THE MOOR ニック・ターナー参加

THE MOOR
THE MOOR
Flux (mp3.com 63806)

全く知らなかったバンドなんですが、このTHE MOORのリーダーであるKenneth Magnussonから直接メールをもらい、ぜひ聴いてくれとのことでした。というのは、ニックさんが全面参加しているとのこと。スウェーデンのプログレ・バンドで編成は Key&Vo、G、B、Dr の4人にニック(Sax&F) です。一聴した感じでは、テンション・コードを取り入れたシンフォニカルなキーボードに重厚なリズム、それに管楽器(ニック以外にもゲストでペットやトロンボーンも入っています)のアドリブが絡む世界で、結構こちらの世界です。全体にダークな印象が支配していますが、アコギの使用だとか、シンセも嫌味がなく非常に素直な出来。収録は96年のようですが、リリースは99年。このところのニック参加のアルバムでは一番気に入りました。

ATOMHENGE 76の発売

Hawkwind / Atomhenge 76
Atomhenge 76 (HAWKVP5CD)
詳細はブックレットを見てくれとディスクには出ていますが、ブックレットは当時のツアー・パンフから起こした写真ばかりで、一切曲についてのクレジットはありません。

FAMILY TREE に続き国内入荷してきたのは、なんと予想を覆すATOMHENGE 76!!! 少し前にGRIFFINからTHRILLING ADVENTUREがリリースされたので、こちらはお蔵入りかと思っていたのですが、なんと2枚組で登場!曲数は GRIFFIN版より当然多く、お買い得です。GRIFFIN版の曲は全てこちらにも収録されている上に、テイクも全く同じ!またしてもヤラレタという感じです。 聴き較べるとGRIFFIN版はテープが少し遅い速度でマスタリングされていることが分かります。感覚的にはこちらのほうが合っているように思えます。したがって GRIFFIN版はイイトコなし!ジャケくらいかな。さて後は WEIRD シリーズですね!

ホークウィンド近況

MSSION CONTROL に、デイヴの HAWKESTRA レポートが掲載されました。リハーサルの苦労話など大変興味深いですね。ビデオは CHANNEL 4 のクルーが撮っていたんですね。来年TV放映とのこと。ではビデオ発売はどうなるのかな?キーボードにキース・ナイブトン?全然気が付かなかったです。この人は、あまり知られていない人ですが、以前からホークスには関係のあった人です。またクリスマス・パーティ(12月29日)の話題も出していますが、これはパスポート所有者のみ参加できるやつです。現在のレギュラー・メンバーの他にデイヴィ、ハウス、ベインブリッジ、ブレイクさんもいますね!
前回お知らせした VOICEPRINT からの新譜ですが、やはり WEIRD は一挙7枚登場らしいです。101から107のようです。これに FAMILY TREE と、もう1枚はブロックのソロのようです。手許の資料ではタイトルは SPACE BROCK となっているようですが、詳細は不明です。