ホウクローズ 今年も新作順調リリース

Hawklords
L to R: Jerry Richards – Tom Ashurst – ‘Dead’ Fred Reeves- Dave Pearce

ジェリー・リチャーズ率いるHAWKLORDS、8月にスタジオ作品として10作目となるアルバムTIMEをリリースします。2011年の活動開始からちょうど10年目、コンスタントにリリースしてきました。

今作のコンセプトは「Time誌を通して見た様々な人生の観察 」。アルバムカバーは1940年代のTIMEの表紙をイメージ。収録曲Speed Of Soundをテーマにしています。当時の音速戦闘機のパイロットをオマージュした曲とのこと。その他、収められている楽曲は未来のディストピアを歌ったTo The New Ageなど、従来路線のSFファンタジートリップなアルバム。ロックダウン中の昨年11月から本年5月の間に録音されました。メンバーはジェリー・リチャーズ(G/Vo)、デイヴ・ピアース(Dr)、トム・アシュースト(B/Vo)、デッド・フレッド(Key/Vo)で前作と同じ。ゲストにかつてメンバーだったエイドリアン・ショウ(B)、サックス奏者のクリス・オルドリッジが参加。ホークス ・フォロワーでは実力No1で毎作楽しみなバンドです。

ギグ活動は10月にショートツアーが予定されています。また来年4月にはHRH PROGへの出演も決定。

ホウクローズ・ディスコグラフィはこちら

Hawklords / Time
HAWKLORDS / TIME (SHELLSHOCK – LORDS0721)

Hawkwind 2021年最新作”SOMNIA”発売決定

HAWKWIND  SOMNIA Album cover
HAWKWIND / SOMNIA – CHERRY RED CDBRED845(CD) BRED845(LP)

尽きることのないデイヴ・ブロックの創作意欲、今年も秋に新作スタジオアルバムをリリースするという告知が発信されています。年1作ペースが長いこと続いているので、当たり前のように感じて逆に誰も驚かないという感じですが、52年続いているバンドとして実に凄いことなんですよね。

タイトルはSOMNIAソムニア。insomniaという不眠症を指す英語がありますが、このsomniaはラテン語で「夢」という意味とのことです。コンセプトについてはリリース元(今回も英チェリー・レッド)のページに記載されており、テーマは「睡眠」ということです。これをローマ神話まで遡り、眠りの神と言われているソムナスや不眠、妄想などのパラノイアなどを扱っているとのこと。コンセプトはインナースペースに向かったものと言えるでしょう。

収録曲は13曲、LPとCD、2種のフォーマットで9月10日リリース。公開されたアルバムカバーはホークスには珍しいゴシック調の印象派の絵画を思わすもの。

なおギグ関係ですが、英国でのコロナ禍状況を受けて昨年開催中止になったBeautiful Daysフェス(8/20-22)に出演、同じく昨年は中止になったホークフェストは8月27-29日でイーストデボンで実施予定、これを皮切りにこの新作リリースに伴った英国内ツアーを9月11日〜27日に6日間実施予定。さらに今年2月2日に予定されるも5月1日に延期され、再度延期されたロンドン、パラディウムでの『ARRIVAL IN DYSTOPIA』と題されたコンサートを10月28日に実施するとのこと。

アルバムにツアーと、いつものホークスの日常が戻ってきそうで頼もしいです。

HAWKWIND / ARRIVAL IN DYSTOPIA -THE LONDON PLLADIUM 2021/10/28
HAWKWIND / ARRIVAL IN DYSTOPIA -THE LONDON PLLADIUM 2021/10/28
BEAUTIFUL DAYS 20-22 AUGUST 2021
BEAUTIFUL DAYS 20-22 AUGUST 2021

CARNIVOROUS LPその後

前回の投稿でチェリー・レッドから直販で購入したHAWKWIND LIGHT ORCHESTRAのCARNIVOROUSのアナログ盤2枚組が同じ盤だったトラブルですが、連絡してから2ヶ月近くかかりましたが、ようやく正しい盤が届きました。もちろん送料は先方もちで、誤ってダブりで入っていた盤は返却しなくても良いということでした。最初はなかなか返事がなくやきもきしましたが、きちんと対応してくれて良かったです。

HAWKWIND LIGHT ORCHESTRA / CARNIVOROUS Vinyl -Side Three
届いたSIDE THREE/FOUR。
HAWKWIND LIGHT ORCHESTRA / CARNIVOROUS
やっと正しい形に。SIDE ONE/TWO、SIDE THREE/FOUR。

Hawkwind Light Orchestra CARNIVOROUSリリース

Dave Brock - Hawkwind
来年80歳を迎えるデイヴ・ブロック

ホークウインドのサイドプロジェクトホークウインド ・ライト・オーケストラの新作「カーニヴォラス」の発売予定は10月21日とされていましたが、すでにリリース済みで日本国内にも入荷していますね。今回はディスクユニオンさんが入荷早かったです。私はCDはDUさんで購入、LPはチェリーレッドに直オーダーしましたので、まだ届いていません。チェリーレッドでプリオーダーすると「ポストカードが付く」と掲載されていましたが、いつの間にか「抽選でテストプレスになるかも」に変わってました。どうでもいいんですが。ちなみに次のライブアルバムも同様にプリオーダーの人は抽選でテストプレス当たるかもになってます。

さて内容に関しては、もう聴かれている方もおられると思いますが、安定のホークスサウンドでしたね。当初はブロックさんのソロとして作られ始めたので、彼の趣味が反映されている曲などホークスよりは各曲のテイストが色々と違っていたり、インストルメンタル曲が多かったりですが、2012年のHLO1作目よりはいい感じですね。

レビューはこちら。

HAWKWIND LIGHT ORCHESTRA / CARNIVOROUS
HAWKWIND LIGHT ORCHESTRA / CARNIVOROUS (CHERRY RED RECORDS – CDBBRED822)
カバー裏

ホークウインド 2020年新作は50周年記念ツアーのライブ盤

Hawkwind/50th Anniversary Live 2CD Edition
50TH ANNIVERSARY LIVE 2CD EDITION (CHERRY RED/CDBRED830)

2CD/3LPで12月2日発売

サイドプロジェクト、ホークウインド ・ライト・オーケストラの2ndアルバムCARNIVOROUSが当初予定より早めにリリースされましたが、続いてホークウインド 本体の新作リリース情報です。タイトル通り昨年11月の50周年ツアーの模様を収録したライブアルバムです。アルバムカバーはハイライトとなったロイヤル・アルバートホールのステージフォト。収録データについては正確な情報はアナウンスされていませんが、おそらくアルバートホールの収録がメインになっていると思います。セットリストはこのツアーのものと同一です。ゲストとしてフィル・キャンベルが参加しているのも、アルバートホールです。また久しぶりにティム・ブレイクも参加しています。現ラインナップでのライブ作品は初めてなので、楽しみですね。DVD/BDリリースの情報はありませんので、映像は撮られてなかったのかもしれません。

トラックリストは下記です。ギグ丸ごと収録で、新作「オール・アボード・ザ・スカイラーク」からの選曲とスタンダートナンバーによる構成。

DISC ONE
1. MOTORWAY CITY
2. FLESH FONDUE
3. LAST MAN ON EARTH
4. SPACE IS DARK
5. BORN TO GO
6. 65 MILLION YEARS AGO
7. IN THE BEGINNING
8. SPIRIT OF THE AGE
9. THE FANTASY OF FALDUM

DISC TWO
1. THE WATCHER
2. SILVER MACHINE
3. ASSAULT & BATTERY
4. GOLDEN VOID
5. THE RIGHT TO DECIDE
6. ACCOLADE
7. HURRY ON SUNDOWN
8. MASTER OF THE UNIVERSE / WELCOME TO THE FUTURE

2020年の新作はCOVID-19に因んだCARNIVOROUS

HAWKWIND LIGHT ORCHESTRA - CARNIVOROUS
HAWKWIND LIGHT ORCHESTRA / CARNIVOROUS (CHERRY RED – CDBRED822)

COVID-19により、イベント出演やギグが見送りになっているので、間違いなくレコーディングに勤しんでると思っていましたが、ついにリリースの告知です。HAWKWIND名義ではなく、かつてアルバムをリリースしたことがあるサイドプロジェクトHAWKWIND LIGHT ORCHESTRA(以下HLO)としての10月16日リリースとのこと。昨年の50周年記念ツアーの直後からデイヴ・ブロックはソロ作品の制作を開始、今年に入ってから現ホークウインド のメンバーリチャード・チャドウィックとマーティン・マグナスが制作をサポートして作り上げたとのこと。HLO名義の最初のリリースは2012年で、その時は大雪でステイホーム状態で、メンバーが全員集まれず作ったアルバムでした。今回は新型コロナウイルス渦での制作ということで、ある意味状況が似ているところもあってか、HLO名義を使ったようです。

楽曲は15曲ということで、短尺曲が多そうです。アルバムタイトル「カーニバラス」はコロナウイルスを想起させるタイトルで意味は肉食獣、ベジタリアンであるブロックの食肉に対する否定感とウイルスへの思いが組み合わさった象徴的なタイトル。アナログ盤はLP2枚組。CHERRY REDの通販ではポストカードが付くとのこと。

なおHRH PROGの延期となったブロックのソロステージは10月17〜18日に実施されますので、このアルバムはそれに向けたリリース。来年4月のHRH PROGにはHAWKLORDSの出演が予定されています。

ホークウインド50年目の最新作ALL ABOARD THE SKYLARK堂々のリリース

Hawkwind / ALL ABOARD THE SKYLARK
2種のLP盤、2CDのバリエーション。

CHERRY RED公式サイトの告知では10/25発売予定ですが、日本にはすでに入荷。15日くらいから東京の店頭に並んでいます。昨日の時点でDiskUnionさんにはCDは豊富にありました。私はアナログ盤はタワーレコードさんで入手しましたが、LP盤は限定なので入荷数は少ないと思われます。今回は2CDデジパック、その2枚をLP2枚のアナログ盤に分割してのリリースです。

注目のスタジオ新録ALL ABOARD THE SKYLARKは、先日のブロックさんのコメントにあったように破滅と再生を繰り返す地球や人類の今後を案じるテーマです。ブロック、チャドウィック、マーティン、ホーンの4人体制になってから最初のスタジオ作ですが、マーティンの進境が著しく、全体の作風にその影響が及ぼしています。生粋のロッカーというよりはアコギのプレイや和声にジャジーなセンスもあり、昨今のブロックのソロの作風に近い、落ち着いた佇まいも垣間見せます。とはいえ、スペースロックの総本山ならではの重厚な音の連なりと抑揚の効いたベテランならではの作品です。詳細は以下の各盤レビューをご覧ください。

ALL ABOARD THE SKYLARK -2CD Review

ALL ABOARD THE SKYLARK -LP Review

ACOUSTIC DAZE -LP Review

Hawkwind / ALL ABOARD THE SKYLARK
2CD版はデジパック仕様。

来月から50周年記念ツアーを本国で行いますが、久しぶりにティム・ブレイクが参加するとのこと。ロイヤル・アルバート・ホールでの模様は収録して欲しいですね!

ホークウインド2019年新作「オール・アボード・ザ・スカイラーク」国内盤リリースは2012年以来

いよいよ今月25日にリリースの迫ったホークウインドの新作ALL ABOARD THE SKYLARKですが、新作としては久しぶりに国内流通盤もリリースされることになりました。マーキー・インコーポレイティドからのベル・アンティーク・レーベル。輸入盤に解説と帯付けしたものとしてリリース。
タイトルはカタカナ表記「オール・アボード・ザ・スカイラーク」
MAR 193212-3
価格 3,850円(10%の税込)
本国盤そのままの2CDです。

AllAboardTheSkylark

ここ数年、過去作は国内リリースされることがあっても、毎年新作をリリースしているにも関わらず、それらの国内盤が発売されることはありませんでした(ウルトラ・ヴァイブからの輸入盤帯付けはありましたが、帯のみで解説が無く国内盤というにはちょっと厳しい)。最後に国内盤としてリリースされたのは、2012年の「オンワード」(こちらはDIskUnionから輸入盤に解説、帯付けでした)以来ですので、7年振りということになります。

ベル・アンティーク1025日発売情報ページはこちら

なお、故H.L.ラントンが在籍したWIDOWMAKERの2枚のアルバムが紙ジャケSHM-CDで同日ベル・アンティークからリリースされます。ブルージーな正統派HRといったサウンドで、ラントンはこういうサウンドの方がよりフィットしますね。

ホークウインド最新作”ALL ABOARD THE SKYLARK”10月発売!

Hawkwind / All Aboard The Skylark
2CD: Cherry Red Records – CDBRED782
Vinyl Edition: Cherry Red Records – BRED782

やはりレコーディングされていたようです!スタジオ最新作All Aboard The Skylarkというタイトルで10月25日にリリースされるとのこと。11月の50周年記念ツアーに向けてですね。今回もCDに加えて1000枚限定のLPをリリース。
トラックリストです。

All Aboard The Skylark

  1. Flesh Fondue
  2. Nets Of Space
  3. Last Man On Earth
  4. We Are Not Dead…Only Sleeping
  5. All Aboard The Skylark
  6. 65 Million Years Ago
  7. In The Beginning
  8. The Road To…
  9. The Fantasy of Faldum

アルバムタイトルは「スカイラークに乗船を!」という感じですね。Skylarkはヒバリですが、空に向かって羽ばたくという意味もあり、その名を冠した宇宙船ということでしょう。まさにホークスらしい前進を意味しています。カバー、各曲タイトルも相変わらずスペース・ロッカーらしい。参加は現在のレギュラーメンバーである4人、デイヴ・ブロック(G/Vo/Key)、リチャード・チャドウィック(Dr/Vo)、ナイル・ホーン(B)、マグナス・マーティン(Key/G)。
カバーアートはThe Machine Stops(2016)やInto The Woods(2017)を担当したマーティン・クレルと思います。またまた「永劫の宮殿」風朽ちた宇宙船です。
各曲タイトルを見ると、全曲新曲と思われます。オープナーは「チャーチ・オブ・ホークウインド」のStar Cannnibalの歌詞です。終曲はヘッセの寓話「ファルドゥム」をベースにしたとのこと。以前、古巣ロックフィールドでレコーディングしているらしいと報じましたが、現時点では明らかではありません。前作The Road To Utopia(2018)はブロックの農場スタジオではない録音のためか、良音質だったので、ロックフィールドだと嬉しいのですが。
LPは1枚で上記のトラックが収められており、CDは2枚組でCD1は上記の本編、CD2はAcoustic Dazeと名付けられたボーナスディスク。その名の通り、ここ数年ステージのオープニングで披露しているアコースティックセットを再現したもの。

Hawkwind / Acoustic Daze
Vinyl Edition: Cherry Red Records – BRED783

Acoustic Daze

  1. Psy Power
  2. Hymne To The Sun
  3. The Watcher
  4. Generator Door
  5. Micro Man
  6. Intro The Night
  7. Down Through The Night
  8. Flying Doctor
  9. Get Yourself Together
  10. Ascent Of Man
  11. We Took The Wrong Step Years Ago

2016年から毎年1作キッチリと新作をリリースするホークス、ツアーも欠かさず行っており、枯れない創作意欲、実に頼もしいですね。50周年記念作、指折り数えて待ちましょう。なお11月のツアーの後、年末に50周年最後のファンサービスHawkfestの実施の準備もしているそうです。

<2019年8月11日追加>CDのボーナスディスクACOUSTIC DAZEもLPリリースされるとのこと。(Cherry Red Records – BRED783)

PROG誌 2019カバー・オブ・ジ・イヤー・ノミネート

英PROG誌の年間アワードで、2018年リリースしたRoad To Utopiaがジャケットデザインを競うアルバム・カバー・オブ・ジ・イヤー部門でノミネートされています。ここでは過去(2013年)にブロックが生涯業績賞を受賞しています。しかし何でまたこのジャケがノミネートされたんだか、中身のほのぼのとしたコンセプトをうまく表現しているからかもしれません。ぜひ投票を!

ティム・ブレイクのアーカイヴ集発売

TIM-BLAKE-Lighthouse
TIM BLAKE: Lighthouse An Anthology 1973 – 2012 (Esoteric Recordings ECLEC42651 (2018)

ティム・ブレイクの主だったソロ作品群はESOTERIC RECORDINGSからリリース済みですが、今回はクラムシェルBOX仕様ということで、ホークウインドのレーベルごとのまとめBOXと同じようなものかと思ったところ、それとは違っており、なかなか興味深い内容。3CDに1DVDというフォーマット。DVDはNTSC。最近はイギリス物でもNTSCが増えていますね。
タイトルは LIGHTHOUSE An Anthology 1973 – 2012。

CD1とCD2はブレイクが在籍したバンド、ゴング、ホークウインド、サラトガ・スペース・メッセンジャーズなどの曲。ゴングは「ラジオ・グノーム3部作」の各アルバムから1曲ずつ。ホークスは「ライブ’79」からLighthouse、「レヴィテイション」からPrelude、Who’s Gonna Win The War。ソロ各アルバムから1、2曲をセレクト。未発表トラックとして2009年のライブテイク1曲。
そして今回の目玉はCD3とDVDになります。CD3はアルバム「クリスタル・マシーン」製作時の習作などを含む未発表トラック6曲、2006年のライブテイク。
DVDはYoutubeでも観ることができた79年の仏TV番組出演時のOAビデオが収録されています。LighthouseやNew Jerusalemを含む4曲です。
発売はもうそろそろ本国でリリースされるようです。CHERRY REDの告知ページでは12月14日の予定となっています。