ホークウインド来日を振り返って ファン同士の対談

いまだ余韻の残るホークウインドの来日公演ですが、当サイトに協力いただいているホークスファンのExilesさんと来日コンサートのレビュー対談をしました。

船長、ブレイク先生、Mrディブス、Dフレッドさんにサインしてもらったポスター

・Exilesさん(以下Ex)
以前、E-Labというアナログシンセ関連を中心としたサイトを運営、その中でホークス レビュー記事を公開されていました。ホークスつながりで知り合いになり、西新宿巡り などするような仲に。2004年にサイトをたたみ、ホークス記事は当 HawkwindDazeに寄稿いただきました。最近はご所有の膨大なアナログ機材のメンテをしつつ、畑仕事と薪割りの修行中とのこと。
・当サイト運営 Koh(以下Dz)
Exilesさんと1歳違いのアラフィフ。ホークスは中学生だった70年代中盤に宇宙の祭典で知る。以降、洋楽誌Fool’sMateやMarqueeMoonでのわずかな記事で情報を得つつ、モダ~ンミュージック、Edison、DU各店などでレコ&CD収集。90年代半ばからネット活用で海外の情報、海外ファンとの交流、アイテム収集が加速。得られた情報を公開するため2000年に当サイト運営開始。

Dz:2日間のホークスステージ、おつかれさまでした。
Ex:おつかれさまでした。
Dz:ついに来日、夢のような2日間でした。最近のセットリスト状況から同じ会場の場合は初日、2日目と選曲は変えるだろうと予測していましたが、その通りとなりました。
Ex:2日目はセットリストも演奏内容も中々充実していて良かったですね。1日目は本番が公開リハーサルだったんじゃないのか(笑)。
Dz:今回は開演前にサインもらったりとか、わずかな時間だけども、メンバーに接することができて感激でした。チャドウィックさんとか妙にひょうきんな感じだし、想像以上に背も低めでしたね。
Ex:いいキャラクターでしたね、チャドウイックさん。船長も意外に大きくなかったですね。ブレイク先生は神経質そうな感じでサイン書くときも丁寧でしたね。
Dz:昔の写真みるとデイヴはメンバーの中でも背が低いほうですよね。そういう意味では今のメンバーに大きい人はいないですね。dave.jpg
さて演奏についてですが、自分は2000年のホーケストラを観て、ホークスライブの雰囲気は体験しておりました。今はニックやハーヴィーのようなアクのあるメンバーがいないので整然さが際立った感じがします。
Exilesさんはニック来日ステージは観られてますが、本家は初めてですね、全体の印象はどうでした?
Ex:生ホークスの印象は・・・もうちょっと混沌としたステージングをイメージしてましたが、思いの他健康的?な印象でした。出音も同様で、へヴィなインプロになっても結構クリアーに鳴っていましたね。
祭典のカオス状態を期待してしまうと物足りなく感じますが、祭典の頃とは機材も社会状況も違うわけで、これが現在進行形のホークスの姿なんでしょう。
Dz:ダンサー陣がいなかったのは、本来の印象とはかなり違うかと。あれがあるといきなりアングラ感が出ますし、安っぽさや反面芸術性もでますから。
Ex:確かにダンサー不在は最大の要因ですね。普段音でしか接していないから気が付かなかった(笑)。
Dz:日本公演は予算面の制約もあるだろうから仕方ないですね。そこは出たばかりのSPACE RITUAL 2014のDVDで体験するようですね。
Ex:多分演ってる事は祭典の頃から大して変わっていないと思いますが、いまどきは楽器もPAもほとんどデジタル処理のため破綻した音は出(し)にくいし、情報面でもメンバーのプロフィールから使用機材、しまいにゃ朝メシに何喰ったかなんて事までありとあらゆるものがWeb上に溢れ返っていますので、ライブパフォーマンスに過剰に神秘性を求めるのが無理というものですね。
stage2.jpg
Dz:選曲ですが、ホークスの最近のセットリストが基本になっていました。その点でライブ初体験の日本人向けクラシックナンバー・オンパレードではなくて、ガッカリしたむきも多かったと思いますが、、(チッタだと、運営がそういうアレンジをしたでしょうね)
Ex:現在進行形のホークスが観れたということで十分満足でしたよ。2日間、楽しかった。1日目のセットリストはちょっと物足りない感じがしましたが、2日目は「襲撃、砲門の嵐」も「炸裂する空間」(ともに「絶体絶命」)も「Arrival in Utopia」(「チューズ・ユア・マスクス」)も演ってくれたし。
船長のラブリーな笑顔も観られたし、サインも貰ったし握手もしたし・・・ほとんどミーハーですが、50過ぎて(笑)。
Dz:まぁ、何十年も待った来日公演なんで、ミーハーになるのも仕方ないですよ。お客さんも我々含めて平均年齢高かったですね。今回、印象に残った曲は?
Ex:印象に残った曲は「破滅への道」(「宇宙の探求」)。2日とも演りましたね。この人はギター1本さえあればあの独特の世界観を表現できるんだなぁ、と思いました。
Dz:アコギではなかったですけど、そんなことはどうでもいいくらい、印象的でした。「オルゴン・アキュムレーター」(「宇宙の祭典」)も良かったです、やっぱ昔のナンバーはクセがあって良いですね。
そうそう、ブレイク先生の年季の入ったテルミン使いっぷりも良かったです。
Ex:演奏面では、船長のギター弓弾きとかブレイク先生のテルミンパフォーマンスとかペダルボードの電源リセットとかデッドフレッドさんのノンエフェクト鍵盤サウンドが浮きまくってたとか、色々あって楽しかったです。
Dz:ブレイク先生、初日ではショルキーの電池交換もやってたそうです(笑)。ギターについてはあまり詳しくないのですが、デイヴはレスポール1本でしたね。ボーカルはディブスさんに任せる部分が結構あって、ちょっと物足りない感じはしたけど、歳だからね。あの声が生で聴けただけでもありがたいです。ギター演奏、生で観てどんな感じ?
Ex:今回船長のギターソロはかなり少なかったですが、その数少ないソロの中で指弾き率は8割くらい行ってたんじゃないでしょうか。
曲によってはカッティングの合間のリフのフレーズも親指の腹で弾いてましたよ。親指の腹で弾くと、エッジの立った音は出しにくいんですが、芯のある、太くて濃い音が出せるんですよね。「イッツ・ソー・イージー」(シングル「サイケデリック戦士」B面)のイントロの宇宙に木霊する様なギターフレーズも親指弾きじゃないかなぁ(当時から?)。
ワタクシごとですが、自分も最近はほとんどピックを使わずに指ばっかりで弾いてるんで、ちょっと嬉しかったです。
Dz:なるほど、やはり生でみるといろいろなことが見えてきて興味深いですね、しかしブロック船長、73歳なのに変わらずカッコ良かったです。
Ex:あと、船長のギターを弾く姿。祭典の頃の写真と一緒ですね。ラントンさん程じゃないにしろ、直立でギター見ながら弾くという。これも個人的に密かにウケてました。
stage.jpg
Dz:その他のメンバーで目立っていたのは、ブレイク先生でしたね。あと準メンバーのデッドフレッドさん、結構デイヴが気に入っている様子でした。デイヴに次いで年配だし、割とジャジーなセンス持ってるので、故J.ステュワートとかぶる感じもあった。リバーブも無しって、かわいそうでしたが。
しかし今回、VINYLさんが呼んでくれなかったら実現は難しかったかもですね。再来日はそう簡単ではないと思いますね。
Ex:まだまだ生で聴きたい曲は数多くあるので、ぜひまた来てほしいですね。パラドックスとかダウンスルーザナイトとか狂人とかイッツソーイージーとか。5回目くらいの来日は日比谷野音で夏の夕暮れにラブインスペース希望(笑)。
Dz:やはり生演奏ならではの魅力や再発見があり、ほんと楽しめました。
Ex&Dz:Hawkwindのメンバー及びスタッフの皆様、招聘のVINYL様、ありがとうございました!