ロイヤル・アルバート・ホール ゲストはフィル・キャンベル/ジャー・ウォブル

Hawkwind 50th anniversary tour Royal Albert Hall

前日のギルドフォードでのクラプトンのゲスト参加というサプライズの翌日、千秋楽となる名門ロイヤル・アルバート・ホールでのコンサート。チケットはソールドアウト、大観衆の喝采のもと実施されました。ゲストは元MOTORHEADのフィル・キャンベル、元PILのジャー・ウォブルでした。キャンベルは2017年のラウンドハウスで参加したことがありました。ウォブルはニック・ターナーがソロアルバムに参加していましたが、元々ホークスのファンだったので、出演を快諾したと思われます。ウォブルはRight To Decideのみ参加。キャンベルはThe Watcher/Silver Machine/Master OF The Universeに参加した模様です。これで50周年の今年のギグは終了。来年は夏のHAWKFESTなどが予定されています。

Hawkwind 50th anniversary tour
ゲストのフィル・キャンベル(右端)
Hawkwind 50th anniversary tour
デイヴ・ブロックさん、今年に入ってから、少し老け込んだ印象があります
Hawkwind 50th anniversary tour
ステージセット中、コンソールからの写真
Hawkwind 50th anniversary tour
当日のセットリスト ほぼこのリストで今ツアーは演奏されていました

Youtubeでの当日の模様は色々上がってます。

Motorway City

Hurry On Sundown

Master Of The Universe

Hawkwind 50th anniversary tour Royal Albert Hall
大観衆のロイヤル・アルバート・ホール