ティム・ブレイクのアーカイヴ集発売

TIM-BLAKE-Lighthouse
TIM BLAKE: Lighthouse An Anthology 1973 – 2012 (Esoteric Recordings ECLEC42651 (2018)

ティム・ブレイクの主だったソロ作品群はESOTERIC RECORDINGSからリリース済みですが、今回はクラムシェルBOX仕様ということで、ホークウインドのレーベルごとのまとめBOXと同じようなものかと思ったところ、それとは違っており、なかなか興味深い内容。3CDに1DVDというフォーマット。DVDはNTSC。最近はイギリス物でもNTSCが増えていますね。
タイトルは LIGHTHOUSE An Anthology 1973 – 2012。

CD1とCD2はブレイクが在籍したバンド、ゴング、ホークウインド、サラトガ・スペース・メッセンジャーズなどの曲。ゴングは「ラジオ・グノーム3部作」の各アルバムから1曲ずつ。ホークスは「ライブ’79」からLighthouse、「レヴィテイション」からPrelude、Who’s Gonna Win The War。ソロ各アルバムから1、2曲をセレクト。未発表トラックとして2009年のライブテイク1曲。
そして今回の目玉はCD3とDVDになります。CD3はアルバム「クリスタル・マシーン」製作時の習作などを含む未発表トラック6曲、2006年のライブテイク。
DVDはYoutubeでも観ることができた79年の仏TV番組出演時のOAビデオが収録されています。LighthouseやNew Jerusalemを含む4曲です。
発売はもうそろそろ本国でリリースされるようです。CHERRY REDの告知ページでは12月14日の予定となっています。

驚愕の70年高画質映像

 先日 You Tube にほんのちょっとだけアップされ、特にジェネシスやD.ボウイのファンの間で、大騒ぎになっている70年3月に7日間に渡って実施されたラウンドハウスでの Atomic Sunrise Festival の模様を収録したカラー高画質映像。ジェネシスはP.コリンズ加入前のJ.メイヒュー、ギターはA.フィリップスで、しかもThe Knifeやってます!ただしサウンドは生音ではありませんが。
 当時のホークスの演奏風景もわずか1分程度ながら見ることができます。※YouTubeにリンクします。
 一つめはHarry On Sundown、リードギターはHLL、ベースはジョン・ハリソン!です。ブロックがアコギをプレイしていたことなどの発見があります。もうひとつは、Paranoia、オリスの前に座っているニックが映り、最後にちょっとだけダンサーらしき人が映りますが、この時点ではステイシアは参加していないので、詳細は不明。ともにサウンドトラックはアルバムの音をダビングしていています。
それにしてもこのクオリティ、どの程度の尺が残っているのか不明ですが、どうにかリリースして欲しいものです。