IN SEARCH OF UTOPIAツアー終了

昨年に告知、ホークウインドとオーケストラの共演ライブIn Search Of Utopia’ – Infinity and Beyond plus The Blackheart Orchestraの全日程が終了しました。10月18日のマンチェスターをこけら落としに11月4日、5日のロンドンのパラディアムシアターを挟み、11月25日のバーミンガムを締めに全8公演行われました。そのうち5公演にアーサー・ブラウンが出演しました。途中11月17日はウエールズのHRH PROGフェスに出演、その時は通常のバンド演奏でした。
Hawkwind In Search Of Infinity tour
ブロックは60年代のストリートバスカーだった際、「パラディウムの裏で演奏してたら、公衆迷惑罪でしょっぴかれて、罰金払わされたんだ。でも今の俺を見てくれよ!」と今回パラディウム公演について感慨深げに語っていました。
各メディアのレビューやファンの評判も良かったです。ホークス本来の世界とはちょっと異なりますが、これ一回きりのイベントでしょうし。
キーボード、ギターのマーティンがリードボーカルをとる場面もあったそうです。
Hawkwind In Search Of Utopia

Youtubeにオーディエンスショットがたくさん上がってますが、公式ビデオ収録されていないようですね。レコーディングはされてるかもしれませんが。
今年のギグはこれで終了し、いよいよ結成50周年となる来年は50th Anniversary Tourということになるようです。今のところ、5月のイビザのHRHイベント、6月のベルギー、グラスポップ・メタルのイベントのブッキングが予定されています。

Hawkwind In Search Of Utopia
今回も色々な出で立ちで出演したアーサー・ブラウン

ティム・ブレイクのアーカイヴ集発売

TIM-BLAKE-Lighthouse
TIM BLAKE: Lighthouse An Anthology 1973 – 2012 (Esoteric Recordings ECLEC42651 (2018)

ティム・ブレイクの主だったソロ作品群はESOTERIC RECORDINGSからリリース済みですが、今回はクラムシェルBOX仕様ということで、ホークウインドのレーベルごとのまとめBOXと同じようなものかと思ったところ、それとは違っており、なかなか興味深い内容。3CDに1DVDというフォーマット。DVDはNTSC。最近はイギリス物でもNTSCが増えていますね。
タイトルは LIGHTHOUSE An Anthology 1973 – 2012。

CD1とCD2はブレイクが在籍したバンド、ゴング、ホークウインド、サラトガ・スペース・メッセンジャーズなどの曲。ゴングは「ラジオ・グノーム3部作」の各アルバムから1曲ずつ。ホークスは「ライブ’79」からLighthouse、「レヴィテイション」からPrelude、Who’s Gonna Win The War。ソロ各アルバムから1、2曲をセレクト。未発表トラックとして2009年のライブテイク1曲。
そして今回の目玉はCD3とDVDになります。CD3はアルバム「クリスタル・マシーン」製作時の習作などを含む未発表トラック6曲、2006年のライブテイク。
DVDはYoutubeでも観ることができた79年の仏TV番組出演時のOAビデオが収録されています。LighthouseやNew Jerusalemを含む4曲です。
発売はもうそろそろ本国でリリースされるようです。CHERRY REDの告知ページでは12月14日の予定となっています。