☆WEIRD TAPES 一気リリース!
Hawkwind / Weird Tapes
ついに国内入荷してきました。元は80年代にカセットで通販でリリースされたものですが、今回CDでリリースということになりました。カセットと内容はほとんど同じですが、No.5、No.7がカセットより若干多めに収録されています。なお私はNo.6だけ未入手です。ジャケはかなり前からアナウンスされていた通りのデザインで、ノスタルジックな50年代のSF雑誌のイメージで統一されています。さらにリーダーのデイヴ・ブロックの新作ソロともいえるアルバムも同時にリリース!

☆ブロック新作ソロ登場!
SPACEBROCK
こちらがその HAWKWIND Spacebrock というアルバムです。一応バンド名が冠されていますが、実質的にデイヴのソロです。数人のゲスト参加がクレジットされており、クラム(Agents Of Chaos のメンバーであり、ホークスのステージ・サポートでキーボードを担当していました)、チャドウィック、グリフィンの名前が知ったところ。その他のミュージシャンは知らない人達ですが、どの人も1曲程度の参加ですので、ほとんどデイヴが作り上げたものでしょう。一部ホークスのトラックも含まれており、全てが初登場の曲ではありませんが、それでも新作というのは嬉しいですね。詳細は今後デイヴの作品紹介ページでアップします。

☆デイヴからのメッセージ
Hawkwind / In Your Area
デイヴより私の名前と彼のサインを入れたCDを頂きました。お礼に返事を書き「日本でもファンがステージを熱望しています」と伝えました。「歳とる前にいつか日本に行きたい」とのことでした。プロモーターの方、呼んでくださ〜い!デイヴの返事はココに掲載しました。

☆HAWKESTRA写真
そのデイヴが運営するサイトMISSION CONTROLですが、リユニオンの写真がどんどんアップされてきてますね。さらにこちらの方からもメールを頂きました。http://concerts.rock.free.fr/hawkwind/ ここにも結構いい写真が出ていますよ。あの時の曲目リストも掲載されています。(サイト消滅しています)

HAWKESTRA 会場での新譜

多分世界一早い新譜情報です。HAWKESTRA 会場で、リリースが待たれていた HAWKVP シリーズが一挙売っていました。WEIRD シリーズに加えこの FAMILY TREE 以外にもう1枚ありました。確認しようとして、休憩時間に見に行ったのですが、もう店を閉められていて確認できませんでした。その他、HAWKWIND FESTIVALS というビデオも発売されていました。PALなので入手しませんでしたが、いずれNTSCも出ると思います。これは、普通の流通にのるか、MSSION CONTROL での会員のみの販売になるか不明です。
このCDは HAWKVP13 というナンバーです。ブロックのソロ作品、J.リチャーズやチャドウイックのサイド・プロジェクト等の周辺活動を集めたものです。リチャーズはホークスと平行していくつかのユニットを持っているようで、ここでは2つのユニットによるスタジオ録音が聴けます。インスト曲で打ち込みのようなリズムが繰り出されています。チャドウイックの方は今風のクラブ・ミュージックのような洗練されたサウンドに仕上がっており、彼の趣向が伺われます。こういうのを聴くとチャドウイックって結構上手いタイコ屋さんだったと実感。後はロンのソロ・ユニットも収められています。ブロックのソロは一連のソロ作品のような打ち込みベースのサウンド。このCDを含む今回の一挙リリースは果たしていつ頃流通に乗るのでしょうか。まだ UK 国内にも出回っておりません。
いずれにしてもEXILES さん、またまたレヴューが大変なことになりますよ!特に WEIRD は同時にリリースされると大変ですね。このサイトもディスコグラフィで WEIRD (当時リリースされたカセット・テープ版) を掲載予定ですので、一緒に他のアルバムとの収録曲重複チェックですね!

FAMILY TREE
一瞬、ノバリスかと(笑)、あれと同じクリムトの絵が使用されています。ピクチャー・ディスクです。また例のトークンはちゃんと付いていて、安心しました。その他の WEIRD シリーズもあのトホホ・ジャケでした。

WEIRD TAPES
今回リリースされるのは、80年代に通販でリリースされたカセット・テープによるホークスの過去のライブ&スタジオ・テイク及びブロックのソロ・ワークスを集めた WEIRD TAPES のCD版。カセットでは全8巻ありましたが、現在の情報ではそのうち1から7までということらしいです。8は60年代のブロックの Buskers 時代の音源や70年代初期のホークスのライブ・テイク集で、DAWN OF HAWKWIND (BP309CD) に収録されているテイクと一部ダブっているので、今回は見送られたのではないかと推測しています。
これが全てリリースされれば残りは NOTTINGHAM 90 で一応当初の予告分は完結します。