HAWKESTREL新作クリスマス・アルバム

HAWKESTREL / SPACEXMAS
HAWKESTREL / SpaceXmas (PURPLE PYRAMID – CLO2127)

アラン・デイヴィの最近のプロジェクトはHAWKESTREL名義で統一していますが、その新作がリリースされました。活動の拠点をUSに移してからの、クレオパトラ傘下パープル・ピラミッドからは枚挙のいとまがないほどのハイペースリリースを続けています。デビュー以前は宅録からスタートしているためか、ベース以外にギター、ドラムやリズムプログラムなどお手の物で、一人で何でもできる利点や様々なアーティストとのコネクションも生かし、縦横無尽な活動になっています。以前はBEDOUINに見られるような、ゴリ押しハードロックが中心でしたが、近年は幅広い音楽性を展開するようになっており、様々なミュージシャンとのコラボでの柔軟性など、表現の幅がとても広がっています。今作では万人に受けいられるポップスに近い作風としつつ、ホークス直系のスペーシーなプログレのエッセンスもブレンドされています。

クリスマスシーズンに合わせた企画アルバム。今年の6−8月、真夏のカリフォルニアで制作されたとのこと。Silent Nightをはじめとしたクリスマス・キャロルとオリジナル曲などで構成。今回もクレオパトラ契約の有名ミュージシャン達とのコラボや旧友達との共演を行っています。

1曲目Oh Holly Nightは元D.パープルのグレン・ヒューズをボーカルに招いています。リズムレスのドリーミーなバラードに仕立てています。また今作では故人であるヒュー・ロイド・ラントンの残したテイクを使ったコラボ曲が3曲も含まれており、ライナーでもデイヴィがヒューイへのリスペクトと再び共演できた喜びを伝えています。ラントンのクラシカルなアコギにデイヴィのベース、キーボード、VCS3(まだ使ってます!)の電子音による曲It’s A Wonderful (Funny Old) Life、ラントン自身のリードボーカル、アコギにリズムをかぶせたSeasons、メローなアコギの演奏によるFür Kirsty。

Little Drummer Boyではロビー・クリーガーがシタールをプレイ。また今作制作中に、クラフトワークのフローリアン・シュナイダー氏の逝去を知ったデイヴィは、シュナイダーに捧げる曲を制作。Ein Weihnachliches Lustobjektと題され、ニック・ターナーのアルバムでも活躍しているディ・クルップスのユルゲン・エングラーと共作、エングラーは母国語でボコーダーを使用しクラフトワーク感たっぷり。デイヴィは自身のシンセワークはクラフトワークから大きな影響を受けたと記してます。

賛美歌O Come All Ye Faithfulはリック・ウエイクマンのリリカルなピアノとシンセが相変わらず美しいです。こういう曲にウエイクマンのプレイはぴったりですね。Twelve Daze Of Drinxmasはデイヴィのペンになるロックンロールですが、PRE-MEDのダニー・フォルクナーのヨレヨレのボーカルが笑えますが、これ飲んでベロベロの状態を表現ですね。タイトルのもじり通りです。

というような感じで、アランのプロデュース・ワークの成長を感じれる楽しいクリスマスプレゼントでした。昨年同レーベルからリリースされたPROG ROCK CHRISTMAS(元YESのビリー・シャーウッドが企画)にターナーとサイモン・ハウスが参加(Silent Night)してましたが、あのアルバムを思い出しました。

A PROG ROCK CHIRISTMAS (PURPLE PYRAMID – CLO1472)
2019年リリース、ビリー・シャーウッドのプロデュースによりYES周辺、アニー・ハズラム、ソーニャ・クリーティーナ、レスリー・ハントらのプログ女性ボーカリスト、D.パープルのスティーヴ・モーズ、フォーカスのタイス・ファン・レア、W.アッシュのマーティン・ターナーらが参加。ターナーとハウスはSilent Nightにユルゲン・エングラーのキーボードにサックスとバイオリンで参加。

アラン・デイヴィのHAWKESTREL新作

Hawkestrel / Pioneers Of Space
HAWKESTREL / PIONEERS OF SAPCE (Purple Pyramid – CLO1644)

今年、トッド・ラングレンを招いた新曲をリリースしたアラン・デイヴィのプロジェクト「ホーケストレル」ですが、プロジェクトアルバム第2弾が早くもリリースされました。その新曲ポスト・マーロンのヒット曲「サークルズ」を含むアルバムで参加ミュージシャンは例によって豪華なもの。前作同様の参加者は長年のパートナーでもある、サイモン・ハウス(Vl)をはじめ、以下のホークスメン、ニック・ターナー(Sax)、ブリジット・ウィシャート(Vo)、ミック・スラットリー(G)ポール・ルフドルフ(G)。

そしてアーサー・ブラウン(Vo)、マイケル・ムアコック(Vo)。それに故人であるヒュー・ロイド・ラントン(G/Vo)、ロバート・カルバート(Vo)、ジンジャー・ベイカー(Dr)、ジリ・スマイス(Vo)にラリー・ウォリス(Vo)まで。この辺りは過去に収録していたテイクを使っていると思われます。

さらにクレオパトラレコード関連で元ストーンズのミック・テイラー(G)、MC5のウェイン・クレイマー(G)、元バニラ・ファッジのカーマイン・アピス(Dr)、元KCのデヴィッド・クロス(Vl)、ブレインチケットのジョエル・バンドローゲンブロエック(Fl)らの面々。

デイヴィらしい作風で、基本はリフを中心にしたハードロックナンバーがメイン。様々な参加ミュージシャンの味を生かしたバラエティ感が強いので統一性は薄いですが、まぁこの豪華なメンツのプレイを楽しむという企画アルバムです。なお、12月には同プロジェクトのクリスマスアルバムSPACEXMASのリリースも予定されています。同作にはリック・ウエイクマン、元D.パープルのグレン・ヒューズらが参加しているとのこと。ホークスの向こうを張って、ガンガンリリースしているデイヴイさんですが、ディスコグラフィもかなりの数になっており、当サイトのディスコグラフィも現在鋭意作成中です。

HAWKESTREL / SPACEXMAS
HAWKESTREL / SPACEXMAS (Purple Pyramid -2020年12月リリース予定)

アラン・デイヴィ ホークウィンド&ロバート・カルバートのカバーライブアルバム

先日新プロジェクトHAWKESTRELのアルバムがリリースされたばかりのアラン・デイヴィですが、別プロジェクトPSYCHEDELIC WARLORDSのホークスとカルバートのカバーアルバムの情報です。

2014年にロンドンのカムデンでAlan Davey’s Psychedelic Warlordsが演奏したカルバートのソロアルバム「キャプテン・ロッキード&ザ・スターファイターズ」とホークスの「永劫の宮殿」がそれぞれ現在のリリース拠点であるCleopatra Recordsよりリリースされています。CDに加えてLPレコード(デイヴィの直筆サイン付き)も。このプロジェクトPSYCHEDELIC WARLORDSは2012年からUKで活動しており、アルバムもリリースされたことがあります。現在はボーカル、サックスなどを担当するクレイグ・ハイをフロントにしています。

この2枚のライブアルバムは原曲に忠実ながらそのC.ハイのサックスが目立っています。キャプテン・ロッキードでの幕間劇はオリジナルを使用しています。

ALAN DAVEY’S PSYCHEDELIC WARLORDS / HALL OF THE MOUNTAIN GRILL LIVE (LONDON 2014)
CD : CLO1400CD
Vinyl : CLO1400VL
ALAN DAVEY'S PSYCHEDELIC WARLORDS / CAPTAIN LOCKWEED & THE STARFIGHTERS LIVE
ALAN DAVEY’S PSYCHEDELIC WARLORDS / CAPTAIN LOCKWEED & THE STARFIGHTERS LIVE
CD : CLO1399
Vinyl : CLO1399VL

デイヴィはこのプロジェクト以外では、自身のバンドBEDOUIN、GUNSLINGER、ソロ作など精力的に活動しています。2015年にソロ作としてホークウィンドの「エイリアン4」収録の自作曲スプートニク・スタンをテーマにしたコンセプトアルバムSPUTNIK STAN VOL.1: A FISTFUL OF JUNKをリリースしています。スペースロック全開でドラマ仕立ての傑作です。全ての楽器をプレイ、コミックブックもつけるという力作でした。CLEOPATRA RECORDSより再発されています。

ALAN DAVEY / SPUTNIK STAN VOL.1: A FISTFUL OF JUNK
EARTHQUAKE RECORDS – EQRCD018
CLEOPATRA RECORDS – CLO0550CD

アラン・デイヴィのプロジェクト Hawkestrel アルバム・レビュー

HAWKESTREL / THE FUTURE IS US (PURPLE PYRAMID – CLO1235)

先日、LAのクレオパトラ・レコーズをリリース拠点としているニック・ターナーの新作に封入されたフライヤーに告知が出ていたHawkestrelというプロジェクトのアルバムがクレパトのレーベル、パープル・ピラミッドからのリリース。

フタを開けてみると、デイヴィのプロジェクトでした。デイヴィはロスに移住後、クレパトから自身の関わった作品PINK FAIRIESのRESIDENT REPTILES、今作の前月には自身のバンドBEDOUIN名義でアルバムTIME IS MADE OF GOLD(PURPLE PYRAMID – CLO 1175)をリリースしています。

参加ミュージシャンはデイヴィの付き合いの深いホークスメン、ニック・ターナー(Sax)、ポール・ルドルフ(G)、サイモン・ハウス(Vl)、ミック・スラットリー(G)、ブリジット・ウィシャート(Vo)が参加。クレパトのミュージシャン・コネクションを活用したと思われるまさかのジンジャー・ベイカー(Dr/Per)、ホークスとコラボレーションしたカーク船長ウィリアム・シャトナー(Vo)の参加。おそらく楽曲データをネット上で介してそれぞれがオーバーダブして制作しているものと思います。クレパトの豪華なゲスト陣はそうしたプロダクションができるため実現していると考えられます。

楽曲はデイヴィ作曲が中心で、上記のメンバーが参加した曲で一部連名もあり。そして、参加メンバーリストには、レミー(Vo)、HLラントン(G)といった故人の名前が。

ラントン参加曲は12 String Shuffleという曲で、その名の通りラントンの12弦ギター&ハーモニカによるブルーズ演奏に後からデイヴィのベースやシンセ、ベイカーのドラムをかぶせたもの。おそらくラントンと行ったデモ演奏か何かの素材を加工したと思われます。

レミーがボーカルで登場するのは、本人が出演した映画「サンセット・ソサエティ」の挿入歌でレミーが歌うBad Boys For Lifeのカバー。レミーのボーカルトラックだけを使用し、演奏はデイヴィが全て行っています。デイヴィが慕い敬愛していたレミーに対する思いを感じます。サンセット・ソサエティのサントラはクレパトがリリースしているため実現したコラボ。

オープナーのDo What Ya Need To DoはタイトルからもYou Shouldn’t Do That(IN SEARCH OF SPACE/宇宙の探求)のニュアンスが伺えますが、出だしが正にその印象。ハウスのバイオリンが絡みながら進行する感じは古くからのファンはニンマリしそうですね。バイオリン以外のボーカル、ドラムプログラミング、ギター、シンセは全てデイヴィがプレイ。

続くWorld Of Fearはギターにルドルフ、サックスにターナーが加わったミディアムテンポのハードロック。ドラムは打ち込み。全編のバックでメロトロン風のストリングスが鳴っています。

Sea Of Sandはデイヴィとウィシャート共作。ウィシャートがボーカル、ルドルフがアコギ。そしてドラムにベイカーが登場。ウィシャートのボーカルにエフェクト処理がかかっているため、ゴングっぽい浮遊感、ルドルフのアコギはオリエンタルスケールを奏で、サイケな印象が強い曲でなかなかの良曲。リズムは単調なので、ベイカーの特徴はあまり出ていません。ウィシャートはもう1曲Free Like Usでもデイヴィと共作しており、そちらの演奏はデイヴィとルドルフの二人だけで、ハードリフによるリズムに乗るウィシャートのボイスが心地良い佳曲。

Nyx Of Khaosはデイヴィ作。ベイカーとデイヴィのリズムにスラットリーのエレキ、ターナーのサックスというコンビネーション。転調を多く取り入れたアレンジでベイカーのドラミングも冴えています。

タイトルナンバーThe Future Is Usは同じくベイカー、ターナーでギターがルドルフ。スローなイントロにテナーサックス、深いエコーのかかったデイヴィのボーカル。リズムが入ってストイックな進行をしたかと思うとアコギのリフの入りテンポダウン。深いシンセの音色が漂う中間部。突然ロックンロールで楽しげなサックスで終了という変化に富んだ曲。

おなじみSonic Attackは、以前同曲でホークスとコラボ経験のあるシャトナー、さすがに饒舌。デイヴィのVCS3などのシンセのエフェクトも堂に入ってます。

May Sunはベイカー、ハウスに加えて、デイヴィの従兄弟で以前からデイヴィのバンド、ガンスリンガーなどに客演していたナイジェル・ポッターがボーカルで参加。スロー曲でデイヴィのローズピアノが印象的。

全体にバラエティ感が強く、デイヴィのソロアルバムに旧ホークスメンのコネクションを生かしたゲスト勢が参加、という感じです。デイヴィのソロアルバムは初期の頃はスペイシーな作風、バンドBEDOUINではゴリゴリのハードロックといった感じでしたが、今作はいずれの要素を含みつつ、幅が広がっています。デイヴィの使用機材にVCS3とありますが、ホークスのような電子音乱舞という使い方は少ないので、スペイシー感はあまりありません。またトータルなコンセプトはないので、多少散漫な印象はありますが、ホークスファンには楽しめる作品です。