50周年記念ライブアルバムリリース

Hawkwind / 50 Live
HAWKWIND / 50 LIVE (Cherry Red – BREDT830)

今回のリリースもアナログ盤が先にリリースされた模様で、日本への入荷もLPが早いようですね。私はチェリー・レッドに直接オーダーしましたが14日に届きました。まだCDは入手していません。CDは今回もマーキーさんから帯、解説付きでの国内盤リリースされますので、そちらを購入しようと思っています。内容ですが、昨年の50周年記念ツアーのもので、既にYoutubeでオーディエンス収録の動画が上がっているので、その通りの演奏です。クレジットに詳しい録音データがないので、各トラックがいつの日のテイクか分かりません。またアルバムタイトルもどれが正確なタイトルなのかよく分かりません。チェリーレッドの公式サイトでは50th Anniversary Liveと記載、ジャケットの表、レーベルは50 LIVE、ジャケ背中はLIVEのみの表記です。この辺りもう少し丁寧に作って欲しいと思うのですが、プロダクションをデイヴがやっているので、細かいこと気にしてない感じです。全体通して言えるのは音質が良くないことが気になります。各楽器の分離が悪く、ダイナミックレンジも狭いように思います。演奏の質は悪くないし安定していますが、この音質の悪さが音楽の持つパッションや感動を損なっているように思います。機材に由来するところが大きいように思いますが、ここ何年もほとんどのスタジオアルバムの音質も同様の感じです。このライブアルバムは、トラックよっては完全にモノラルのものもあり、果たしてこれはLPのマスタリングのミスなのか、CDを聴いて判断したいと思います。ゲストはフィル・キャンベルのみで、クラプトン参加テイクがないのも残念です。演奏面ではギター、キーボード、ボーカルもするマグナス・マーティンの露出が多いことがホークスライブの新しい面で、新陳代謝感は良いところかなと思います。レビュー作成中です。

Hawkwind / 50 Live
LPジャケの内側。3面見開きで、この状態から右側が開きます。
Hawkwind / 50 Live
内側を3面開きにしたところ。