ホークウインド50年目の最新作ALL ABOARD THE SKYLARK堂々のリリース

Hawkwind / ALL ABOARD THE SKYLARK
2種のLP盤、2CDのバリエーション。

CHERRY RED公式サイトの告知では10/25発売予定ですが、日本にはすでに入荷。15日くらいから東京の店頭に並んでいます。昨日の時点でDiskUnionさんにはCDは豊富にありました。私はアナログ盤はタワーレコードさんで入手しましたが、LP盤は限定なので入荷数は少ないと思われます。今回は2CDデジパック、その2枚をLP2枚のアナログ盤に分割してのリリースです。

注目のスタジオ新録ALL ABOARD THE SKYLARKは、先日のブロックさんのコメントにあったように破滅と再生を繰り返す地球や人類の今後を案じるテーマです。ブロック、チャドウィック、マーティン、ホーンの4人体制になってから最初のスタジオ作ですが、マーティンの進境が著しく、全体の作風にその影響が及ぼしています。生粋のロッカーというよりはアコギのプレイや和声にジャジーなセンスもあり、昨今のブロックのソロの作風に近い、落ち着いた佇まいも垣間見せます。とはいえ、スペースロックの総本山ならではの重厚な音の連なりと抑揚の効いたベテランならではの作品です。詳細は以下の各盤レビューをご覧ください。

ALL ABOARD THE SKYLARK -2CD Review

ALL ABOARD THE SKYLARK -LP Review

ACOUSTIC DAZE -LP Review

Hawkwind / ALL ABOARD THE SKYLARK
2CD版はデジパック仕様。

来月から50周年記念ツアーを本国で行いますが、久しぶりにティム・ブレイクが参加するとのこと。ロイヤル・アルバート・ホールでの模様は収録して欲しいですね!

最新作 ALL ABOARD THE SKYLARKよりオープニング曲試聴公開

先日CLASSIC ROCK公式サイトにデイヴ・ブロックの新作のコンセプトについてのコメントとオープニングナンバーFlesh Fondue試聴が掲載されました。

https://www.loudersound.com/news/hawkwind-launch-maniacal-space-rock-anthem-flesh-fondue

ブロックが語った新作ALL ABOARD THE SKYLARKのコンセプトは以下。

「アルバムは人類の滅亡についてのものだ。地球は過去5回の絶滅を繰り返しており、そのたびに特定の昆虫と動物だけが生き残りすべてをリスタートしてきたという事をストーリーの一部として取り組んだ。オープニングの”フレッシュ・フォンデュー”は、宇宙を旅しながら生物を捕食するエイリアンについてのもので、コンセプトを反映している。このアイデアはとても興味深いが全てのコンセプトを完成させることは出来なかった。まずはアルバムをリリースすることを優先した。しかし来年このオリジナルコンセプトの追求に戻るつもりだ。」

オープニング曲の試聴は以下で。ホークスらしいハードリフを中心にした曲で歌詞は「チャーチ・オブ・ホークウインド 」のスター・カニバルそのままです。

]https://w.soundcloud.com/player/?url=https%3A//api.soundcloud.com/tracks/666153950%3Fsecret_token%3Ds-sMI5A&color=%23ff5500

ホークウインド2019年新作「オール・アボード・ザ・スカイラーク」国内盤リリースは2012年以来

いよいよ今月25日にリリースの迫ったホークウインドの新作ALL ABOARD THE SKYLARKですが、新作としては久しぶりに国内流通盤もリリースされることになりました。マーキー・インコーポレイティドからのベル・アンティーク・レーベル。輸入盤に解説と帯付けしたものとしてリリース。
タイトルはカタカナ表記「オール・アボード・ザ・スカイラーク」
MAR 193212-3
価格 3,850円(10%の税込)
本国盤そのままの2CDです。

AllAboardTheSkylark

ここ数年、過去作は国内リリースされることがあっても、毎年新作をリリースしているにも関わらず、それらの国内盤が発売されることはありませんでした(ウルトラ・ヴァイブからの輸入盤帯付けはありましたが、帯のみで解説が無く国内盤というにはちょっと厳しい)。最後に国内盤としてリリースされたのは、2012年の「オンワード」(こちらはDIskUnionから輸入盤に解説、帯付けでした)以来ですので、7年振りということになります。

ベル・アンティーク1025日発売情報ページはこちら

なお、故H.L.ラントンが在籍したWIDOWMAKERの2枚のアルバムが紙ジャケSHM-CDで同日ベル・アンティークからリリースされます。ブルージーな正統派HRといったサウンドで、ラントンはこういうサウンドの方がよりフィットしますね。

ホークウインド最新作”ALL ABOARD THE SKYLARK”10月発売!

Hawkwind / All Aboard The Skylark
2CD: Cherry Red Records – CDBRED782
Vinyl Edition: Cherry Red Records – BRED782

やはりレコーディングされていたようです!スタジオ最新作All Aboard The Skylarkというタイトルで10月25日にリリースされるとのこと。11月の50周年記念ツアーに向けてですね。今回もCDに加えて1000枚限定のLPをリリース。
トラックリストです。

All Aboard The Skylark

  1. Flesh Fondue
  2. Nets Of Space
  3. Last Man On Earth
  4. We Are Not Dead…Only Sleeping
  5. All Aboard The Skylark
  6. 65 Million Years Ago
  7. In The Beginning
  8. The Road To…
  9. The Fantasy of Faldum

アルバムタイトルは「スカイラークに乗船を!」という感じですね。Skylarkはヒバリですが、空に向かって羽ばたくという意味もあり、その名を冠した宇宙船ということでしょう。まさにホークスらしい前進を意味しています。カバー、各曲タイトルも相変わらずスペース・ロッカーらしい。参加は現在のレギュラーメンバーである4人、デイヴ・ブロック(G/Vo/Key)、リチャード・チャドウィック(Dr/Vo)、ナイル・ホーン(B)、マグナス・マーティン(Key/G)。
カバーアートはThe Machine Stops(2016)やInto The Woods(2017)を担当したマーティン・クレルと思います。またまた「永劫の宮殿」風朽ちた宇宙船です。
各曲タイトルを見ると、全曲新曲と思われます。オープナーは「チャーチ・オブ・ホークウインド」のStar Cannnibalの歌詞です。終曲はヘッセの寓話「ファルドゥム」をベースにしたとのこと。以前、古巣ロックフィールドでレコーディングしているらしいと報じましたが、現時点では明らかではありません。前作The Road To Utopia(2018)はブロックの農場スタジオではない録音のためか、良音質だったので、ロックフィールドだと嬉しいのですが。
LPは1枚で上記のトラックが収められており、CDは2枚組でCD1は上記の本編、CD2はAcoustic Dazeと名付けられたボーナスディスク。その名の通り、ここ数年ステージのオープニングで披露しているアコースティックセットを再現したもの。

Hawkwind / Acoustic Daze
Vinyl Edition: Cherry Red Records – BRED783

Acoustic Daze

  1. Psy Power
  2. Hymne To The Sun
  3. The Watcher
  4. Generator Door
  5. Micro Man
  6. Intro The Night
  7. Down Through The Night
  8. Flying Doctor
  9. Get Yourself Together
  10. Ascent Of Man
  11. We Took The Wrong Step Years Ago

2016年から毎年1作キッチリと新作をリリースするホークス、ツアーも欠かさず行っており、枯れない創作意欲、実に頼もしいですね。50周年記念作、指折り数えて待ちましょう。なお11月のツアーの後、年末に50周年最後のファンサービスHawkfestの実施の準備もしているそうです。

<2019年8月11日追加>CDのボーナスディスクACOUSTIC DAZEもLPリリースされるとのこと。(Cherry Red Records – BRED783)

PROG誌 2019カバー・オブ・ジ・イヤー・ノミネート

英PROG誌の年間アワードで、2018年リリースしたRoad To Utopiaがジャケットデザインを競うアルバム・カバー・オブ・ジ・イヤー部門でノミネートされています。ここでは過去(2013年)にブロックが生涯業績賞を受賞しています。しかし何でまたこのジャケがノミネートされたんだか、中身のほのぼのとしたコンセプトをうまく表現しているからかもしれません。ぜひ投票を!