ストーンヘンジ84の企画盤リリース

ご無沙汰しております、久々の更新です。昨年暮れにホークスの新作ライブ50LIVEがリリースされましたので、そのレビュー掲載が遅れています。実はYoutubeに上がっているオーディエンステイクとの聞き比べにより各曲の収録場所を特定しようとしているのですが、一致するものが見つからず、遅々として進んでいません。

さて今回は、DUさんなどで告知されているSOLSTICE AT STONEHENGE 1984のCD/DVDがイタリアの BLACK WIDOWより発売されるというニュースです。もともとはビデオテープ(その後DVDでもリリース)で発売されていたその名のとおり84年のストーンヘンジ・フリーフェスでの演奏です。

2CD/DVDセットを基本として、アナログLPレコード(2LP)も発売されます。また2CD/DVDと2LPをセットにした限定セットが150組、それに付録類を増加した豪華セットが50組発売されるとのこと。BLACK WIDOWの自主企画と思われますので、ホークスは今回の発売に直接関わっていないと思われます。

Hawkwind / SOLSICE AT STONEHENGE 1984 2CD+DVD
デジパックにブックレット、ドルイドのイラストのシートが付属。2LP版にはポスター、限定セット物はポスター2種やステッカーなどが追加されます。

内容ですが初出2トラックを含む曲目となっています。ホークスは、この84年のストーンヘンジには6月20日の晩と21日朝22日の3ステージに出演したため、多くの曲を演奏しましたが、過去リリースされたビデオテープは収録時間58分くらい、DVDは110分くらいで、ステージで演奏された全曲は収められていませんでした。今回BLACK WIDOWからのリリースでは、追加曲としてMasters Of The UniverseとSpirit Of The Ageが含まれています。それでもさすがにフルステージは収録しきれていないようです。曲目は以下となります。

  1. Ghost Dance
  2. Angels Of Death
  3. Born To Go
  4. Watching The Grass Grow
  5. Night Of The Hawks
  6. Utopia
  7. Social Alliance
  8. Motorway City
  9. Masters Of The Universe
  10. Ejection
  11. Uncle Sams on Mars
  12. Brainstorm
  13. Sonic Attack
  14. On The Right Stuff
  15. Dawn
  16. Spirit Of The Age
  17. Stonehenge Decoded

20日、21日ともこれ以外にもさらに数曲演奏したそうで、21日はSilver Machineもやったみたいです。おそらく22日の演奏は含まれていないと思われますが、そもそも22日は撮影されていなかったのかもしれません。今回のリリースで多少画像や音声の改善を望みたいのですが、元素材があまり良くなさそうですので、あまり期待できないですね。薄暗いステージでメインはターナーばかり撮影していて、ラントンやトンプソンはほとんど見えず、ベインブリッジに至っては夜の部は全く映りません。デイヴィやトンプソンは初ステージ、ターナーとの関係もまだ良好だった頃です。ニックさんに関しては出過ぎな感はありますが。いずれにしても、貴重なストーンヘンジフリーフェスの様子が垣間見えますし、若き日のメンバーの姿やその演奏が観れるという点で喜ばしいリリースだと思います。

なお今回、ストーンヘンジ84関連のビデオ、DVDのレビューを書き直しました。

STONEHENGE 1984 最初にリリースされたフェスのダイジェスト。ロイ・ハーパー、ホークス、ジ・エニドの演奏を数曲ずつ収録。

SOLSTICE AT STONEHENGE 1984 今作のもとになったホークスの演奏のみのビデオ。

STONEHENGE 1984 – A MIDSUMMER NIGHT ROCK SHOW 2009年にリリースされたフォキュメンタリータッチのダイジェスト版。今回新たに追加。

以下は上記DVD『SOLSTICE AT STONEHENGE 1984」からのキャプチャ。グラストンバリー同様のピラミッドステージ、メインステージのラインナップ、ホークスはこの3人は比較的映ってますが、他の3人はほとんど映りません。

Stonehenge free festival 1984 pyramid  stage
Stonehenge free festival 1984 Stage board
Stonehenge free festival 1984 Nik Turner
Stonehenge free festival 1984 Dave Brock
Stonehenge free festival 1984 Hawkwind


ティム・ブレイクのアーカイヴ集発売

TIM-BLAKE-Lighthouse
TIM BLAKE: Lighthouse An Anthology 1973 – 2012 (Esoteric Recordings ECLEC42651 (2018)

ティム・ブレイクの主だったソロ作品群はESOTERIC RECORDINGSからリリース済みですが、今回はクラムシェルBOX仕様ということで、ホークウインドのレーベルごとのまとめBOXと同じようなものかと思ったところ、それとは違っており、なかなか興味深い内容。3CDに1DVDというフォーマット。DVDはNTSC。最近はイギリス物でもNTSCが増えていますね。
タイトルは LIGHTHOUSE An Anthology 1973 – 2012。

CD1とCD2はブレイクが在籍したバンド、ゴング、ホークウインド、サラトガ・スペース・メッセンジャーズなどの曲。ゴングは「ラジオ・グノーム3部作」の各アルバムから1曲ずつ。ホークスは「ライブ’79」からLighthouse、「レヴィテイション」からPrelude、Who’s Gonna Win The War。ソロ各アルバムから1、2曲をセレクト。未発表トラックとして2009年のライブテイク1曲。
そして今回の目玉はCD3とDVDになります。CD3はアルバム「クリスタル・マシーン」製作時の習作などを含む未発表トラック6曲、2006年のライブテイク。
DVDはYoutubeでも観ることができた79年の仏TV番組出演時のOAビデオが収録されています。LighthouseやNew Jerusalemを含む4曲です。
発売はもうそろそろ本国でリリースされるようです。CHERRY REDの告知ページでは12月14日の予定となっています。

驚愕の70年高画質映像

 先日 You Tube にほんのちょっとだけアップされ、特にジェネシスやD.ボウイのファンの間で、大騒ぎになっている70年3月に7日間に渡って実施されたラウンドハウスでの Atomic Sunrise Festival の模様を収録したカラー高画質映像。ジェネシスはP.コリンズ加入前のJ.メイヒュー、ギターはA.フィリップスで、しかもThe Knifeやってます!ただしサウンドは生音ではありませんが。
 当時のホークスの演奏風景もわずか1分程度ながら見ることができます。※YouTubeにリンクします。
 一つめはHarry On Sundown、リードギターはHLL、ベースはジョン・ハリソン!です。ブロックがアコギをプレイしていたことなどの発見があります。もうひとつは、Paranoia、オリスの前に座っているニックが映り、最後にちょっとだけダンサーらしき人が映りますが、この時点ではステイシアは参加していないので、詳細は不明。ともにサウンドトラックはアルバムの音をダビングしていています。
それにしてもこのクオリティ、どの程度の尺が残っているのか不明ですが、どうにかリリースして欲しいものです。

ATOMHENGEレーベル 再発記念コンピレーション・セット情報

 先月このサイトでお知らせしました、旧作の正規再発を行う CHERRY RED のATOMHENGE レーベルからの第1弾リリースは、コンピレーション盤になります。予定では今週のリリースです。その内容が分かりました。

仕様は3枚組CDセットで、予定通り2セット発売されます。  

それぞれのタイトルは以下です。

SPIRIT OF THE AGE: ANTHOLOGY 1976-1984
[FROM ATOMHENGE TO EARTH RITUAL] 

DREAM GOES ON: ANTHOLOGY 1985-1997
[FROM BLACK SWORD TO DISTANT HORIZONS] 

サブタイトルに記されているそれぞれのアルバム・リリースの間をコンピレーションしたということですね。以下、収録曲一覧になります。特に注目のトラックについては、色をつけてみました。

SPIRIT OF THE AGE: ANTHOLOGY 1976-1984
[FROM ATOMHENGE TO EARTH RITUAL] 

Disc 1:

01. Reefer Madness [fully extended previously unreleased version – ‘Astounding Sounds, Amazing Music’ – 1976]

02. Kadu Flyer [‘Astounding Sounds, Amazing Music’ – 1976]
03. Steppenwolf [‘Astounding Sounds, Amazing Music’ – 1976]
04. Kerb Crawler [‘Astounding Sounds, Amazing Music’ – 1976]
05. Back On The Street [A-side of 1977 single]
06. Dream Of Isis [B-side of 1977 single]
07. Quark, Strangeness & Charm [‘Quark, Strangeness & Charm’ – 1977]
08. Spirit Of The Age [‘Quark, Strangeness & Charm’ – 1977]
09. Damnation Alley [‘Quark, Strangeness & Charm’ – 1977]
10. Hassan I Sahba [‘Quark, Strangeness & Charm’ – 1977]
11. Over the Top [SONIC ASSASINS recorded live @ Queens Hall, Barnstaple 23-12-1977]
12. Golden Void [SONIC ASSASINS Recorded live @ Queens Hall, Barnstaple 23-12-1977]
13. PSI Power [‘Hawklords: 25 Years On’ – 1978]
Total Play Time – 77:13

Disc 2:

01. 25 Years [previously unreleased alternate mix from Roundhouse studios 14-03-1979]
02. Freefall [previously unreleased non-cross-faded mix made at Wessex studios 15-08-1978]
03. Only Ones [previously unreleased non-cross-faded mix made at Wessex studios 15-08-1978] 
(cross-faded mixes appear on the album ‘Hawklords: 25 Years On’ – 1978)

04. Uncle Sam’s On Mars [‘PXR 5’ – 1979]
05. Jack Of Shadows [‘PXR 5’ – 1979]
06. High Rise [‘PXR 5’ – 1979]
07. Robot [‘PXR 5’ – 1979]
08. Shot Down In The Night [A-side of single released in June 1980]
09. Brainstorm [‘Live 1979’ – 1980]
10. Motorway City [‘Levitation’ – 1980]
11. Levitation [‘Levitation’ – 1980]
12. Space Chase [‘Levitation’ – 1980]
13. Who’s Gonna Win The War [A-side of single – released November 1980]
14. Nuclear Toy [B-side of single – released November 1980]
15. Transdimensional Man [B-side of single – Released in October 1981]
Total Play Time – 78:49

Disc 3:

01. Angels of Death [previously unreleased alternate single version recorded & mixed at Rockfield studios in June 1981]

02. Rocky Paths [‘Sonic Attack’ – 1981]
03. Virgin Of The World [‘Sonic Attack’ – 1981]
04. Nuclear Drive [‘Church Of Hawkwind’ – 1982]
05. Some People Never Die [‘Church Of Hawkwind’ – 1982]
06. Psychedelic Warlords [B-side of single – released August 1982]
07. Silver Machine [A-side of single – released August 1982]
08. Choose Your Masques [‘Choose Your Masques’ – 1982]
09. Dream Worker [‘Choose Your Masques’ – 1982]
10. Waiting For Tomorrow [‘Choose Your Masques’ – 1982]
11. Arrival In Utopia [‘Choose Your Masques’ – 1982]
12. Utopia `84 [‘Zones’ – 1983]
13. Social Alliance [‘Zones’ – 1983]
14. Dragons & Fables [‘Earth Ritual Preview’ 12″ EP – Released March 1984]
15. Night Of The Hawks [‘Earth Ritual Preview’ 12″ EP – Released March 1984]
16. Stonehenge Decoded [‘This Is Hawkwind-Do Not Panic’ – 1984 – live @ Stonehenge 20/21-06-1984]
17. Orgone Accumulator [‘Undisclosed Files Addendum’ – 1995 – live@ Sheffield University – 1984]
Total Play Time – 79:48 

特にDisc1、2にある CHARISMA 時代の non-cross-faded バージョンが、かなりの確率で初登場の可能性があります。Disc3の01はシングル盤のテイクのような気がします。その他、やはりシングルB面曲、12インチシングルバージョンなども、未聴の方には新鮮かと。続いてもう一方のセットは以下です。

DREAM GOES ON: ANTHOLOGY 1985-1997
[FROM BLACK SWORD TO DISTANT HORIZONS] 

Disc 1:
01. Song Of The Swords [‘Chronicle Of The Black Sword’ – 1985]
02. Shade Gate [‘Chronicle Of The Black Sword’ – 1985]
03. Needle Gun [‘Chronicle Of The Black Sword’ – 1985]
04. Zarozinia [‘Chronicle Of The Black Sword’ – 1985]
05. Master Of The Universe [‘Live Chronicles’ – 1986 – live @ Hammersmith Odeon 3/4-12-1985]
06. Dreaming City [‘Live Chronicles’ – 1986 – live @ Hammersmith Odeon 3/4-12-1985]
07. Moonglum [‘Live Chronicles’ – 1986 – live @ Hammersmith Odeon 3/4-12-1985]
08. Elric The Enchanter [‘Live Chronicles’ – 1986 – live @ Hammersmith Odeon 3/4-12-1985]
09. Conjuration Of Magnu [‘Live Chronicles’ – 1986 – live @ Hammersmith Odeon 3/4-12-1985]
10. Magnu [‘Live Chronicles’ – 1986 – live @ Hammersmith Odeon 3/4-12-1985]
11. Dust Of Time [‘Live Chronicles’ – 1986 – live @ Hammersmith Odeon 3/4-12-1985]
12. Cajun Jinx [‘Out & Intake’ – 1987]
13. War I Survived [‘Xenon Codex’ – 1988]
14. Heads [‘Xenon Codex’ – 1988]
15. Lost Chronicles [‘Xenon Codex’ – 1988]
16. Wastelands Of Sleep [‘Xenon Codex’ – 1988]
17. Wings [‘Space Bandits’ – 1990]
18. Ship Of Dreams [‘Space Bandits’ – 1990]
19. T.V. Suicide [‘Space Bandits’ – 1990]
Total Play Time – 78:07

Disc 2:
01. Images [‘Space Bandits’ – 1990]
02. Back In The Box [‘Palace Springs’ – 1991]
03. Treadmill [‘Palace Springs’ – 1991]
04. Lives Of Great Men [‘Palace Springs’ – 1991]
05. Void Of Golden Light [‘Palace Springs’ – 1991]
06. Eons {Snake Dance} [‘California Brainstorm’ – 1992 – live @ Omni Club, Oakland, California 16-12-1990]
07. Ejection [‘California Brainstorm’ – 1992 – live @ Omni Club, Oakland, California 16-12-1990]
08. LSD [‘Electric Tepee’ – 1993]
09. Mask Of Morning [‘Electric Tepee’ – 1993]
10. Secret Agent [‘Electric Tepee’ – 1993]
11. Letting In The Past [‘It Is The Business Of The Future To Be Dangerous’ – 1993]
12. Camera That Could Lie [‘It Is The Business Of The Future To Be Dangerous’ – 1993]
Total Play Time – 77:51

Disc 3:
01. Space Is Their {Palestine} [‘It Is The Business Of The Future To Be Dangerous’ – 1993]
02. Dream Goes On [‘Business Trip – Live’ – 1994]
03. Right To Decide [‘Business Trip – Live’ – 1994]
04. Dream Has Ended [‘Business Trip – Live’ – 1994]
05. This Future [‘Business Trip – Live’ – 1994]
06. White Zone [‘White Zone’ – 1995]
07. Psychedelic Warlords [‘White Zone’ – 1995]
08. Sputnik Stan [‘Alien 4’ – 1995]
09. Death Trap [‘Alien 4’ – 1995]
10. Alien I Am {Roswell Edit} [‘Area S4’ EP – 1995]
11. Love In Space [‘Love In Space’ EP – 1997]
12. Lord Of Light [‘Love In Space’ EP – 1997]
13. Distant Horizon [‘Distant Horizons’ – 1997]
14. Phetamine Street [‘Distant Horizons’ – 1997]
15. Waimeia Canyon Drive [‘Distant Horizons’ – 1997]
16. Alchemy [‘Distant Horizons’ – 1997]
Total Play Time – 79:08

最初のセットに較べると、こちらは特に初登場テイクがなさそうで、地味な印象です。とはいえ、California Brainstorm など(おそらく)今回の再発予定にない Live Chronicles、Xenon Codex、Space Bandits、Palace Springs、Electric Tepee、It Is The Business、 Business Trip、White Zone からも選曲されています。

2009年1月30日追加>>上記 ELECTRIC TEPEE、LIVE CHRONICLES などすでにリリースされましたので、発売予定アルバムはかなりの種類に及びそうです。 

ブックレットには、ホークス本を書いたイアン・エイブラハムズが寄稿しているとのこと。
またアルバム群の再発スケジュールは 来年2009年早々から開始されるとのことです。 

このセット、その後の再発アルバム、管理人は購入することになりますが、ひさびさの月刊ホークウインドになることは必至です(汗