜひ聴いてくれとのことでした。というのは、ニックさんが全面参加しているとのこと。スウェーデンのプログレ・バンドで編成は Key&Vo、G、B、Dr の4人にニック(Sax&F) です。一聴した感じでは、テンション・コードを取り入れたシンフォニカルなキーボードに重厚なリズム、それに管楽器(ニック以外にもゲストでペットやトロンボーンも入っています)のアドリブが絡む世界で、結構こちらの世界です。全体にダークな印象が支配していますが、アコギの使用だとか、シンセも嫌味がなく非常に素直な出来。収録は96年のようですが、リリースは99年。このところのニック参加のアルバムでは一番気に入りました。

ATOMHENGE 76の発売

Hawkwind / Atomhenge 76
Atomhenge 76 (HAWKVP5CD)
詳細はブックレットを見てくれとディスクには出ていますが、ブックレットは当時のツアー・パンフから起こした写真ばかりで、一切曲についてのクレジットはありません。

FAMILY TREE に続き国内入荷してきたのは、なんと予想を覆すATOMHENGE 76!!! 少し前にGRIFFINからTHRILLING ADVENTUREがリリースされたので、こちらはお蔵入りかと思っていたのですが、なんと2枚組で登場!曲数は GRIFFIN版より当然多く、お買い得です。GRIFFIN版の曲は全てこちらにも収録されている上に、テイクも全く同じ!またしてもヤラレタという感じです。 聴き較べるとGRIFFIN版はテープが少し遅い速度でマスタリングされていることが分かります。感覚的にはこちらのほうが合っているように思えます。したがって GRIFFIN版はイイトコなし!ジャケくらいかな。さて後は WEIRD シリーズですね!