STRANGE TRIPS 音源リリース

Harvey Bainbridge Live 2000Anubian LightsFarflung with Nike Turner
USのスペースロックの祭典STRANGE DAZEを主催しているSTRANGE TRIPSの自主制作CDR。99年及び2000年に実施されたSTRANGE DAZEにて演奏されたもの。

ベインブリッジのソロ(2000年)、ANUBIAN LIGHTSにニックがゲスト参加(99年)、FARFLUNGに、やはりニックがゲスト参加(99年)、以上3種がホークス関連です。ベインブリッジはほぼ完全なソロ・プレイで打ちこみシンセと手弾きシンセにヴォイスをかぶせる彼のソロ作品同様のアプローチ。一部ホークスナンバーもやっています。A.ライツはすでに2枚のアルバムがリリースされているUSAのプロジェクトでニックのUSツアーに同行したPRESSUREHEDのメンバーが中心になっています。今回もニックが参加、アルバムからの曲に加え新曲中心にプレイ。ゴングのG.スミスも1曲ウィスパー・ヴォイスで参加。ファーフラングもホークスの影響下にあるスペースロック・バンドでニックをフィーチャーしたホークスナンバーを積極的に演奏。全体にボード録りで高音質、CDRの焼きもかなりいい部類です。ジャケットはいつもの3D処理が成されておりまして、専用の3Dグラスで見ると、立体的に見えます。詳細はStrange Tripsに掲載されています。私はSTRANGE TRIPSのジム・ラスコー氏とは大変親しくしており、いつも友好的な方です。ちなみに彼は昨年のHAWKESTRAの時はステージの脇で演奏を見ていたそうです。その時彼に会うことができれば、バンドに会わせてもらえたのですが、残念です。ちなみにSTRANGE TRIPSではホークスのUSギグのライヴ・ビデオもリリースしています。撮影が素人っぽく、映像的にはイマイチですが、97年のステージですので比較的最近のホークスの姿が見れます。

STRANGE DAZEですが今年はイギリスのホークス・フォロワーMR. QUIMBY’S BEARDを招くそうです。ゲストにベインブリッジもゲスト参加。ホークスの影響下にあるスペース・ロックを得意としたグループ。初期の作品はもろホークスだったのですが、最近の作品はテクもかなり向上しオリジナリティが出てきており、海外のホークスファンに非常に注目されています。

Xマス・パーティーの詳細

前回お知らせしましたように、MISSION CONTROLにパーティの模様が画像でアップされていますが、ギグの曲目、及び出演者が分かりましたので報告します。

Intro
Levitation
Hippy
Spacebrock
Space Is Deep
Flying Doctor
Warrior On The Edge Of Time
Angels Of Death
High Rise
Damage Of Life
Lighthouse
Texas Calling/Sonic Attack
Free Fall
Motorway City
Hurry On Sundown
Spirit Of The Age
Assassins Of Allah

Flying Doctor が久々ですね〜。メンバーはブロック、デイヴィ、リチャーズ、クナイブトンが中心。
ハウスとベインブリッジ、ブレイクがかなりの割合でステージ立ちました。J.リチャーズとロンは出たり入ったり。
ゲスト参加がラントン、ムアコック、リズ、J.ヒュジェット。
デイヴィが出ずっぱりなので、ロンはボーカルのみ。ラントンはHurry On Sundownのみ、ムアコックはテキサスから電話で朗読参加、リズはラストのAssassinsのみ、謎のサックスはジェズ・ハジェットという人で4曲ほど吹いていたそうです。
この布陣をみるとまるでデイヴィが正規メンバーのような扱いになっていますね。正式復帰なのか未だはっきりしません。ただベドウィンを継続しているので、今回のみかな。またジェネレーターを担当しているキース・クナイブトンはHawkestraにも参加していたそうですが、今後正規メンバーになるのか注目されます。この人のプレイは見に行ったファンには好評だったそうです。ブレイクも気になりますね。いずれにしてもお祭り的なギグなので、ここでは正規メンバーは判定できないですね。3月から行われるツアーで正式メンバーがはっきりすると思います。

☆ノッティンガム’90
VOICEPRINTからNOTTINGHAM 1990のリリースが遅れていますが、最近LEGENDS COLLECTIONというアルバムがリリースされそうだという情報が出ています。内容の正確な情報は伝わっていませんが、NOTTINGHAM 90と同じビデオLIVE LEGENDS収録のものと同じという噂になっています。またまたダブりものになってしまうのでしょうか。情報入り次第報告します。

THE MOOR ニック・ターナー参加

THE MOOR
THE MOOR
Flux (mp3.com 63806)

全く知らなかったバンドなんですが、このTHE MOORのリーダーであるKenneth Magnussonから直接メールをもらい、ぜひ聴いてくれとのことでした。というのは、ニックさんが全面参加しているとのこと。スウェーデンのプログレ・バンドで編成は Key&Vo、G、B、Dr の4人にニック(Sax&F) です。一聴した感じでは、テンション・コードを取り入れたシンフォニカルなキーボードに重厚なリズム、それに管楽器(ニック以外にもゲストでペットやトロンボーンも入っています)のアドリブが絡む世界で、結構こちらの世界です。全体にダークな印象が支配していますが、アコギの使用だとか、シンセも嫌味がなく非常に素直な出来。収録は96年のようですが、リリースは99年。このところのニック参加のアルバムでは一番気に入りました。

ATOMHENGE 76の発売

Hawkwind / Atomhenge 76
Atomhenge 76 (HAWKVP5CD)
詳細はブックレットを見てくれとディスクには出ていますが、ブックレットは当時のツアー・パンフから起こした写真ばかりで、一切曲についてのクレジットはありません。

FAMILY TREE に続き国内入荷してきたのは、なんと予想を覆すATOMHENGE 76!!! 少し前にGRIFFINからTHRILLING ADVENTUREがリリースされたので、こちらはお蔵入りかと思っていたのですが、なんと2枚組で登場!曲数は GRIFFIN版より当然多く、お買い得です。GRIFFIN版の曲は全てこちらにも収録されている上に、テイクも全く同じ!またしてもヤラレタという感じです。 聴き較べるとGRIFFIN版はテープが少し遅い速度でマスタリングされていることが分かります。感覚的にはこちらのほうが合っているように思えます。したがって GRIFFIN版はイイトコなし!ジャケくらいかな。さて後は WEIRD シリーズですね!

エイドリアン・ショウのプロジェクトACID JAM2

オフィシャル・サイトに紹介されていたエイドリアン・ショウのプロジェクト ACID JAM2 です。ギターのニック・サロモンという人とショウが中心になっています。リリースは UK の Woronzow Records という多分小規模なインディペンデント・レーベルでしょう。ショウのソロ作を数枚リリースしています。今回はホークスメンとしてサイモン・ハウスが1曲参加。HIGH TIDE のヘビー・ギターを聴かせていたトニー・ヒル、ベースだったピート・パブリ、なんと元キャメルのアンディ・ワードがいたりと、その交友関係の広さには驚きます。タイトルに2とあるのは、以前1988年にこのメンツで2日間に渡ってアシッド系ミュージシャンのギグが UK にて催され、今回はそれをスタジオ録音してみたということらしいです。全体にギター中心のブルース基調のベタなハードロックです。しかしA.ワードとA.ショウのリズムセクションにT.ヒルのギターなんていう組み合わせは滅多に聴けないという、面白みはあります。A.ワードは今回は曲調に合わせて重めなチューニングをしていますが、例の繊細なスティックさばきは健在です。ハウスはヴァイオリンでの参加で、HIGH TIDE を彷彿させる感じでいいです。

ACID JAM2
ACID JAM2

THE STONEHENGE COLLECTION

今度のリリースも手を変え、体裁を変えの再発パターンですね。2枚組CDで片方は “ZONES”、もう1枚は “THIS IS HAWKWIND DO NOT PANIC” です。”GOLDEN VOID 1969-1979″同様、PURPLE PYRAMID からのリリース。今回もゴールド・ディスク、但し今回はさらにグレード・アップして24ビット・リマスタリングということです。はっきり違いは分かりません。

HAWKWIND "THE STONEHENGE COLLECTION"
HAWKWIND “THE STONEHENGE COLLECTION”

ステイシアのジャケ

今日は七夕です。同じ音源を、ひたすら手を変え品を変え(品は変わってませんが)リリースするデミモンデから本年リリースされていた”LIVE”というCDを紹介します。ステイシアがこれほくっきりとメインに出ているジャケは珍しいですね。BRILLIANT というレーベルのものですが、しっかりとDEMINONDE ENTERTAINMENT LTD. UK という文字も出ています。中身は、先日発売されたばかりのY2K VOL.2 と全く同じ “BRING ME THE HEAD OF YURI GAGARIN” です。SPACE RITUAL TOUR の成功後、カルバートをリードボーカルとして初めてフロントマンに起用したライブという意味では、貴重なテイクです。シングル「アーバン・ゲリラ」(リードボーカル:カルバート)を発表した時期と重なるわけです。但しここでの「シルバーマシン」はレミーがリードとってます。音質はボード録りとはいえ、モノラルのうえ良好ではありません。

HAWKWIND "LIVE"
HAWKWIND “LIVE”