クオークのジャケット製作者のコメント

ホークウインドのアルバム・カバーの中で、唯一HIPGNOSIS(ヒプノシス)が手がけたQUARK STRANGENESS AND CHARM(クオーク・ストレンジネス・アンド・チャーム)。デザインはヒプノシスがしていますが、その実作業は外注されています。当時は当然ながら完全な手作業。カラープリントした写真を切り抜いてコラージュしたり、その上からエアブラシなどで加工するなどのレタッチを駆使していました。

Hawkwind/Quark Strangeness And Charm
1950年代のSFをイメージしたというアートワーク
私所有のこのジャケは、S.ハウス以外の4名の直筆サインが書かれたもの

その作業を行なっていたリチャード・マニング氏のサイトで、クオークのカバーについてのコメントがありました。文字盤を切り貼りしたとか、光線や稲妻のようなラインは全てエアブラシで作業したなど。なおこのロケ地は、ピンク・フロイドの「アニマルズ」で有名なバタシー発電所の内部です。

Hawkwind/Quark Strangeness And Charm
デザインにヒプノシス、グラフィックにジェオフ・ハルピンという記載がありますが、マニングのクレジットはありません。