CARNIVOROUS LP盤が届きました

HAWKWIND LIGHT ORCHESTRA / CARNIVOROUS
2LP Vinyl set (CHERRY RED – BREDD822)
+ CHERRY RED公式サイト通販特典のポストカード

チェリー・レッドに直接注文していたビニールは10月21日に届きました。一応、プリオーダー特典のポストカードが付いてました。裏ジャケのデザインですね。レコード盤を取り出す際に、まさか同じレコードが間違って入ってたりして(笑… と思いながら、取り出してみると、、、

冗談だろ〜〜〜!同じ盤!

見事同じレコード盤でした、、、本来はSIDE ONE/TWOとSIDE THREE/FOURであるべきが、どちらもSIDE ONE/TWOでした。まさかとは思い何度見ても同じ盤です(泣 ちなみにランアウトエリアを見ると、手書きエッチング以外にスタンパーの番号(MPOから始まる番号)が見とれますが、SIDE TWOは異なった番号でした。ただしエッチングは同じっぽいです。Discogの情報と照合すると片方の盤は同じで、もう一方は異なっています。エッチングが同じであることからマザーは同じものと推察されます。いずれにしてもこれじゃあ困るので、通販窓口にメールしました。1週間持っても返事なく、催促メールするもなかなか返事なく、ようやく昨日返事がありました。申し訳ない、不足分のディスクを手配します、とのことでした。返事来るまで10日以上かかりましたが、とりあえず送ってくるのを待ちます。これも時間かかりそうだなぁ。来月発売の50周年記念ライブLP3枚組もプリオーダーしてるんですが、これもちょっと不安、、

Hawkwind Light Orchestra CARNIVOROUSリリース

Dave Brock - Hawkwind
来年80歳を迎えるデイヴ・ブロック

ホークウインドのサイドプロジェクトホークウインド ・ライト・オーケストラの新作「カーニヴォラス」の発売予定は10月21日とされていましたが、すでにリリース済みで日本国内にも入荷していますね。今回はディスクユニオンさんが入荷早かったです。私はCDはDUさんで購入、LPはチェリーレッドに直オーダーしましたので、まだ届いていません。チェリーレッドでプリオーダーすると「ポストカードが付く」と掲載されていましたが、いつの間にか「抽選でテストプレスになるかも」に変わってました。どうでもいいんですが。ちなみに次のライブアルバムも同様にプリオーダーの人は抽選でテストプレス当たるかもになってます。

さて内容に関しては、もう聴かれている方もおられると思いますが、安定のホークスサウンドでしたね。当初はブロックさんのソロとして作られ始めたので、彼の趣味が反映されている曲などホークスよりは各曲のテイストが色々と違っていたり、インストルメンタル曲が多かったりですが、2012年のHLO1作目よりはいい感じですね。

レビューはこちら。

HAWKWIND LIGHT ORCHESTRA / CARNIVOROUS
HAWKWIND LIGHT ORCHESTRA / CARNIVOROUS (CHERRY RED RECORDS – CDBBRED822)
カバー裏

2020年の新作はCOVID-19に因んだCARNIVOROUS

HAWKWIND LIGHT ORCHESTRA - CARNIVOROUS
HAWKWIND LIGHT ORCHESTRA / CARNIVOROUS (CHERRY RED – CDBRED822)

COVID-19により、イベント出演やギグが見送りになっているので、間違いなくレコーディングに勤しんでると思っていましたが、ついにリリースの告知です。HAWKWIND名義ではなく、かつてアルバムをリリースしたことがあるサイドプロジェクトHAWKWIND LIGHT ORCHESTRA(以下HLO)としての10月16日リリースとのこと。昨年の50周年記念ツアーの直後からデイヴ・ブロックはソロ作品の制作を開始、今年に入ってから現ホークウインド のメンバーリチャード・チャドウィックとマーティン・マグナスが制作をサポートして作り上げたとのこと。HLO名義の最初のリリースは2012年で、その時は大雪でステイホーム状態で、メンバーが全員集まれず作ったアルバムでした。今回は新型コロナウイルス渦での制作ということで、ある意味状況が似ているところもあってか、HLO名義を使ったようです。

楽曲は15曲ということで、短尺曲が多そうです。アルバムタイトル「カーニバラス」はコロナウイルスを想起させるタイトルで意味は肉食獣、ベジタリアンであるブロックの食肉に対する否定感とウイルスへの思いが組み合わさった象徴的なタイトル。アナログ盤はLP2枚組。CHERRY REDの通販ではポストカードが付くとのこと。

なおHRH PROGの延期となったブロックのソロステージは10月17〜18日に実施されますので、このアルバムはそれに向けたリリース。来年4月のHRH PROGにはHAWKLORDSの出演が予定されています。

ホークウインド周辺近況

COVID-19の影響で予定していたフェス参加(4月のHRH、8月のBEAUTIFUL DAYS)は延期や中止になっています。7月のRAMBLIN’ MAN FAIRもこの状況ですと中止か。その中で8月下旬に予定していた恒例のバンド主催イベントHAWKFESTについても公式Facebookページで、ファンに意見を聞いていますが、今年は中止にして欲しいという意見が大勢を占めています。その中でライブ配信をしたらどうかという意見もありますが、ブロックのデボンの農場ではネット回線がかなり遅いとのことで実現は難しいようです。

関連アーティストの状況ですが、ニック・ターナーは昨年腰の手術をしたようで、その回復を待つため年初から表立った活動はしていないようです。

アラン・デイヴィは、Cleopatraレコーズから新作に加えての、引き続き過去リリースの音源の再発を続けており、AL CHEMICAL’S LYSERGIC ORCHESTRAシリーズ(2作)に続いて、80年代から宅録していた音源を収録した習作集FOUR TRACK MINDが4枚のアルバムをセットにしてリリース予定。

Alan Davey / Four Track Mind (Purple Pyramid – CLOJ1646)

以前自前のCD-Rで自身のギグなどで販売していたもの。その名の通り4トラックのカセットレコーダーでコツコツ作っていた習作集です。打ち込みドラムマシーンにシンセ類をオーバーダブ、インストや歌入りなどのプライベートなもので、デイヴィのソロが好きな方くらいにしかお勧めできないかも。

さらにサイドプロジェクトのバンドPRE-MEDの過去3枚のアルバムをセットにしてリリース予定。

Hawkestrel Presents Pre-Med (Purple Pyramid – CLO1703)

マルチプレイヤーであるボーカルのダニー・フォルクナーを核としたバンドで、以前VOICEPRINT傘下のHAWKWIND RECORDSからリリースされていました。メタル色の強いスペースロックで、フォルクナーの声がMr.ディブスに似ていますが、ドライブ感のある演奏とオリジナリティで周辺バンドの中ではなかなかの実力だと思います。デイヴィは昨年、新プロジェクトとしてHAWKESTREL名義でアルバムをリリースしましたが、今回のPRE-MEDのリリースにもその名称を使っていますね。

ジェリー・リチャーズ率いるホウクローズですが、昨年10-11月のツアーの模様をレコーディングしたライブアルバムALIVE IN CONCERTを今月29日にリリース予定。

現メンバーのリチャーズ、デイヴ・ピアース、トム・アシュースト、デッド・フレッドの4人にゲストでニック・ターナーが参加したもの。大半がバンドの曲ですがターナーが参加しているので、Master Of The Universe、Brainstorm、ターナーのソロアルバムよりSR-71を収録。昨年リリースされた最新作HEAVEN’S GATEまで参加していた古参のハーヴィー・ベインブリッジですが、このライブアルバムの収録されたツアーには参加していませんでした。その後バンドの公式Facebookページのバンドメンバーにもクレジットがないので脱退したのかもしれません。リーヴスは良いキーボード奏者ですが、ベインブリッジのシンセ類がなくなるとスペイシーさが減ってしまう懸念が出てきますが、どうだろう。ホウクローズのディスコグラフィはこちら。

ジャーナリストのジョー・バンクスの執筆したホークウインドのバイオグラフィ本DAYS OF THE UNDERGROUNDが発売されます。

Joe Banks / Hawkwind: Days of the Underground (STRANGE ATTRACTOR)

昨年からアナウンスされていましたが、遅れに遅れて現在6月発売と告知されています。新しいインタビューがかなり含まれているので、楽しみにしています。通常のペーパーバック(£22.00)に加えて、おまけのついたハードバック版(£50.00)が500部発行されるとのこと。出版元サイトはこちら。

ホークス近況

世界中がコロナウイルスの影響を受けている状況なので、3/28-29にデイヴ・ブロックが出演する予定だったHRH PROGが中止になっています。まだまだ先が見えない状況ですが、一応夏のランブリン・マン・フェアー(7/19)やビューティフル・サンデー(8/21-23)、自前イベントホークフェスト(8/28-30)は今の所予定されていますが、どうなるやら。

今年は1月25日にジャイアンツ・オブ・ロックに出演しており、その時の模様はYoutubeで観る事ができます。メンバーは変わらず、ブロック、チャドウィック、ホーン、マーティンの4人。

また1月6日にドラマーだったマーティン・グリフィンさんが逝去されています。70年代はハーヴィー・ベインブリッジらと共にARCというバンドからSONIC ASSASSINSを経てHAWKLORDSへ。その後81年から82年のRCA時代に参加。その後何度かゲストでステージに立ったこともありました。

ついにエリック・クラプトン、ホークウインド のステージで共演!(11/25ギルドフォード・ギグ)

Hawkwind 50th anniversary tour
Hawkwind 50th anniversary tour with Eric Clapton
ついにステージでの共演を果たした旧友同士

50周年記念ツアーの終盤、11月25日ギルドフォードでの公演のスペシャルゲストはエリック・クラプトンでした。昨年のROAD TO UTOPIAにゲスト参加した曲The Watcherからステージに上がり、そのままアンコールまでずっと演奏に参加したそうです。Youtubeにはそのステージの動画が上がっていますので、紹介します。Golden Voidではクラプトンとブレイクの二人ソロプレイ。ボーカルのサビでは前座のThe Blackheart Orchestraの二人がブロックと一緒に歌ったりしてます。

The Watcher Road To Utopia

Silver Machine

Assault & Battery / Golden Void

Master Of The Universe / Welcome To The Future

Right To Decide

PROG 最新号はホークウインド 50周年特集

PROG No103
PROG NO.103 (Oct.2019)

英プログレ専門誌PROG。今号は結成50周年を迎え新作ALL ABOARD THE SKYLARKのリリース、50周年記念ツアーを控えたホークウインドの特集を掲載。特集記事は3部構成で、デイヴ・ブロックのインタビュー、カルバートの再評価記事、ステイシアへの最新ロングインタビューとなっています。この表紙にステイシアのコメントがありますが、ホークスファンはどこに行っても会えるし、人生を通して旧知のファミリーと呼べる存在だと語っています。興味深い記事と多くの写真も掲載されており見応えがあります。各ページにはホークス代表作のミニレビューも掲載されています。

ブロックのインタビューでは今作のタイトルであるSkylarkは古典スペースオペラの作家、E.E.スミス作「スカイラーク・シリーズ」の宇宙船スカイラーク号や1940年代から50年代にイギリスの各地の港に出入りしていたボート旅行者たちがスカイラークと呼ばれていたことなどからインスパイアされたとのこと。スカイラーク号はバンド「ホークウインド」の象徴であることが語られています。バンドを振り返り、ジェネシスやピンク・フロイドと違って最初からメインストリームのバンドとは一線を画すアンダーグラウンドのバンドであること。バンドでの大金稼ぎは創作意欲を削ると言い切り、ほどほどの稼ぎにすべきという持論です。ホークスを続けることはビジネスではなく、自身が本当に楽しむためにやっているとのこと。

PROG No.103

カルバート記事は来年リリースされるホークスのバイオ本Hawkwind: Days Of The Undergroundの作者、ジョー・バンクスの執筆。関係者のコメントが多く、その個性的な人物像を再評価するに十分な内容となっています。

PROG No.103

そしてステイシアへの直接インタビュー、今までほとんど語られていなかったステイシア本人が語る内容はとても興味深いです。ホークスからの離脱については語ることはできないと避けています。推察するに、彼女の本意ではなかったようです。今でも、ホークスファミリーの一員という意識はあるように感じるコメントでした。現在現代アートの作家ですが、広島、長崎の悲劇からピースワークと称する創作を自身のメインワークとしており、日本にも3回訪れています。最近はあるバンドと共同でアルバムを作っているとか、またプライベートについてもかなり語っています。

PROG No.103

以上は記事のほんの一部で、多くの興味深い内容が盛りだくさんです。また今号ではPROG AWARDS 2019の授賞式の様子もレポートされています。WARRIOR ON THE EDGE OF TIMEがCLASSIC ALBUM AWARDSを受賞したので、授賞式でのブロックの様子も掲載されています。付録CDはホークス特集にちなんでSONIC ATTACKSと名付けられていますが、内容はホークスとは関係のないバンドたちのサンプル集です。

ホークウインド50年目の最新作ALL ABOARD THE SKYLARK堂々のリリース

Hawkwind / ALL ABOARD THE SKYLARK
2種のLP盤、2CDのバリエーション。

CHERRY RED公式サイトの告知では10/25発売予定ですが、日本にはすでに入荷。15日くらいから東京の店頭に並んでいます。昨日の時点でDiskUnionさんにはCDは豊富にありました。私はアナログ盤はタワーレコードさんで入手しましたが、LP盤は限定なので入荷数は少ないと思われます。今回は2CDデジパック、その2枚をLP2枚のアナログ盤に分割してのリリースです。

注目のスタジオ新録ALL ABOARD THE SKYLARKは、先日のブロックさんのコメントにあったように破滅と再生を繰り返す地球や人類の今後を案じるテーマです。ブロック、チャドウィック、マーティン、ホーンの4人体制になってから最初のスタジオ作ですが、マーティンの進境が著しく、全体の作風にその影響が及ぼしています。生粋のロッカーというよりはアコギのプレイや和声にジャジーなセンスもあり、昨今のブロックのソロの作風に近い、落ち着いた佇まいも垣間見せます。とはいえ、スペースロックの総本山ならではの重厚な音の連なりと抑揚の効いたベテランならではの作品です。詳細は以下の各盤レビューをご覧ください。

ALL ABOARD THE SKYLARK -2CD Review

ALL ABOARD THE SKYLARK -LP Review

ACOUSTIC DAZE -LP Review

Hawkwind / ALL ABOARD THE SKYLARK
2CD版はデジパック仕様。

来月から50周年記念ツアーを本国で行いますが、久しぶりにティム・ブレイクが参加するとのこと。ロイヤル・アルバート・ホールでの模様は収録して欲しいですね!

最新作 ALL ABOARD THE SKYLARKよりオープニング曲試聴公開

先日CLASSIC ROCK公式サイトにデイヴ・ブロックの新作のコンセプトについてのコメントとオープニングナンバーFlesh Fondue試聴が掲載されました。

https://www.loudersound.com/news/hawkwind-launch-maniacal-space-rock-anthem-flesh-fondue

ブロックが語った新作ALL ABOARD THE SKYLARKのコンセプトは以下。

「アルバムは人類の滅亡についてのものだ。地球は過去5回の絶滅を繰り返しており、そのたびに特定の昆虫と動物だけが生き残りすべてをリスタートしてきたという事をストーリーの一部として取り組んだ。オープニングの”フレッシュ・フォンデュー”は、宇宙を旅しながら生物を捕食するエイリアンについてのもので、コンセプトを反映している。このアイデアはとても興味深いが全てのコンセプトを完成させることは出来なかった。まずはアルバムをリリースすることを優先した。しかし来年このオリジナルコンセプトの追求に戻るつもりだ。」

オープニング曲の試聴は以下で。ホークスらしいハードリフを中心にした曲で歌詞は「チャーチ・オブ・ホークウインド 」のスター・カニバルそのままです。

]https://w.soundcloud.com/player/?url=https%3A//api.soundcloud.com/tracks/666153950%3Fsecret_token%3Ds-sMI5A&color=%23ff5500