50th Anniversary Tourの模様

Hawkwind 50th Anniversary Tour
下手からM.マーティン(Key/G/Vo)、N.ホーン(B)、中央にT.ブレイク(Key)、後にR.チャドウィック(Dr/Vo)、上手は定位置D.ブロック(G/Vo)

11月10日から始まった英国内15カ所に及ぶ50周年記念ツアーは順調に進んでいるようです。今回は予告通り、レギュラーメンバー4人に加えティム・ブレイクが参加。レーザー光線を使い、舞台上には「宇宙の探求」や「宇宙の祭典」を始め今までリリースしたアルバムカバーのデザインシートが飾られています。セットリストは以下となっています。

Hawkwind 50th Anniversary Tour

( )内は収録アルバムとリリース年

  • Motorway City (LEVITATION-1980)
  • Flesh Fondue (ALL ABOARD THE SKYLARK-2019)
  • Last Man On Earth (ALL ABOARD THE SKYLARK-2019)
  • Tha Song Of The Gremlin (R. CALVERT: CPT. LOCKHEED AND THE STARFIGHTERS-1974)
  • Born To Go (SPACE RITUAL-1973)
  • You Shouldn’t Do That (IN SEARCH OF SPACE-1972)
  • 65 Million Years Ago (ALL ABOARD THE SKYLARK-2019)
  • In The Beginning (ALL ABOARD THE SKYLARK-2019)
  • Spirit Of The Age (QUARK STRANGENESS AND CHARM-1977)
  • The Fantasy Of Faldum (ALL ABOARD THE SKYLARK-2019)
  • Silver Machine (シングルリリース-1972)
  • Assault And Battery (WARRIOR ON THE EDGE OF TIME-1975)
  • The Golden Void (WARRIOR ON THE EDGE OF TIME-1975)
  • Right To Decide (ELECTRIC TEPEE-1992)

アンコール

  • Hurry On Sundown (HAWKWIND-1970)
  • Master Of The Universe (IN SEARCH OF SPACE-1971)
Hawkwind 50th Anniversary Tour

新作ALL ABOARD THE SKYLARKからの選曲が多めで、それ以外のほとんどは70年代の定番曲という構成ですね。千秋楽のロイヤル・アルバート・ホールあたりはライブレコーディングしそうですね。なお昨年のオーケストラ共演ツアーの模様もレコーディングされていたらしく、アルバムとしてリリースすることも想定していたようなのですが、それよりも新作アルバムのリリースを優先したと、先日紹介しましたPROG誌のインタビューでブロックが語っていました。今後ライブアルバムとして日の目をみるかもしれませんね。でも、結構発売されていないライブレコーディングの素材あるようなので、リリースされないままお蔵入りして欲しくないです。

ホークウインド最新作”ALL ABOARD THE SKYLARK”10月発売!

Hawkwind / All Aboard The Skylark
2CD: Cherry Red Records – CDBRED782
Vinyl Edition: Cherry Red Records – BRED782

やはりレコーディングされていたようです!スタジオ最新作All Aboard The Skylarkというタイトルで10月25日にリリースされるとのこと。11月の50周年記念ツアーに向けてですね。今回もCDに加えて1000枚限定のLPをリリース。
トラックリストです。

All Aboard The Skylark

  1. Flesh Fondue
  2. Nets Of Space
  3. Last Man On Earth
  4. We Are Not Dead…Only Sleeping
  5. All Aboard The Skylark
  6. 65 Million Years Ago
  7. In The Beginning
  8. The Road To…
  9. The Fantasy of Faldum

アルバムタイトルは「スカイラークに乗船を!」という感じですね。Skylarkはヒバリですが、空に向かって羽ばたくという意味もあり、その名を冠した宇宙船ということでしょう。まさにホークスらしい前進を意味しています。カバー、各曲タイトルも相変わらずスペース・ロッカーらしい。参加は現在のレギュラーメンバーである4人、デイヴ・ブロック(G/Vo/Key)、リチャード・チャドウィック(Dr/Vo)、ナイル・ホーン(B)、マグナス・マーティン(Key/G)。
カバーアートはThe Machine Stops(2016)やInto The Woods(2017)を担当したマーティン・クレルと思います。またまた「永劫の宮殿」風朽ちた宇宙船です。
各曲タイトルを見ると、全曲新曲と思われます。オープナーは「チャーチ・オブ・ホークウインド」のStar Cannnibalの歌詞です。終曲はヘッセの寓話「ファルドゥム」をベースにしたとのこと。以前、古巣ロックフィールドでレコーディングしているらしいと報じましたが、現時点では明らかではありません。前作The Road To Utopia(2018)はブロックの農場スタジオではない録音のためか、良音質だったので、ロックフィールドだと嬉しいのですが。
LPは1枚で上記のトラックが収められており、CDは2枚組でCD1は上記の本編、CD2はAcoustic Dazeと名付けられたボーナスディスク。その名の通り、ここ数年ステージのオープニングで披露しているアコースティックセットを再現したもの。

Hawkwind / Acoustic Daze
Vinyl Edition: Cherry Red Records – BRED783

Acoustic Daze

  1. Psy Power
  2. Hymne To The Sun
  3. The Watcher
  4. Generator Door
  5. Micro Man
  6. Intro The Night
  7. Down Through The Night
  8. Flying Doctor
  9. Get Yourself Together
  10. Ascent Of Man
  11. We Took The Wrong Step Years Ago

2016年から毎年1作キッチリと新作をリリースするホークス、ツアーも欠かさず行っており、枯れない創作意欲、実に頼もしいですね。50周年記念作、指折り数えて待ちましょう。なお11月のツアーの後、年末に50周年最後のファンサービスHawkfestの実施の準備もしているそうです。

<2019年8月11日追加>CDのボーナスディスクACOUSTIC DAZEもLPリリースされるとのこと。(Cherry Red Records – BRED783)

PROG誌 2019カバー・オブ・ジ・イヤー・ノミネート

英PROG誌の年間アワードで、2018年リリースしたRoad To Utopiaがジャケットデザインを競うアルバム・カバー・オブ・ジ・イヤー部門でノミネートされています。ここでは過去(2013年)にブロックが生涯業績賞を受賞しています。しかし何でまたこのジャケがノミネートされたんだか、中身のほのぼのとしたコンセプトをうまく表現しているからかもしれません。ぜひ投票を!

ホークウインド 結成50周年記念ツアー

今年は1969年の結成から50年目となる記念すべき年ですが、昨年告知されましたように11月26日の名門ロイヤル・アルバート・ホールでのコンサートが実施されます。今年に入ってから、その日を千秋楽とする11月の英国内ツアー12公演がブッキングされました。ツアーの詳細はまだ明らかになっていませんが、ゲストなどの情報も決まり次第発表されるかと思います。
また今年は5月にイビザのHRM誌主催のIBIZA ROAD TRIPの10回目のフェスに招待、6月にはベルギーのメタルフェスGRASPOP METAL MEETINGへの参加が決定しています。
今年前半はギグの予定がないので、ひょっとしたら新作の制作をしているかもしれません。