2020年の新作はCOVID-19に因んだCARNIVOROUS

HAWKWIND LIGHT ORCHESTRA - CARNIVOROUS
HAWKWIND LIGHT ORCHESTRA / CARNIVOROUS (CHERRY RED – CDBRED822)

COVID-19により、イベント出演やギグが見送りになっているので、間違いなくレコーディングに勤しんでると思っていましたが、ついにリリースの告知です。HAWKWIND名義ではなく、かつてアルバムをリリースしたことがあるサイドプロジェクトHAWKWIND LIGHT ORCHESTRA(以下HLO)としての10月16日リリースとのこと。昨年の50周年記念ツアーの直後からデイヴ・ブロックはソロ作品の制作を開始、今年に入ってから現ホークウインド のメンバーリチャード・チャドウィックとマーティン・マグナスが制作をサポートして作り上げたとのこと。HLO名義の最初のリリースは2012年で、その時は大雪でステイホーム状態で、メンバーが全員集まれず作ったアルバムでした。今回は新型コロナウイルス渦での制作ということで、ある意味状況が似ているところもあってか、HLO名義を使ったようです。

楽曲は15曲ということで、短尺曲が多そうです。アルバムタイトル「カーニバラス」はコロナウイルスを想起させるタイトルで意味は肉食獣、ベジタリアンであるブロックの食肉に対する否定感とウイルスへの思いが組み合わさった象徴的なタイトル。アナログ盤はLP2枚組。CHERRY REDの通販ではポストカードが付くとのこと。

なおHRH PROGの延期となったブロックのソロステージは10月17〜18日に実施されますので、このアルバムはそれに向けたリリース。来年4月のHRH PROGにはHAWKLORDSの出演が予定されています。

ホークウインド周辺近況

COVID-19の影響で予定していたフェス参加(4月のHRH、8月のBEAUTIFUL DAYS)は延期や中止になっています。7月のRAMBLIN’ MAN FAIRもこの状況ですと中止か。その中で8月下旬に予定していた恒例のバンド主催イベントHAWKFESTについても公式Facebookページで、ファンに意見を聞いていますが、今年は中止にして欲しいという意見が大勢を占めています。その中でライブ配信をしたらどうかという意見もありますが、ブロックのデボンの農場ではネット回線がかなり遅いとのことで実現は難しいようです。

関連アーティストの状況ですが、ニック・ターナーは昨年腰の手術をしたようで、その回復を待つため年初から表立った活動はしていないようです。

アラン・デイヴィは、Cleopatraレコーズから新作に加えての、引き続き過去リリースの音源の再発を続けており、AL CHEMICAL’S LYSERGIC ORCHESTRAシリーズ(2作)に続いて、80年代から宅録していた音源を収録した習作集FOUR TRACK MINDが4枚のアルバムをセットにしてリリース予定。

Alan Davey / Four Track Mind (Purple Pyramid – CLOJ1646)

以前自前のCD-Rで自身のギグなどで販売していたもの。その名の通り4トラックのカセットレコーダーでコツコツ作っていた習作集です。打ち込みドラムマシーンにシンセ類をオーバーダブ、インストや歌入りなどのプライベートなもので、デイヴィのソロが好きな方くらいにしかお勧めできないかも。

さらにサイドプロジェクトのバンドPRE-MEDの過去3枚のアルバムをセットにしてリリース予定。

Hawkestrel Presents Pre-Med (Purple Pyramid – CLO1703)

マルチプレイヤーであるボーカルのダニー・フォルクナーを核としたバンドで、以前VOICEPRINT傘下のHAWKWIND RECORDSからリリースされていました。メタル色の強いスペースロックで、フォルクナーの声がMr.ディブスに似ていますが、ドライブ感のある演奏とオリジナリティで周辺バンドの中ではなかなかの実力だと思います。デイヴィは昨年、新プロジェクトとしてHAWKESTREL名義でアルバムをリリースしましたが、今回のPRE-MEDのリリースにもその名称を使っていますね。

ジェリー・リチャーズ率いるホウクローズですが、昨年10-11月のツアーの模様をレコーディングしたライブアルバムALIVE IN CONCERTを今月29日にリリース予定。

現メンバーのリチャーズ、デイヴ・ピアース、トム・アシュースト、デッド・フレッドの4人にゲストでニック・ターナーが参加したもの。大半がバンドの曲ですがターナーが参加しているので、Master Of The Universe、Brainstorm、ターナーのソロアルバムよりSR-71を収録。昨年リリースされた最新作HEAVEN’S GATEまで参加していた古参のハーヴィー・ベインブリッジですが、このライブアルバムの収録されたツアーには参加していませんでした。その後バンドの公式Facebookページのバンドメンバーにもクレジットがないので脱退したのかもしれません。リーヴスは良いキーボード奏者ですが、ベインブリッジのシンセ類がなくなるとスペイシーさが減ってしまう懸念が出てきますが、どうだろう。ホウクローズのディスコグラフィはこちら。

ジャーナリストのジョー・バンクスの執筆したホークウインドのバイオグラフィ本DAYS OF THE UNDERGROUNDが発売されます。

Joe Banks / Hawkwind: Days of the Underground (STRANGE ATTRACTOR)

昨年からアナウンスされていましたが、遅れに遅れて現在6月発売と告知されています。新しいインタビューがかなり含まれているので、楽しみにしています。通常のペーパーバック(£22.00)に加えて、おまけのついたハードバック版(£50.00)が500部発行されるとのこと。出版元サイトはこちら。