50th Anniversary Tourの模様

Hawkwind 50th Anniversary Tour
下手からM.マーティン(Key/G/Vo)、N.ホーン(B)、中央にT.ブレイク(Key)、後にR.チャドウィック(Dr/Vo)、上手は定位置D.ブロック(G/Vo)

11月10日から始まった英国内15カ所に及ぶ50周年記念ツアーは順調に進んでいるようです。今回は予告通り、レギュラーメンバー4人に加えティム・ブレイクが参加。レーザー光線を使い、舞台上には「宇宙の探求」や「宇宙の祭典」を始め今までリリースしたアルバムカバーのデザインシートが飾られています。セットリストは以下となっています。

Hawkwind 50th Anniversary Tour

( )内は収録アルバムとリリース年

  • Motorway City (LEVITATION-1980)
  • Flesh Fondue (ALL ABOARD THE SKYLARK-2019)
  • Last Man On Earth (ALL ABOARD THE SKYLARK-2019)
  • Tha Song Of The Gremlin (R. CALVERT: CPT. LOCKHEED AND THE STARFIGHTERS-1974)
  • Born To Go (SPACE RITUAL-1973)
  • You Shouldn’t Do That (IN SEARCH OF SPACE-1972)
  • 65 Million Years Ago (ALL ABOARD THE SKYLARK-2019)
  • In The Beginning (ALL ABOARD THE SKYLARK-2019)
  • Spirit Of The Age (QUARK STRANGENESS AND CHARM-1977)
  • The Fantasy Of Faldum (ALL ABOARD THE SKYLARK-2019)
  • Silver Machine (シングルリリース-1972)
  • Assault And Battery (WARRIOR ON THE EDGE OF TIME-1975)
  • The Golden Void (WARRIOR ON THE EDGE OF TIME-1975)
  • Right To Decide (ELECTRIC TEPEE-1992)

アンコール

  • Hurry On Sundown (HAWKWIND-1970)
  • Master Of The Universe (IN SEARCH OF SPACE-1971)
Hawkwind 50th Anniversary Tour

新作ALL ABOARD THE SKYLARKからの選曲が多めで、それ以外のほとんどは70年代の定番曲という構成ですね。千秋楽のロイヤル・アルバート・ホールあたりはライブレコーディングしそうですね。なお昨年のオーケストラ共演ツアーの模様もレコーディングされていたらしく、アルバムとしてリリースすることも想定していたようなのですが、それよりも新作アルバムのリリースを優先したと、先日紹介しましたPROG誌のインタビューでブロックが語っていました。今後ライブアルバムとして日の目をみるかもしれませんね。でも、結構発売されていないライブレコーディングの素材あるようなので、リリースされないままお蔵入りして欲しくないです。

先週末のグラストンベリーの様子

Hawkwind at Glastonbury 2019

先週末の29日(土)にグラストンベリー・フェスに久しぶりに出演したホークウインド ですが、その様子がファンから伝わってきました。メインのピラミッドステージではなく、複数ある別のステージの一つ、アコースティック・ステージの土曜のトリでした。ステージ名称はアコースティックですが、アンプラグドな演奏をしたわけでなく、通常通りの機材でした。

Hawkwind at Glastonbury 2019

メンバーは現在のレギュラーであるブロック、チャドウィック、ホーン、マーティン。そこにゲストでサックスプレイヤー(おそらく近年参加しているマイケル・ソスナ)、ボーカルで久々のロン・トゥリーが参加していました。

Ron Tree of Hawkwind at Glastonbury 2019
Dave Brock of Hawkwind at Glastonbury 2019
Magnus Martin of Hawkwind at Glastonbury 2019

オーディエンスショットで観るとダムネイション・アレイ歌ってます。ちなみにトゥリーは4月にホークスが行なったプライベートフェスPSYCHEDELIC SUNDAE(サイケデリック・サンデー)にも自身のバンドUNIT Xで呼ばれていました。ステージは背景映像は無く、レーザー光線、そして2名のダンサーも出演しました。

Dave Brock of Hawkwind at Glastonbury 2019

HAWKLORDS 新作とツアー告知

ホークウインド・オールボーイズの中でもパーマネントにバンドを続けているHAWKLORDS、ジェリー・リチャーズ、ハーヴィー・ベインブリッジを中心にコンスタントにアルバムリリースをしています。この10月に8枚目となるアルバムHEAVEN’S GATEをリリースとのこと。またそれに合わせて、10-11月に十数か所回るツアーを実施とのこと。ゲストにニック・ターナー、デッド・フレッドが参加予定。

リチャーズの最新インタビューはこちら。

Hawklords Generations Tour 2019

IN SEARCH OF UTOPIAツアー終了

昨年に告知、ホークウインドとオーケストラの共演ライブIn Search Of Utopia’ – Infinity and Beyond plus The Blackheart Orchestraの全日程が終了しました。10月18日のマンチェスターをこけら落としに11月4日、5日のロンドンのパラディアムシアターを挟み、11月25日のバーミンガムを締めに全8公演行われました。そのうち5公演にアーサー・ブラウンが出演しました。途中11月17日はウエールズのHRH PROGフェスに出演、その時は通常のバンド演奏でした。
Hawkwind In Search Of Infinity tour
ブロックは60年代のストリートバスカーだった際、「パラディウムの裏で演奏してたら、公衆迷惑罪でしょっぴかれて、罰金払わされたんだ。でも今の俺を見てくれよ!」と今回パラディウム公演について感慨深げに語っていました。
各メディアのレビューやファンの評判も良かったです。ホークス本来の世界とはちょっと異なりますが、これ一回きりのイベントでしょうし。
キーボード、ギターのマーティンがリードボーカルをとる場面もあったそうです。
Hawkwind In Search Of Utopia

Youtubeにオーディエンスショットがたくさん上がってますが、公式ビデオ収録されていないようですね。レコーディングはされてるかもしれませんが。
今年のギグはこれで終了し、いよいよ結成50周年となる来年は50th Anniversary Tourということになるようです。今のところ、5月のイビザのHRHイベント、6月のベルギー、グラスポップ・メタルのイベントのブッキングが予定されています。

Hawkwind In Search Of Utopia
今回も色々な出で立ちで出演したアーサー・ブラウン

 オーケストラ競演は好評につきツアーに拡大

昨年告知された本年11月のロンドンでのホークウインドとオーケストラの競演コンサートIN SEARCH OF UTOPIAですが、早々とソールドアウト。ホークスとオケというのは初の試みなので、関心は高いようです。
ギグのプロモーターであるMJRグループはツアーとして拡大、10月18日のリーズを皮切りにロンドンを2晩として、11月25日のバーミンガムまで計7日間の日程を発表しました。

こちらに掲載され予約を受付中。

結構大々的になってきましたので、この調子だとビデオ収録、その発売もありそうですね。

スプリングツアーの様子

今年の春ツアーは29日の千秋楽を迎えています。過密ツアーは終了し、6月にフランス、7月に本国のフェス参加の予定。今回のツアーはニューアルバムのリリースに伴ったもので、5/11から29までの18日間で16回のギグがあり、26日のロンドン、ラウンドハウスがハイライト。ツアーの様子はオーディエンスショットがたくさんYoutubeに上がっています。

今回のセトリを見ると新作からの選曲を中心に、70年代の曲も多いです。

今回の特別企画アンプラグド アコースティック・セット
Quark, Strangeness and Charm
Age of the Micro Man
The Watcher
Get Yourself Together
Ascent
We Took the Wrong Step Years Ago

メイン・セット
Earth Calling
Born to Go
You’d Better Believe It
Have You Seen Them
Vegan Lunch
Steppenwolf
Darkland
Magnu
The Golden Void
Synchronised Blue
Into The Woods
The Machine
Welcome to the Future

17日のケントでのステージはプロショットが上がっています。今回から参加しているマグナスのフルネームが判明Magnus Martinとのこと。
ステージシモテから順に、そのマーティン(key/g)、ディブス(Vo/SE)、チャドウィック(Dr/Vo)、ウィートン(b)、ブロック(g/vo)という今回のレギュラーメンバー。

以降はオーディエンスショット。
ラウンドハウスはサポートアクトにフィル・キャンベルのバンドが参加、こちらはホークスのアンコールにフィルが飛び入りしたブレインボックス・ポリューション&シルバー・マシーン。

こちらは2日のブリストル。メインセットの前半、You’d Better Believe It、新作からHave Youe Seen Them?。サックスにマイケル・ソスナ(Michael Sosna)というプレーヤーが参加。久しぶりのサックス入りホークス、やっぱりいいなぁ。ソスナは2013年のツアーにもゲスト参加した経験のあるプレイヤー。

VOICEPRINT特典CD/YULE RITUAL情報

VOICEPRINT 特典CD到着!
トークンを航空便で送ってから約一ヶ月半でついに届きました。差出人が書かれていない封筒で、切手から判断するとドイツから発送した模様。ということは、VOICEPRINTのプレスはドイツで行っているらしいです。さて中身は…
Hawkwind / Spacebrock Miss print
Special CD Not For Sale In Shop という表記が付け加わっています。先日のVPの回答通り、SPACE BROCKのミスプレスでした。ジャケはご覧のように、正規リリースとほぼ同じで、真中の人物のイラストの配置、背景色が異なります。装丁はジュエルケースではなく、薄いビニールケースにこのジャケとCDが入っています。この表紙の裏にはSpace Brock – The Original pressingとして説明が書かれています。
詳細はブロックのディスコグラフィにアップしましたので、そちらをご覧下さい。
正規盤との違いは3曲抜け、1曲入っているというもの。その1曲ですが、かつてブロックのソロ・テイクとして発表されたことがある Damage Of Life の新リミックス版です。管理人は結構好きな曲でしたので、これはちょっと嬉しかったです。但しそれ以外についてはなんら目新しいものはないので、あえてトークンを送ってみる必要があるかは、みなさまそれぞれにご判断下さい。

Xマスライブ・アルバム「ジュール・リチュアル」リリースは11月の予定
すでにMISSION CONTROLでアナウンスされていますが、昨年末のXマス・パーティのギグの模様を収録したライブ・アルバムYULE RITUALですが、リリースは同じくVPで、リリースは11月らしいです。アナウンスではツアーに合わせてリリースすると報じていますが、どのツアーを指すのか分かりませんでした。B.タウン氏によると11月に予定されているツアーに合わせて、ということらしいです。すでにオーディエンス録音を聴き、このギグの雰囲気は報告しましたが、結構いい演奏ですので楽しみです。ムアコックが”Happy New Year-ahhh!!”と叫ぶ電話参加のSonic Attackとか収録されるといいなぁ。

バイクショー出演など動向

今年もカスタム・バイクショー出演
今年もフェスティバルのブッキングが多いですが、恒例カスタム・バイク・ショーに出演するようです。今年はドニントンで実施されるそうですが、今週末(22日の晩)に登場。ドラッグレースやスタントもあるそうですし、楽しそうですね〜。アルバムにもなった86年のブリストルから、時折参加しており今年で5回目の出演です。参加メンバーは公表されていませんが、分かり次第報告します。

昨年のXmasギグのステージ
昨年末のアストリアにおいて行なわれた、Xマス&ニュー・イヤー・ギグの一部をブートで聴くことができました。出演メンバーは以下です。
ブロック、デイヴィ、チャドウィック、ナイブトンがフル出演。ベインブリッジ、ハウスが時々出演。ジェリーとロンが少し出演、ブレイクとリズは各々1曲のみ出演、ラントンが最後にほんの少し、というようなメンバー構成だったようです。何故かデイヴィがレギュラーメンバーのようにベースを弾いています。果たして復帰なのか、気になりますね。したがってロンはボーカルのみで参加。
曲目リストです。
intro
levitation
hippie
spacebrock
space is deep
flying doctor
warriors
angels of death
high rise
damage of life
lighthouse
sonic attack
free fall
motorway city
hurry on sundown
spirit of the age
hassan i sahba

Flying Doctorなどは、かなり受けたそうです。この曲、海外では人気あるんですよね〜。カルバート曲は主にロンが歌ったそうです。電話で参加のムアコックはSonic Attackを熱唱していました。リードギタリストがいない分、ナイブトンのシンセ、ハウスのバイオリンが大活躍しており、この2人がいい感じです。Levitationでのソロ・パートなどかなりカッコいいです。ブレイクはライトハウス、リズはハシシで登場したようです。また全体に80年代のソリッドさが復活、吹っ切れたような演奏で、今後に期待大!!このメンバー構成をベースにスプリング・ツアーも行なわれましたし、いっそこの布陣でスタジオ・アルバムを〜!