50th Anniversary Tourの模様

Hawkwind 50th Anniversary Tour
下手からM.マーティン(Key/G/Vo)、N.ホーン(B)、中央にT.ブレイク(Key)、後にR.チャドウィック(Dr/Vo)、上手は定位置D.ブロック(G/Vo)

11月10日から始まった英国内15カ所に及ぶ50周年記念ツアーは順調に進んでいるようです。今回は予告通り、レギュラーメンバー4人に加えティム・ブレイクが参加。レーザー光線を使い、舞台上には「宇宙の探求」や「宇宙の祭典」を始め今までリリースしたアルバムカバーのデザインシートが飾られています。セットリストは以下となっています。

Hawkwind 50th Anniversary Tour

( )内は収録アルバムとリリース年

  • Motorway City (LEVITATION-1980)
  • Flesh Fondue (ALL ABOARD THE SKYLARK-2019)
  • Last Man On Earth (ALL ABOARD THE SKYLARK-2019)
  • Tha Song Of The Gremlin (R. CALVERT: CPT. LOCKHEED AND THE STARFIGHTERS-1974)
  • Born To Go (SPACE RITUAL-1973)
  • You Shouldn’t Do That (IN SEARCH OF SPACE-1972)
  • 65 Million Years Ago (ALL ABOARD THE SKYLARK-2019)
  • In The Beginning (ALL ABOARD THE SKYLARK-2019)
  • Spirit Of The Age (QUARK STRANGENESS AND CHARM-1977)
  • The Fantasy Of Faldum (ALL ABOARD THE SKYLARK-2019)
  • Silver Machine (シングルリリース-1972)
  • Assault And Battery (WARRIOR ON THE EDGE OF TIME-1975)
  • The Golden Void (WARRIOR ON THE EDGE OF TIME-1975)
  • Right To Decide (ELECTRIC TEPEE-1992)

アンコール

  • Hurry On Sundown (HAWKWIND-1970)
  • Master Of The Universe (IN SEARCH OF SPACE-1971)
Hawkwind 50th Anniversary Tour

新作ALL ABOARD THE SKYLARKからの選曲が多めで、それ以外のほとんどは70年代の定番曲という構成ですね。千秋楽のロイヤル・アルバート・ホールあたりはライブレコーディングしそうですね。なお昨年のオーケストラ共演ツアーの模様もレコーディングされていたらしく、アルバムとしてリリースすることも想定していたようなのですが、それよりも新作アルバムのリリースを優先したと、先日紹介しましたPROG誌のインタビューでブロックが語っていました。今後ライブアルバムとして日の目をみるかもしれませんね。でも、結構発売されていないライブレコーディングの素材あるようなので、リリースされないままお蔵入りして欲しくないです。

先週末のグラストンベリーの様子

Hawkwind at Glastonbury 2019

先週末の29日(土)にグラストンベリー・フェスに久しぶりに出演したホークウインド ですが、その様子がファンから伝わってきました。メインのピラミッドステージではなく、複数ある別のステージの一つ、アコースティック・ステージの土曜のトリでした。ステージ名称はアコースティックですが、アンプラグドな演奏をしたわけでなく、通常通りの機材でした。

Hawkwind at Glastonbury 2019

メンバーは現在のレギュラーであるブロック、チャドウィック、ホーン、マーティン。そこにゲストでサックスプレイヤー(おそらく近年参加しているマイケル・ソスナ)、ボーカルで久々のロン・トゥリーが参加していました。

Ron Tree of Hawkwind at Glastonbury 2019
Dave Brock of Hawkwind at Glastonbury 2019
Magnus Martin of Hawkwind at Glastonbury 2019

オーディエンスショットで観るとダムネイション・アレイ歌ってます。ちなみにトゥリーは4月にホークスが行なったプライベートフェスPSYCHEDELIC SUNDAE(サイケデリック・サンデー)にも自身のバンドUNIT Xで呼ばれていました。ステージは背景映像は無く、レーザー光線、そして2名のダンサーも出演しました。

Dave Brock of Hawkwind at Glastonbury 2019

HAWKLORDS 新作とツアー告知

ホークウインド・オールボーイズの中でもパーマネントにバンドを続けているHAWKLORDS、ジェリー・リチャーズ、ハーヴィー・ベインブリッジを中心にコンスタントにアルバムリリースをしています。この10月に8枚目となるアルバムHEAVEN’S GATEをリリースとのこと。またそれに合わせて、10-11月に十数か所回るツアーを実施とのこと。ゲストにニック・ターナー、デッド・フレッドが参加予定。

リチャーズの最新インタビューはこちら。

Hawklords Generations Tour 2019

IN SEARCH OF UTOPIAツアー終了

昨年に告知、ホークウインドとオーケストラの共演ライブIn Search Of Utopia’ – Infinity and Beyond plus The Blackheart Orchestraの全日程が終了しました。10月18日のマンチェスターをこけら落としに11月4日、5日のロンドンのパラディアムシアターを挟み、11月25日のバーミンガムを締めに全8公演行われました。そのうち5公演にアーサー・ブラウンが出演しました。途中11月17日はウエールズのHRH PROGフェスに出演、その時は通常のバンド演奏でした。
Hawkwind In Search Of Infinity tour
ブロックは60年代のストリートバスカーだった際、「パラディウムの裏で演奏してたら、公衆迷惑罪でしょっぴかれて、罰金払わされたんだ。でも今の俺を見てくれよ!」と今回パラディウム公演について感慨深げに語っていました。
各メディアのレビューやファンの評判も良かったです。ホークス本来の世界とはちょっと異なりますが、これ一回きりのイベントでしょうし。
キーボード、ギターのマーティンがリードボーカルをとる場面もあったそうです。
Hawkwind In Search Of Utopia

Youtubeにオーディエンスショットがたくさん上がってますが、公式ビデオ収録されていないようですね。レコーディングはされてるかもしれませんが。
今年のギグはこれで終了し、いよいよ結成50周年となる来年は50th Anniversary Tourということになるようです。今のところ、5月のイビザのHRHイベント、6月のベルギー、グラスポップ・メタルのイベントのブッキングが予定されています。

Hawkwind In Search Of Utopia
今回も色々な出で立ちで出演したアーサー・ブラウン

オケ共演イベント状況 In Search Of Utopia – Infinity And Beyond

ホークウインドのオーケストラ共演ツアーIn Search Of Utopia – Infinity And Beyondが先週10月18日から始まっています。今月はすでに三日間の日程を終了し、来月はロンドンのパラディウムの2夜に加えバース、バーミンガムの予定です。

オーディエンスショットの動画がYoutubeに上がっております。
オープニング。

アーサー・ブラウンによるThe Black Corridorの朗読とThe Watcher

アンコールのSpirit Of The Age

バンド4名はステージフロントに横に並ぶように位置し、そのすぐ後ろ中央に指揮者のマイク・バット。後方にオケやブラスが展開しています。その楽団は総勢25名程とのこと。クラシックのコンサートのフルオケとは異なり、任意に編成された管弦楽団とサックスを含むブラスチームによる構成です。
今回はいつもの映像投影に加えてレーザー光線を活用したステージ演出となっていますね。
大編成による演奏の迫力もあり、評判は上々です。

セトリは以下。
Assault and Battery
The Golden Void
Shot Down in the Night
Paradox
We Took the Wrong Step Years Ago
The Black Corridor
The Watcher
Sonic Attack
Damnation Alley
Zarozinia
Intro the Night
Down Through the Night
Have You Seen Them
Arrival in Utopia

アンコール(バンドのみ)
Spirit of the Age
Hymn to the Sun
Silver Machine

本国でのレビューは以下。

Hawkwind: In Search Of Utopia Infinity And Beyond – The Lowry, Salford


https://www.on-magazine.co.uk/arts/music/live-reviews/hawkwind-leeds-town-hall/
ゲストのアーサー・ブラウン(76歳)も派手な衣装で何度も着替えてグラムロック・エイリアンの様な出で立ちと評されています。でもデイヴ・ブロックはそのブラウンより1歳年上です。ちなみにニック・ターナーはさらにもう1つ上。。。
オケがスコアでの演奏になるため曲間に間があって、そこが少し違和感あるとのコメントがありますが、基本は好評ですね。

初のオーケストラ競演イベント発表

すでにオフィシャルサイトに告知されているように、来年2018年11月4日にロンドンの名門、パラディウムにおいてIN SEARCH OF UTOPIA – INFINITY AND BEYONDという一夜限りのイベントが実施されるとのこと。初のオーケストラとの競演で、タイトルも雄大に「ユートピアを求めて〜無限の彼方へ」となっています。
うーん。これは観たいですね。続報を待ちましょう。
(追記)
ステージは19時からとのこと。
チケット代は£49.9(7500円相当)から£37.8(5700円相当)までの4段階で設定されていました。先行予約が始まっているので、行ける方は予約してください。私は行けそうもないですね〜。

8月13日ファルマスのギグ

6月のフランス、スエーデンのフェス参加以来、2ヶ月ぶり。南西部のファルマスにてこの夏1回のみのギグです。
セットリストは少し変更があり、下記のようなものでした。
Sonic Attack
You’d Better Believe It
Sentinel
Assault & Battery
Golden Void
Where Are They Now
Angels of Death
Brainstorm
Prometheus
Magnu
Brainbox Pollution
Magnu
Tide of the Century
Psychedelic Warlord
Hassan-i-Sahba
Space is their
Hassan-i-Sahba
Lighthouse
Silver Machine
ミスター・ディブスがリードボーカルをとる曲が多く、ファンの間では最近デイヴのボーカルが減ってきたなーという感想です。本国でもデイヴのボーカルは人気があります。今年は新作のレコーディングも進めているので、このあとギグは12月まで予定がありません。来日は秋に十分可能だと思いますが、現時点でもアナウンスはないので調整は難しいのかもしれません。

フェスティバル・シーズン

SWEDEN ROCK FESTIVAL

日本公演、ギリシャ公演の中止後、5月は英国内にて3つのギグを消化。そして先週末にスエーデンの大規模フェス、SWEDEN ROCK FESTIVALに出演。6月8日から11日に渡り、主に5つのステージサイトで各出演者の演奏が進行。毎年ハード、ヘビメタ系の大物が大挙出演していますが、今年も豪華。ちょっとラインナップ見ても、オジー・オズボーン、ジューダス・プリースト、ホワイト・スネーク、シン・リジー、ザ・カルト、ザ・ダムド、サクソン、ハロウィーン、スティックス、クイーンズ・ライチ、カンサス、スポックス・ベアードなどなど。ホークスは最終日のトリ組で、その他にはオジー・オズボーン、シン・リジーなどが並んでいます。
現地のファンによるとホークスは予定通り21:15頃登場。高緯度のためその時間でもまだ明るく、ホークスのライブにしては明るすぎなんて感想も。大きな会場なので音はあまり良くなかったそうです。またいつものライトショーのスタッフは同行しなかったようで、あの特徴的なライティングはなかったようです。2名のダンサーはいたそうです。
セットリストは以下のような感じだったとのこと。
Warriors
Assault & Battery
Golden Void
Where Are They Now
Angels Of Death
Fahrenheit 451
Promotheus
Brainstorm
Sentinel
Magnu
Psychedelic Warlords
Wraith
Assassins Of Allah
アンコール
Silver Machine
このところのセットリストに含まれているナンバーです。
次は来週19日、フランスのヘルフェストに出演予定です。

英ギグ2日目

日曜のギグに続いて月曜にサザンプトンで実施されたギグですが、全体にコンパクトな演出でダンサー、背景映像の照射も抑えめだったそうです。
セットリストについては、前日とほぼ同じですがアンコールは Brainstorm に代わって、Fahrenheit 451 だったそうです。ファンの感想によると、Asault & Battery – Golden Void のアレンジは原曲に近い感じで良かったそうです。現在のホークスが過去曲を演奏する際、比較的に原曲に忠実な演奏になっているように思います。長年ホークスのファンでありまたローディーもやっていたMr.ディブスは、ホークスの膨大な過去曲を把握しているそうなので、過去曲プレイの際、彼のコントロールが働いているのではないかと思います。
また昨年に比べて、デイヴがキーボードよりギターに専念するようになった、ナイルがギターに加えてベースをプレイする時間が長くなったなどの変化もあるようです。
ヒュー・ロイド・ラントンは両日ともサポートアクトで出演。8月のギグにもサポートで参加することになった模様です。

UKギグ実施

来日が中止になって以来最初のギグが、一昨日、昨日の2日間、英本国で実施されました。5月には7日にギリシャアテネでのギグが予定されていましたが、そちらも延期となっています。おおまかなセットリストは以下になります。
Warriors
Assault & Battery
Golden Void
Where Are They Now
Flying Doctor
Down Through the Night
Prometheus
Spirit Of The Age
Sentinel
New Jerusalem
Blood of the Earth
Angels Of Death
Wraith
Tide Of The Century
Pyschedelic Warlords
Hassan-i-Sahba
Space Is Their
Hassan-i-Sahba
Brainstorm
(※うろ覚えとのこと)
前回のAZツアーのときのもから変化しています。Brainstorm、New Jerusalem などのナンバーが演奏されています。Down Through the Night もやってますね、これもいい選曲ですね〜。メンバーに変更はありません。
この後、今月は28日にアイルズベリーのフライアーズクラブ主催のギグもあります。
なお6月はスエーデン、7月はフランス、それぞれの夏のフェスに参加予定。8月は本国のギグが1回の予定で、今年はホークフェスの実施はありません。昨年、ワイト島で盛大にやったのでさすがに毎年はきついのかもしれませんね。なお新作のレコーディングはこの間も徐々に行っている模様です。
15日のステージの模様は以下のfacebook内にスナップあります。
facebookにログインしていないと見れません。
Hawkwind/Krankshaft/crowd @ Leamington 15 May 2011

オーストラリア・ツアー

ここ東京は今も余震、原発、停電など不安な要素はあり、来日に関してはあまりに近いので、難しいのではないかと思われます。実施についての正式リリースはまだありません。予定通りの来日となれば、セットリストの参考になる先週のオーストラリアでのステージの様子が伝わってきています。
注目のセットリスト、昨年12月のツアーから2ヶ月経過し、多少変化していました。目立つところでは、アンコールでシルバー・マシンが演奏されるようになりました。これは久しぶりのオーストラリアということもあるかとは思いますが、日本においても、(もし来日すれば)間違いなく演奏される気がします。
また注目すべき曲として、Psychedelic Warlords が演奏されています。これは現在の布陣では今まで演奏されていませんので、非常に興味深いです。この曲は元々のアレンジに近い状態で演奏されたことがあまりないので、もしそうであれば聴きたいですね!またこのところ演奏していなかった絶対絶命の冒頭2曲の演奏も復活しています。このあたり、かなり良い選曲になってきているように思います。昨年から引き続き、Star Cannibal、そして Flyinf Doctor もレパートリーインです。なおブレイク先生のソロ曲はやはり Tide ですね。
以下、オーストラリアでのセットリストです。
Warrior/Assault and Battery/Golden Void/Where Are They Now/Flying Doctor/Star Cannibal/Northern Sands/
Prometheus/Spirit Of The Age/Sentinel/ You’d better Believe It/Blood Of The Earth/Angels Of Death/Wraith/Tide Of The Century/Psychedelic Warlords/
Hassan I Sahbah – Space is Their-Hassan I Sahbah/Silver Machine
全体の傾向は「永劫の宮殿」以降、カルバート期、RCA期、すっとんで新作、という最近の傾向です。祭典期が手薄なのはまぁ最近の流れから仕方ないというところです。
そして、早くもこのツアーの様子が YouTube に上がっています。
背景映像も映されていて本国と変らない演出です。例によってビデオも写真撮影も全然OKですね。海外はいいですよねー。
オープニングの Warrior(朗読)から絶体絶命冒頭。カメラ倒れてますww

新曲 Northern Sands、ディブスの朗読。サイケで良いです。続いて新作の Prometheus、アレンジもパワーアップしていてGOOD
ダンサーが痛いですが、これがあってのホークスのライブなので正に「偏見持たないで」観ましょう。

新作にも再録された You’d Better Believe It いいっすね〜!

定番中の定番 Angels Of Death、これは途中からのようで、延々引き延ばされた間奏です。
ブレイクのテルミンがうなってます。結構初期っぽくて良いですね。

これら観てしまうと、来日中止になってしまうとがっかりですが、まぁ仕方ないですね。。。
せめて延期でどうにかならないかなぁ。
画像関係はここにもあります。
https://hawkwindsydney2011.blogspot.com/